FC2ブログ
IMG_2395.jpg

サイドケースの蓋がパカパカ?

ヒンジが割れクラックも入ってます (>_<)

思い当る節はないんですが、どうもこの並行輸入物のGIVIは材質に

問題があるようです。

IMG_2387.jpg

比較的、安価ですが買い直しても同じでは意味ありません。

このままというわけにはいかないので何とかしなくては。

IMG_2388.jpg

サイズを測ってホームセンターで蝶番を探します。

上蓋と下側のケースに段差があるので簡単にはいきません。

IMG_2396.jpg

長さがピッタリの蝶番がありました。

ステンレスで錆に強いのはいいんですが、このままピカピカは流石に(笑)

塗装するように耐水ペーパーで水研ぎしてあります。

段差を埋めるのにアルミの平板を噛ませてブラインドリベットで留めましょう。

IMG_2399.jpg

なんとか形にはなりました。

リベットは明日にでもタッチペンで黒く塗りつぶせばもう少し見栄えが

良くなるかも知れません。

反対側もと思いましたが、もう片方は割れてないので割れてからでも

いいや。

2020.05.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2384.jpg

本日は、、ニュートラルでクラッチを切ったまま暖機してます。

クラッチのオイル洗浄ですが昨日、O/H してるんで意味ないですね(笑)

張り付きには効果あるような話もあります。


その後、フロントフォークオイルを#10⇒#15に交換するためにショップへ

フォークオイルの買い出し、目に入ったTレンチがKTCで¥900!(゚Д゚;)

安い!こりゃお買い得だ!


ん?一番手前のTレンチだけKTCで¥1600じゃんか、他は¥900

ながら無印良品 (>_<) いいんです梨地で手に馴染みそうですから。

ピカピカツルツルのはいけません、工具が手に付かない。

IMG_2385.jpg

W650のこの丸いステップは中々考えられてると思うのです。

自然に椅子に座るようなステップ位置もありますが、この形状ですと

ブレーキで踏ん張りが効きます。


四角いステップは角がありますからね、踏ん張るというより踵を引っ掛けて

耐えるという感じになるかと思います。


丁度、お昼になったので昼食を頂きながらビール (´▽`*)

どうせ出掛けませんし、テメエのバイク整備ならビール1本ぐらいいいのです。

最近、この食事しながらのビールに至福を感じます(笑)


フォークオイルのオイルを換えるぐらいなら朝飯前。

最近、購入した廃油を受けるオイルパンですが、どうせ汚れるし掃除して

なかったのですが携行缶に移し替えるときにキラキラ?ラメかな~。

いつのかわかりません (+_+) ちゃんと使用後に掃除することにします。

IMG_2383.jpg

クラッチカバーの表面コーティングを剥離して磨き!

ここでタイトルの腹七分目、磨きは整備じゃありません。

磨きに終わりはないので延々、修行のような苦行になるのです。

後から磨き足しも出来るので腹七分目を止めどきとしてます。


大昔、ヤマハファクトリーでもデルタBOXフレームのバフ掛けも

整備に身が入らないと禁止令が出たんですよ(←30年以上前の話ですが)

なんでこういうことだけ覚えてるんだろ (~_~;)


あ~あ、もうホントやることなくなった、いつまで続くんだ自粛は!

一発目は東北の玉川温泉と決めてる!あの皮脂がひと皮剥けたようなサッパリ

感が忘れられないのです。

2020.05.12 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2381.jpg

ニュートラルに入り難い症状からW800対策品のプッシュロッドに交換

して良くなったかに思えたんですが抜本的、解決に至ってないようです。


新たな知見としてアイドリングが下がると症状が出るようですが現物見

ないと、あれこれ考えても仕方がないので開けました。


外観は思ったほど悪くはないようです。

IMG_2382.jpg

スプリングホルダプレート、フリクションプレート、スチールプレート

クラッチハウジング、クラッチハブスプラインとも走行距離なりで

極端な段付き、摩耗はないようです。


クラッチハブナットが30㎜と手持ちにない工具なのでここまで。


若干のスラッジは除去してフリクションプレート、スチールプレートを

新しいエンジンオイルで洗いながら組み直しました。


クラッチカバーのパッキンは準備していましたが換えずに、そのまま

そお~と再使用しちゃいます(再度、開ける可能性が高いので)


エンジンオイルを入れて試走してみましたが全く変わってません (>_<)

オイル劣化による症状でもないことが明確になりました。


常に出る症状ではなく、信号待ちなどでは普通にニュートラルに

入り、カチャカチャ、ローギアとニュートラルを行ったり来たりも出来ること

もあります。


家のガレージに入れた後、会社の正門前だけ顕著に表れる症状というの

も不思議、ローギヤで低速走行したあとに出るのかな?

2020.05.12 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Wave125-i.jpg

コンビニで買い物をしてバイクに戻ると駐車場にスイスイとアメンボの

ように入ってくる。


スクーター?キャストホイールに極細のタイヤですが、スクーターの

ようにエンジン頑張ってます!感がない。


あれか?タイホンダが作ったとかいうやつ。

東南アジア諸国で日常の足として鍛え抜かれたバイクは発想が違う。

どちらかというとスタイルは好みではない(笑)


ただ、直観的にコイツは走り良いぞと感じる。

買うつもりはないのにネット検索するのはコロナ自粛もあって暇なのも

あるがユーザーレビューも最強なのである。


スクーターは乗り降りしやすいね、シート下にヘルメットも収納できるし

軽いのでヒラヒラ走れる、こういうものをカブに移植?


いや、これをカブと認めない!というカブ主もいるようなのでスクーターに

カブの最強エンジンを積んだという流れかな?


いづれにしてもタンク容量5.4リットルでリッター60kmなので324kmも

走れるコイツは馬力に至っては非公開なのです(笑)


125cc未満では最速の評価があるのも前後17インチホイールに細~い

タイヤなら納得です。

小排気量スクーターの出だしでビイィ~ンてのが好きじゃない方は是非!(^_^)/

2020.05.06 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2374.jpg

シフトダウンで3千回転からタコメーターがピクリとも動かない。

速度を20km/h落とすのにそんなこと出来るわけないじゃん (>_<)


どれどれ、とやってみたら、、あれ?


現実的には3500rpmでシフトアップ、3000rpmを下回りそうなら

シフトダウンで実質2500rpm~3500rpmに針を置くぐらいが

限界のようです、失礼しました <(_ _)>

2020.04.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

回転数速度換算

GSX1400のエンジン回転数⇒速度換算表です。


例えば最高トルクを発生させる5千回転でコーナーを立ち上がるなら

2速でも88.1km/hも必要なんですね。


3速で5千回転、111.8km/hから88.1km/hまで減速して2速に

シフトダウンすれば5千回転のままです。


コーナリングで全く失速させずにコーナ出口に向けられれば立ち上がり

で5千回転、もれなく最大トルクを手に入れらます(笑)


高速道路で6速で3千回転、102.3km/h この辺が常識的な範囲かと。


SAに寄る為に90.1km/hまで減速して5速へシフトダウンなら計算上

タコメーターは3千回転のままピクリとも動きません。


79.6km/hで4速に、67.1km/hで3速に・・・3千回転からピクリとも

動かないタコメーター・・・・なにがしたいんだって話しですけどね(笑)


ギッタンバッコン、シーソーみたいに前後に車体が揺れたら、やっぱり

恰好良くないし、サスペンションに要らぬ仕事を強いるわけです。


GSX1400の場合ですとシフトアップすると約千回転落ちる、約20km/h減速

するごとにシフトダウンすれば要らぬエンブレを抑制できる(1速は別)


乗る前に考えろよ!とYUZOさんはおっしゃったそうな(笑)

2020.04.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2374.jpg

彼の語録は難解で 『 気付けよ!』てスタンスらしいですね。

なので個人の咀嚼次第では意図するところも変わってしまうようです。

ココは備忘録ブログですので参考にされませんように(笑)


理解できる範囲で課題として三つ


①エンジンブレーキは使うな!

2スト全盛期の話ではありますが例えば3千回転を常用域として4千回転で

シフトアップ。シフトダウンは3千回転を下回るようならエンブレが効かない

ようにプラス千回転を狙ってアクセルを合わせます。

なんでエンブレを使わないかは後のブレーキ編にも関わってきます。


②ブレーキは引き摺るな

ここは少し難しいですが舵角を付けるときにブレーキは邪魔だということかと。

直線で減速、ブレーキをギュッと掛けて傾けるときにはパッと離す。

やってみると分かりますが、ブレーキを離した瞬間にバイクがスッと軽くなります。

転がる、転がる(転倒て意味じゃないよ)


③首の角度を変えない、首は回すだけ

・・・更に難しい(爆)

バイクと一緒にライダーもロールすると頭も傾く、顎を上げて頭の水平を

保つのではなく、首を回すだけで済むような上半身の使い方かな?(笑)

よくわからないんでバイクが傾いてもヘルメットは傾かないようにしてみて

ます。


いづれも基本と言えますが、やってみると難しいのです。


エンジンブレーキが効かないようにするのにはブリッピングと呼ばれるアクセル

を煽る行為とは違います。


ブレーキを引き摺る癖があるとパッと離すには勇気が要ります (; ・`д・´)

おっとっと、と少々ブレーキを足す事になっても大丈夫!まあ失敗ですけどね。


ヘルメットの水平を保つには、これってリーンアウトじゃないのかな?と葛藤する

ことになりますが、あれ?視界が良くなったなと新鮮さも感じます。


バイクに乗らされたらつまらない、コントロールできるところは積極的に関わる

ことでライディングの醍醐味を味わえるのかも知れませんね。

2020.04.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2374.jpg

星の数ほどあるライディングテクニックは一見良さげ(漢字合ってる?)

ほとんどで、経過と共に色あせます。


全く構造が違う稀なバイクを除いても、これほど不思議な乗り物はない。

フロント荷重だ、リア荷重だ、インステップを踏む、いやアウトステップだと

百歩譲っても真逆はおかしいでしょ(笑)


なのでライディングテクニックから少し離れて例えば電子機器のセンサー

などは振り回したら精度が落ちる。


目線などは外から入る情報のセンサーにあたるので、これを上下左右、

頭を振り回して上手に操れる筈がない。


家人が撮ったビデオを見ると気持ち悪くなったりするのも動かし過ぎて

ブレブレだから ((+_+))


ということで出来るだけマシンセンターで頭は傾かない!てのは

理に適ってると思うのですよ。


あとはどうしたらってことですが中々、一筋縄ではいきません。

リーンアウトになっちまう?そもそもリーンアウトという定義も疑った

ほうが良いかも知れませんね。


YUZOさんは胸はコーナーの外へ向けろとおっしゃられたようです。

そしたら首を回すだけで視線が下がらないからと!難しいですね(笑)

2020.04.28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

yuzo.jpg

このご時世に不謹慎なタイトルですが、、

こんな時にしか出来ないこともあるわけです。


写真はYUZOチャンバーの生みの親、柳沢雄造氏ですが彼の語録は

難解でかつ痛快です(笑)


名チューナーだけあってスタンスはメカ的に言えば、、です。

ライダー目線などバッサリ切り捨てられたようですね(笑)


それもそのはず当時のケニーロバーツやフレディスペンサーの

走りやマシンを真近で見ています。


勿論、眺めただけの部分もあったでしょうがタイヤの減り方ひとつ

をとっても他との違いは明らかだったようです。


80年代のことですから現代のマシンには当てはまらないというご意見

もあるでしょうが彼が生存していれば間違ってると言うのではないでしょうか。


230馬力?それを受け止められるだけブレーキも進化してるのか?

止まれないバイクにすることが目的なのか!

う~ん、痛快!YUZO風に語ってみました、、失礼しました <(_ _)>

2020.04.27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2367.jpg

誰が言ったか、自粛でバイク1台仕上がりますね♪

ポジティブなんちゅう安っぽい自己都合主義は嫌いですがまあいいや。

え~、本日のメニューはW650の燃料コックからの燃料漏れと。

IMG_2368.jpg

同じくW650のなぜか?右に寄ったウインカースイッチ。

IMG_2369.jpg

燃料を抜いてタンクを外してみると、、汚い(笑)

この燃料コックは新品にしたばかりなのでコックじゃないなあ。

IMG_2370.jpg

液体パッキンという手もありますがやっつけ仕事は好きじゃない。

塗装が浮いていたのでリムーバで剥いじゃいます。

やっつけ仕事じゃねぇか(爆)

IMG_2371.jpg

ウインカースイッチは曲がってる?

この車両は九州で事故って陸送かけてますから何があっても

不思議じゃありません。

IMG_2372.jpg

ウォータープライヤーでくわえてグイッと直りました。

ウインカースイッチはセンター位置に戻ったので押したつもりなのに

ウインカーが点かないというのは危ないですからね。


燃料漏れはどうかな?

浮いた塗装の上から燃料コックを取り付けた形でしたから、これ以外

に原因は無いと思われますので直るんじゃないのかな。

この程度じゃ半日もかからないな~、もっと壊れないかな、え?

2020.04.19 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |