IMG_1701.jpg

週末は天候が・・マスツーなら迷わず中止ですね。
キャンセルしますねで、ソロツーなら針の穴を通すような真似もできます。

仙人小屋は山梨の八ヶ岳高原ラインにある人気店です。
ナビで検索しようとしたら電話番号が携帯?ですよね。
8:30に用意されるという順番待ち帳に記名したのが10:40
11:00開店です。

先に4~5組の待ちなら上出来と思いきや2枚目で4、5組待ち
ポルシェにベンツに東京ナンバーが多いんですね。
結果的に滞在時間2時間程でしたが、八ヶ岳高原での待ち時間
は壊れかけた椅子もあって気持ちのリフレッシュができました。

IMG_1702.jpg

画像ではそれなりですがキノコ天ぷらのボリュームは凄いのです。

満腹中枢を刺激される前にとガッツキましたが意外にすんなりと
収まるのです。

美味いなあ、滅多に顔に出さないタチですが一口目でクウ~と
目をつむってしまう美味しさです。

サクッとした衣のあとにクキクキとキノコの食感と共に旨みが
口の中に広がります。

仙人小屋を後にして長野と岐阜の県境にあるいつもの山がの湯へ
フロントに名前を憶えられて浴衣のチョイスまで、さすがに本館は
老舗の温泉宿ですから。

露天風呂の足元の明かりとか気になっていた部分が改善されてま
した。湯口の近くの高温寝湯は注意書きが、あれはアチアチと風物詩
でしたので、ちと残念(笑)

帰路、下仁田付近から本降りになりましたが道の駅に屋根付き駐輪場
があるのも含め想定内でしたので高速に飛び乗って昼過ぎに帰着。

雨の中、洗車してガレージ内でエアブローして完了、頑張りました。
反省点としましては温泉宿で夕飯時にちょっとだけ仮眠しようとして朝まで
ガッツリ寝てしまったこと(爆)

あとは有料安房トンネル代をケチって往復、旧道を使いましたが落ち葉が
濡れて危ないです。

路面状況が良くないと無理ができませんから、いい練習にはなります。
たまには雨もいいですね。

2017.10.15 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1695.jpg

暇に任せてジェネレーターカバーをバフ掛け
遠目に見れば、まあまあ?
こんなんでもサンドペーパーだの青棒だの数千円掛かります(>_<)

IMG_1696.jpg

さて、またまた裏磐梯へ出掛けます。
本格的な紅葉シーズンは宿泊価格も跳ね上がりますので
シーズン前の安価なときにね。
とりあえず腹ごしらえ、開店と同時に水車蕎麦です。
ちなみに帰路も食べました(´艸`*)

IMG_1698.jpg

ゴールドラインからの猪苗代湖の眺め。
ホワイトバランスが、、キラキラしてキレイでしたよ。

IMG_1699.jpg

ゴールドラインにはお宝も(´▽`*)
秋の風物詩、食べるつもりはないけど捨てるのもね~。

IMG_1700.jpg

翌日は会津若松に下りて『めでたいや』の中華そば、ソースカツセット。
会津ラーメンは喜多方ラーメンよりも歴史があるとか。
ソースカツ丼はさっぱり目のソースが最高です。
前回は慣れないフカフカベッドに苦戦しましたが今回は慣れました。
ガッツリ8時間の睡眠で快調に帰路に着きました。

2017.10.04 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1688.jpg

生憎の空模様ですが土曜とあって混み合ってます。
ネギ蕎麦をと思いましたがパラパラ小雨もありましたので蕎麦がき団子
だけ頂いて先を急ぎます。

IMG_1689.jpg

格安プランですが無駄に広いです(笑)
貧乏性なので広いと落ち着かない(=_=)

IMG_1693.jpg

バブリーな建物ですが経営を圧迫してるのかも
あちこちで倹約を感じる部分も。
立地も最高なんですがね、檜原湖2周しちゃいました。
無色透明で無機質なお湯が・・残念です。

IMG_1694.jpg

はせ川開店が11時、1時間待ちなので朝ラーで2杯いっちゃると
意気込んだものの、じとじとラーメン一杯で撃沈 (>_<)

換えたフロントフォークスプリングは破城することなく安定してましたが
推奨設定では硬過ぎて帰路辛くなったので緩めちゃいました。

早朝の檜原湖は皮ツナギの走り屋もいましたが、ランニングにチャリが
いましたので本当にゆっくり2周流してバイクと対話をね。

ハンドルから脱力した状態でいかに曲げるか、この辺が肝なのでしょうね。
キッカケは頂いたようにも思います。

ジタバタしたって曲がらない、効率を極めないと、上手くいったときの
フロントの入り方は別物です!きっと一生知らずに下りるライダーもいることで
しょうという繊細な感覚です。

2017.09.24 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1687.jpg

綺麗なパンフレットと一緒にバフ掛けされた美しいスプリングが届きました(´▽`*)
同封された封筒にはセッティング推奨も付属します。

スプリングプリロード、オイル粘度、オイルレベルは思ったほどハード設定では
ありません。
スプリング特性に頼ってダンパーは弱目という感じですね。

週末までに交換して裏磐梯の宿がリクエストに応えたので試走できそうです。
楽しみです(^_^)

2017.09.19 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

cbr600r.jpg

DUCATIとかBMWは純正で1.00 kgf/mmとか使っているようですし、
スクーデリアオクムラさんでは0.95kgf/mmにレートダウンされたケースも
あるようです。

アウトバーンを高速巡行するようなバイクは足回りシッカリしてるんですね。
もちろん硬ければいいってもんじゃありません。

正直、レートダウンもあるなら0.95kgf/mmで充分かな~と決めかけて
いたのですが画像はCBR600RレーサーのHRCデータです。

これとオーリンズのレート選択できるモデルでは1.00 kgf/mmは普通に
あるのでレース前提というわけでもなく、車重や馬力によるようです。

スプリングレート選択は残ストロークを参考にされるようですので市販の
レート幅を参考にするのはお勧めしません。

カチッとしたフィーリングを求めるもので慣性力や遠心力によって
フィーリングが変化するプログレッシブタイプに馴染めないだけです。

オイル粘度で調整してみましたが限度がありますし、ダンパーが強い
のは突き上げ感が増すので跳ねては本末転倒です。

というわけでフロントフォークのスプリングレートは1.00 kgf/mmで発注。
ちと心配なのはスクーデリアオクムラさんのスプリングは超ショート。

なが~い、カラーが入っていてサスが動かなくなるという逸話も。。
この辺もおいしいところに留まると解釈すればね・・大丈夫かな(。´・ω・)?

2017.09.17 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |