FC2ブログ



トラックドライバーの運転席は見晴らしがいいようです。

ライダーの視点は前方、下方に固定されがちだとか。

どちらが安全性が高いかはご察しの通り。

見晴らしがいいからとトラックが狙ったラインをトレースできない訳ではなく、むしろ車幅や内輪差から正確にラインを刻んでいるものと思います。

長年、路面に視線でラインを描くような習慣が出来てしまうとクルクル回るようなコースではどうしても視線が下がりがちです(泣)

ドライバーのような視点、この辺がキーワードなのかも知れません。

視線の先にバイクは向かおうとする、これは動かぬ事実かと思います。

ただ、脇見ではないですね、きっと。そちらに向かおうとする意識があるかないかで身体の反射反応に違いがでるのかと。

視点の習慣を捨てる!なかなか勇気が要ります。あれ?とラインを外す怖い思いもします。

初心にかえる新鮮さはありますが(笑)

こんな不思議で魅力的な乗り物は他にない、どうやって曲がるの?考えないほうがいいのかも知んない(爆)

2019.02.17 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |




アクセルをワイドオープンすると、もれなくハードブレーキも付いてくる。

8の字のお話しではありますが、どっちか苦手かというとブレーキなのかなぁ。

フロントブレーキを引きずったままコーナーの中央付近までなんて一般道ではまずあり得ませんから。

やっぱり出来るだけコンパクトに回るというのは特殊な領域なのかも知れません( )

2019.02.14 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |








画像はリアタイヤですが、フロントを意識すると結果が良くない。

結果とはスラロームコースでのタイムであったり、追走して頂いてのアドバイスだったり。

リアタイヤのスライドだけに集中してリアタイヤを追い込むような走りで仕上がってる!とアドバイスを頂いた事かあったような(お世辞かも知れませんが)

画像のリアタイヤは進入スライドの理論を試した結果ですから普通はこうはならない(笑)

ただ、リアタイヤのグリップ限界を探るのは意味あるのかも、リアブレーキではタイミングにも寄りますが簡単に滑るようです。

一方でアクセルによるスライドはツーリングタイヤでさえ意外にグリップするのに驚きます。

ダート出身のライダーはロードでも結果を出すのが早い、大昔から嫌という程、目の当たりにしてきました。

なぜなんでしょうね、なんでかな〜、なんでなのかな〜(笑)

2019.02.12 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |




これじゃいかん!
また同じことの繰り返しです。

ハンドルを投げ出すように?
本当に皆さんやってるのかな。

手放し?恐ろしいすな〜。

2019.01.28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1840.jpg

タイヤを新品にするとフィーリングが一変します。
具体的にはフロントが切れ込まなくなる。

それでも交換直後のフィーリングはいつの間にか失われてしまいます。
これが何を意味するのか?

理想的なフィーリングのまま乗り続けられたら幸せになれるのに(笑)

その原因がリヤか、フロントにあるのかも定かではないのですが
フロントブレーキで荷重して寝せた印象に近いかも。

ということで擦り減った、もしくは偏摩耗したフロントタイヤはグリップ
力が低下することでハンドルが切れ込むと仮説します。

これはセルフステアを表現する動画を見て思ったのですがバイクを
押しながら傾けるとカツンとフルロックまで切れてしまうのです。

ライダーが乗る、もしくは減速Gがフロントタイヤにかかった状態で
はあり得ない現象なので荷重が抜けると傾いた方向に際限なく
ストッパーに当たるまで切れてしまう。

もっと分かり易くするとセンタースタンドを立てフロントを浮かした状態で
僅かに傾けるとバンク量に関係なくカツンと切れてしまいます。
これをセルフステアとは呼ばないかと。

話しが長くなるので本日の結論は、しっかりフロントに荷重した状態では
簡単にハンドルが切れ込んだりしない!

フロントフォークが伸びる(荷重が抜ける)瞬間に切れ込むのではないか
と思うのです。

切れ込む量にもよりますがハンドルをフリーにしてこれが起こると反対
側にまくられるほどで、とても傾きをキープできません。

バイクを起こされないために切れ込んでくるハンドルを抑えるようでは
もはや理想のラインをトレースすることなど不可能です。

注意すべきは擦り減ったフロントタイヤに過剰に荷重すれば・・・。
いとも簡単に転倒してしまうということです(経験談)

正解は適度な前傾姿勢(ライダーでなくてバイクの)ではないかと。
サスの設定を換えられない白バイ隊員はフロントブレーキでこの前傾
姿勢を作りだしているようにも見えます。

曲がるための理想的な前傾姿勢を意識しますとフロントタイヤが路面
を舐めるようにシッカリ曲がるようにも思うのですがいかがでしょうか。


2019.01.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |




ラーメン食べて、フロントフォ

ークの油面調整。

残ストロークは約20mmなので

油面105mmから125mmにしま

す。

ブレーキに頼らずにアクセル

OFFのみでフロント荷重を増や

す狙いです。

結果は、、突っ張らず奥までス

ッと入るようになったのですが

空気量が増えたのでダイレクト

感に欠けるのが気になります。

そして残ストロークは全く変わ

らないのですね_φ( ̄ー ̄ )

2019.01.19 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |





毎年、遠慮してるのですが今年

は参加。

刺身に鍋に少々グレードUPした

ようです。



道中、スマホでモノクロ調で撮

影してみましだがどうでしょう

か。

やっぱりデジタルだとグレート

ーンの、淡さが違いますね。

翌日はバイクのタイヤ交換にシ

ンク蛇口交換と大忙しでした。

2019.01.12 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |




梨地が手に馴染む。

工具はやっぱり素手でね。

MTBのステムを買いに行って

なかったらスパナを買うあたり

が(笑)

KTCが好きです。

最近の若者にはワンピースのア

ルミ削り出しパーツの美しさが

伝わらんのです。

崇高なまでの機能美ですよ。

2019.01.07 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |







ソケットホルダとケミカルBOXを買い足しました。

ケミカルBOXはツールワゴンに合わなかったのでモンキーで伸ばしたり折り曲げたりして見栄えは悪くりましたが付きました。

あらためて眺めると思ったより随分と工具が少ない。

少しずつ買い足しましょうかね。


2018.12.27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |




前々から欲しかったツールワゴンですが散々悩んだ挙句、小振りでシンプルなものをチョイスしました。

実は歳末セールで大型の物だけ30パーセントOFFでお得感もありましたが結果的にこのサイズで正解でした。

組立でやり直すのやだなと思っていたキャスターの取り付けは当然のようにやり直す羽目に(笑)

各棚の許容荷重は20kgです。

明日、プラBOX3箱分の工具をあらこれ悩みながら積み込みたいと思います。


2018.12.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |