IMG_1627.jpg

タイトルを楽しい整備としないのはこの作業はシンドイ(>_<)
ブレーキフルードでどうしても汚れるので写真を撮る気にもなれず。

ダストで汚れたキャリパーとの格闘なのです。
左右で5時間程掛かったのですがヘロヘロになりました。

汚れるからとトレーを百均のバーベキュー用アルミにしたのは失敗
軽過ぎて心地よい風で全てひっくり返るという失態となりました(T_T)

今回、ある方のアドバイスを参考にダストシールは撤去しました。
エアブローの手間を惜しまないのが条件になるようですがフィーリング
は良くなるようです。

で、止まる寸前にフワフワとフロントサスを揺する現象は軽減された
ものの皆無には出来ませんでした。

ブレーキのタッチは別物になったかと思うほど素晴らしいのです。
握り加減にダイレクトに繊細に反応します。

6ポッドキャリパーの癖なのかも知れません。
制動力を高めるためにローターの外周を使うような構造らしいです。
ひとつだけ小径ピストンなのもその辺を考慮してのようです。

おそらくこの状態なら違和感を感じる人は少ないと思います。
フロントブレーキを薄く当てたままコーナリングするようなマニアック
な使い方をする方、限定です。

遠心力の足りない状態でフロントサスに適度な圧を掛けてグリップを
増したいのにフロントサスが伸び縮みしたら逆効果なのです。

セーフティライディングを目指すならアクセルよりもブレーキの上達
ですよね?

2017.05.24 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

GSX1400K1-K7 GY71A

問われたらサービスマニュアルてのは如何でしょうか(笑)

パーツカタログはあるのですがサービスマニュアルは高価なので躊躇して
手に入れてないのです。

絶版車は中古品でもプレミアムが付いて新品の値段の倍ほどする物も存
在するようです。

今回はヤフオクで新品を即決価格で落札しましたが正規価格とほぼ同額
ですので良心的?

お金に余裕があるならプロにお任せするのがベストだと思います。

ただタイヤのホイールベアリングで言えば2万キロで交換が整備の推奨
のようです。

サスペンション、ブレーキ、ベアリング・・パーツ代もさることながらキチンと
整備してもらうと工賃だけで新車がもう一台買えるほどになるかも。

まさかと思われるかも知れませんが前後サスのオーバーホールで10万円
なんて普通ですから。それを乗っても乗らなくても定期で行えば・・。

足として割り切るなら必要ありませんが中には新車を超える状態を維持し
ようとされる方もおりますね。

また年間2万キロオーバーという自分のようなヘビーユーザーでは劣化が
信じられないペースで進みますのでやむなしです。

プロのような整備は無理ですがプロご用達のサービスマニュアルがあれば
ないよりはましかなと手に入れることにしたのです。

触っても触らなくてもサービスマニュアルはあったほうがいいと思います。

素人整備は壊しながら学ぶと言っても過言ではないので転ばぬ先の杖
はあったほうが宜しいかと。

2017.05.18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1626.jpg

夜勤明けで眠いんですが明日はショップの整備主任がお休みという
ことで70キロ先のショップまで出向くことに。



画像は帰宅して洗車後に空気圧を測るためにグリグリタイヤを回した
のでセンターに擦り跡が残ってますがフロントタイヤです。

フロントブレーキを一定に握り停車する間際にフロントサスが車体を
前後に揺するようなフワフワした動きをすると説明しました。

整備主任が真先に疑ったのがフロントタイヤの形状です。北海道を
4千キロも走れば直線が多いので段減りします(漢字合ってる?)

段減りしていると言われたときには分からなかったのですが、この
画像を見るとタイヤのトップ(頂点)が帯状に減ってますね。



次に荷物を積むのに便利なトップケース、これで車体のバランスが
崩れフロントから荷重が抜け気味になるとこういう症状が出るとか。

アメリカンのバイクにサイドバック、トップケースを積むと出易いらし
いです。


知ってました?

そして三つめがタイヤとのマッチングです。


こちらはお借りした画像でIRCというメーカーのタイヤですがタイヤのトップ
ちょうど左右を間違わないようにかな?青と白のラインが入っている真中
の溝です。

これがあると、この症状が出難いとのことでした。失礼ながら最近のタイヤ
にはあまり見ないパターンですがIRCというメーカーはれっきとした老舗の
国産メーカーで頑なにこういう技術を継承しているようです。


ここまで説明を受けてディスクプレートの歪みの特徴はレバーに反応が返
ってくるので、それが無いならディスクの歪みでは無いということです。

で、オイルを換えて貰ったあとに無理を言って試乗してもらいました。
強くブレーキを握ってしまえば症状が出ないので始めタイヤを疑いましたが
鳴きもあるしキャリパーの整備からお勧めすると言われました。

IMG_1627.jpg

ショップからの帰路で中性洗剤のJOYを買い求め歯ブラシでゴシゴシ
してみましたが少しは綺麗になったでしょうか。

個人的にはこの台所洗剤のJOYが一番きれいになると思いますが
あくまで個人の感想です。

そう、そう、洗車しても症状は良くなりません(笑)
おそらくキャリパーのピストンシールが硬化してディスクにパットを均一
に当てられないのが原因かと思います。

なので、ブレーキレバーを強く握ると症状を感じ難く、停車間際になると
サスの伸縮という形で現れるのではないでしょうか。

他にもホイールベアリングやマスターシリンダーなど疑わしい場所はある
のですがお話しを聞いた限りではキャリパーからですね。



余談ですが整備主任の僕がバイク屋だった頃というお話が印象的でした。
おそらく個人経営という意味だと思います。

車検の時にはマスターシリンダーとキャリパーの整備は必須項目でしたが
今はそういうのは要らないということになっちゃいまして。

わかりますか?大手中古車販売を手掛けるこのチェーン店は古き良きバイク
屋ではないのです。

完全に分業化された店長は接客が上手です。それは客として気持ちいいほど
上手なのです。サスがフワフワするで、分かりました整備に見てもらいます。

余計なことを聞かれないので客としては話が早い、一方で整備主任は大変です。
サスがフワフワする??

お客に一番近い席の受付の若い女の子がトレーにオイル交換請求書を載せて
運んでくる。トレーにお金を置くと店長のところへ運んで行く

店長は小さな金庫からお釣りをトレーに乗せる。受付の子はトレーに領収書を
乗せて客に運んでくる。

世の中の普通が普通に思えない客が受け取る。

そのうち整備に関わることは『2』を買い取りに関することは『1』を押して下さい。
受付までの待ち時間は・・とか、もっと普通になるかな。

整備主任の僕がバイク屋だったころ、良いお話しが聞けました。

2017.05.18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1563.jpg

フロントブレーキディスク歪み疑いですがジャッキアップ状態で
怪しげなマーキング残も走り出してしまえば一発で消えます。

以前からフロントブレーキの握り加減を一定にしても停車前に
フロントサスが伸び縮みするのでディスクの歪みを色々な方法
で確認しているのです。

フロントタイヤを挙げてクルクル回転させてディスクが偏芯して
いないか、定規を当てて間隙に違いはないかなど。

この状態ではディスクの歪みは確認されず、だったら何なんだろ?
と疑心暗鬼だったのです。ディスクへの油性マジックでのマーキング
で右ディスクだけブレーキを握ってもマーキングが残ったので、これ
で歪みで決定だなと早合点したのかも。

目視ではディスクの歪みは確認できなかったのだ、これはキャリパー
ピストンの動きが渋く、ディスクに均等に当たっていないという可能性
もあります。

07年モデルということもあって早10年、シール類は寿命を向かえて
いるかも知れません。乗っても乗らなくても経年劣化は起こるのです。

他人事と冷静に考えるならば(こういう発想する人いるのかな)
疑わしい部分から潰して行くしかないのです。まずは購入時にやたら
カップグリスを塗りたくってベタベタしていたキャリパーのピストンシール
から。

ここは洗浄しても動きはスムーズにならないピストンが確かにある。
ダストシールがカジリ込んだりするとおかしな状態になるようですし、
購入から保証期間は勝手に触らないでくださいねというショップのお断り
と矛盾する部分ではあるのだけど。

欲しいのは保証ではなく不具合を解消したいのでアドバイスなんですが、
売る側としては購入して距離を乗られたのであれば保障ではなくメンテ
です(まっとうなご意見です)

もちろんブレーキディスクが歪んでいたら消耗品ですと言うのは許せない。
この辺に抵触した気がするので少々イラッとしたのですが。

とりあえず状態を見ますから持ち込んで下さいということなのでそうしますが
前回のプラグの不具合も試乗しても、こんなもんですよという整備主任です
からあまり期待できません。

オイル交換以外で持ち込むのは、これで最後になると思います。
中古車の宿命です、ここから調子を取り戻すまではメンテにあてる時間も
費用も掛かるのです(泣)

サスだったら成立フォークのが整備し易いと思ったのですがアジャスター
が付いてるタイプは面倒なようです((+_+))

こういう煩わしさを回避したいなら迷わず新車がいいですよ(←結論)

2017.05.16 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1625.jpg

フロントブレーキを握るとサスがカクカクする。
微妙な歪みは判断が難しく確認する術がありませんでした。

北海道で毎日乗って、こりゃ我慢ならんと帰宅して洗車したのち
ネットで調べるとディスクにマジックで円周上にマーキング。

ブレーキを握って消えない部分が歪みなのだとか。
善は急げと試してみますと左ディスクはほぼマーキングが消失
するものの・・右は!!

これは部分的にというか1/3ほど変形してる(;゚Д゚)
早速、お店に電話して事の経緯を説明すると。

ブレーキ関係は消耗品です、全てを交換対象としますと新車に
なってしまいますと(T_T)

中古車なので仕方ないんですが、ディスクの歪みは出費が大き
いですからね、受け入れで検査して欲しいです。

距離を乗ってからではなく購入して直ぐ言って頂きたいと。
打ち傷でもあれば前例がありますから分かるのですが、この
ケースは初めてなので。

確認させて下さいとの事ですが、いづれにしましてもパーツ代
はお客様持ちで整備代は持ちますという流れになるようです。

まいった(T_T)

知人のディスクを交換するために新品はあまりにも高価なので
程度の良い品をヤフオクで落とすのに苦労したのです。

距離走ってなかったし総合的には個体は悪くなかった思うのですが
燃料ゲージが動かない、エンストするとトラブル続きでしたから

クレーマーと思われるのもな、と躊躇したのがいけなかったのです。
新車じゃないのは分かってる、でもディスクプレートが歪んでるのは
酷いよな~。

2017.05.15 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |