FC2ブログ
IMG_2119.jpg

不動車となったGSX1400ですがバッティリーが完全にあがってしま

うと再起不能になりますので下して充電です。

完充電にならないのは劣化が進んでいると思われます。

IMG_2120.jpg

マフラーがベコベコ (T_T)

IMG_2121.jpg

ステップもブレーキペダルも曲がり

IMG_2122.jpg

ウィンカー、ライト、メーター、フロントフォーク、ブレーキディスク

フロントフェンダー、フロントホイールも怪しいか。

ショップ見積もりですと修理代60万円オーバーの重症です。

ボチボチ、ヤフオクで部品落とすかな~、もう少し涼しくなってから

にしましょうか。

2019.08.16 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2116.jpg

バッティリーが弱ったらキックでエンジンかからないんですか?

かからないと言ったんですが、ガス欠ならばと落ちが付いてしまいました。

それから何となくキックを蹴るようになってますがゴムがズレます。

IMG_2117.jpg

ネット画像に針金で止めてあるのを見つけたので真似てみました。

あまり絞めすぎると銅線、ゴムが千切れるので適当なところで

やめたのもあって、これでもたまにズレます。

真鍮キックペダル

撮影の上手さもあって真鍮ペダルいいですね~。

残念ながらW650のキックは構造が違うので加工しないと付きません。

IMG_2118.jpg

リヤドラムブレーキがキーキー鳴くので暑い中、整備です。

ブレーキカムという部品ですが5万キロ走ってる割には当たりも弱く

少し磨くと綺麗になりました。

特に精度が求められる部品ではないので光沢は必要ありません。


ブレーキダストが鳴きの原因とも言われているようですので洗える

部品は中性洗剤で洗い、サービスマニュアル指定箇所にカップグリス

を少量塗って組み上げました。


それにしてもこのブレーキシューは5万キロ走ってもほとんど減ってない!

ドラムブレーキて効かないとも聞くけど雨でもタッチ変わらないし、スプリング

で引き戻す構造なので引きズリも皆無で思ったよりいいんじゃないでしょうか。


W800 STREETはディスクブレーキになりましたね、一般的なバイクに寄せて

どうしたいのでしょうか、わざわざ今のご時世にドラムブレーキにしたのに

ディスク化は正常進化とは言えないな~、今更~?ですよ。

2019.08.03 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2111.jpg

通勤の帰路、突然エンジンがかからなくなり不動車に!

バッティリーが上がるまでセル回しちゃったので翌日、新品のプラグと

バッティリー充電器を持って会社に舞い戻ったもののエンジンは息を

吹き返すことなく、もう使うまいと思っていたラダーで積載し自宅へ。

IMG_2112.jpg

エンジンがかからなくなったタイミングが悪く、結論から申せば

ガス欠だったのです(笑)

携行缶で給油、何事も無かったかのようにエンジンがかかりました。


流石に立て続けに2回もガス欠を見逃すわけもなくコックの位置は

確認してあったので燃料コックが原因でほぼ間違いないかと。

IMG_2113.jpg

昨日、取り外してエアブローしてあるので外観は問題ない。

カシメで分解出来ないタイプもあるようですが、これはいけそうです。

IMG_2114.jpg

パッキンが破れてONとRESが貫通しちゃってるよ(>_<)

これがコック位置がONなのに燃料使い切れてしまった原因です。

IMG_2115.jpg

パーツも出るようですね、パーツリストとサービスマニュアルは自分で

整備されるなら必須です。


6年ほど放置された車両ですので少しづつ信頼関係を取り戻してから

旅に出ようと思っていた矢先の出来事でした。


燃料計を持たない車両は燃料コックの切替えは避けられないので、

ゴムパッキン類の劣化はしょうがないですね。

2019.07.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

アルミラダー

ラダーなしでレンタルトラックに積み込んでしまった大型バイクですが

刻々と迫る返却時間に高速に飛び乗って考えたのは実家の軽トラック

に再度トスしてとりあえずレンタカーを時間内に返却することでした。


軽トラックが出払っていたらアウトなんですが上手いこと狙い通りに

移し替えに成功して返却時間ギリギリでしたが間に合いました。


預けていた車に乗り込んで、どうしようかと悩んだ末、ラダーを購入

して無事ミッション終了。


トラックレンタル料、ラダー購入で業者さんに発注する半額くらいで

収まりました、もう使う予定のないラダーはどうしましょうねぇ(笑)

ビブレ

こちらは別件で前々から欲しいと思っていた自立式ハンモックを

購入してみました。


アウトドア用品をインドアで使うという訳わからない状態ですが

ベット代わりに使ってみて慣れは必要ですが夏場はいいのでは

ないでしょうか、背中が涼しい。


世の中には変わったことをする人は一人じゃないようで思ったより

ぐっすり眠れるというレビューもありました。


乗り降りにブランコに座るようにとか、斜めに寝たほうが安定する

などちょっとしたコツが要りますが、そういうのも含めて楽しめます。


もともと足が浮腫むので足枕を使っていたのもハンモック購入の

キッカケでしたが思いの外、体重が集中しないので腰も痛くなら

ないし今のところ満足しています。

2019.07.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2110.jpg

本日のミッションは自走できないバイクを片道70キロほどから回収

します。


ラダーがないのでパワーゲートという自動昇降装置を備えたトラック

をレンタルしたまでは良かったがトラックを目の当たりにすると小さい?

大型バイク乗るかなと一抹の不安が、、。


ついでにテレビ放映されていたラーメンも食べちゃうかと欲張ったのが

良くなかった(+_+)


店先に行列こそなかったものの店内に入ると開店から30分も経って

いるのに30人程居る客の誰一人、食べている人がいない??


さらに30分ほど経って運ばれてきたタンメンは、これタンメン??

煮野菜山盛りですが、もしかして人生初のお残しゴメン。


トラックのレンタル時間は6時間、すんなり事が進めば事足りると踏んで

いたのに普段、バイク乗りなので時間の感覚にズレがあることにこのとき

はじめて気づきました、トラック遅すぎ(泣)


バイクを預かって頂いているショップに到着したのが3時間30分後、こりゃ

ヤバイね、更に不足の事態に追い打ちを掛けたのが、やっぱりパワーリフト

にバイクが大きすぎて乗らない。


ショップの店員さん総動員で機転を効かせてショップトラックに専用ラダーで

積み込んでからレンタルトラックにトスすることで助けて頂きました。


積載は出来たんですが降ろす術がない状況で残り時間2時間45分!!

さあ、怒涛のピンチ!レンタル延滞金のペナルティを払えばいいのですが

最初から諦めるとつまらないじゃないですか!えっ?ちがってる??


写真を撮ると個人的に結構、満足なイベントだったのですが全く余裕がなく、

まだまだ小物だな~と思いつつ長くなるのでまた明日。。

2019.07.18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2109.jpg

チェーン選びは種類が多いので悩みどころです、専用工具を

持たない自前交換ではこのクリップタイプの継手の存在が大きいです。

クリップ継手はノンシールチェーンのみになります。


整備性、フリクション、価格でノンシールチェーンにしましたが

チェーンメンテは必須です。


ロングツーではルブリカント持参も厭わないのでしたらありかと

思いますがいかがでしょうか。

2019.07.15 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2108.jpg

俗にいうハンドルが曲がってるという状態ですがベタな方法で修正

してみます。


まずはフロントフォークのインナーパイプに傷防止でマスキングテープ

を貼ります。


続きまして長物を画像のように括り付けます、本当は角材がいいよう

ですが無いので手持ちの長物工具で間に合わせちゃいます。


修正後の画像なのでズレはありませんが上側と下側の延長線が平行

でなくてはなりません、上下ではなく左右のズレですよ。


ズレてるなと確認できたらインナーパイプと三つ又の固定ボルトを緩め

ます、トップブリッジのボルトも緩めるとフロント落ちてしまいますよ。


あとは両膝でタイヤを挟んでハンドルを歪みをとる方向にグイと力技

です、思ったより簡単に修正できると思います。


巷ではフロントフォークの捩じれという呼び方をしてますが個人的には

三つ又の歪みだと思います。


見た目でフロントフェンダーのセンターとタイヤセンターが合います。

効果は直進安定性が増します、なんだかフラフラするなと思ったら確認

してみるのも良いかと思います。


フロントとリアの車軸が合っているのは大切です、このバイクのケース

ですと直進安定させるのが難しいほどでしたし右旋回ではハンドルが

比較的、大きく振れるという現象でしたが直りました。


6年越しの整備も残すはチェーン交換のみとなりました、長かった(>_<)

2019.07.09 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2105.jpg

フロントキャリパは単体なんで割らなくていいから楽なんですが

腐食ですかね、研磨するのはどうかと思うのでこの辺でやめときます。

IMG_2106.jpg

片押しピストンで面白い構造ですが今時ではないですね。

先にも言いましたがシンプルなので整備は楽です。

IMG_2107.jpg

ほぼ予定通りエンドバッフルも到着したのでサクッと取り付け。

音量はさほど下がらないと思いますが音質が変わったので良しとします。


で、試走でやらかしちゃいました。

ガス欠の症状が出たので燃料コックを切り替えて??あれ、RES!!

空です、空、空。

家人に連絡して携行缶に残っていたガソリンを入れて助かりました。


まいったな~て、それより右旋回でハンドルが振られます。

もう勘弁して欲しいな~(泣)

2019.07.07 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2102.jpg

タイヤの整備に取り掛かります、タイヤレバーを差し込んで(。´・ω・)?

あれ?どうやって使うのでしたか。

コツを思い出すまで少々掛かりましたが少なくても6年経過したタイヤ

を取り外しました。

OUTEX.jpg

アウテックスのチューブレスキットを施工します。

リム磨きは少々、手間ですが失敗はやり直しが効きませんので

ほどほどには必要かと思います。

施工そのものはタイヤの手組みができる程度あれば充分です。

両面テープは厚みがあるジェル状ですので融通が利きますから

あまり神経質にならなくても良いかと。

IMG_2103.jpg

チューブレス化したあとはタイヤを組んで数日、エアー圧を観察します。

初期は少し下がりますがシールテープが馴染むまでのようです。


次はホイールベアリングの交換にベアリングプーラーをセットしますが

足が短いので比較的肉厚で丈夫そうなモンキーを噛ませました。

オイルシールごと外そうとサークリップを見逃し危うく壊すところでした

が、後はサクサク外れて治具って素晴らしい。

IMG_2104.jpg

問題のベアリングですがあり得ない(◎_◎;)

オイルシールから水分の侵入を許し錆びて崩壊寸前。

ベアリング圧入用にサイズを指定して準備した厚手のワッシャーは

良い仕事をしました。ベアリング外径よりもほんの少し(1㎜ほど)

小さく、最悪叩いても変形しない程度の厚さがあると良いと思います。


寸切りボルトでワッシャーごとナットを締め込むことで圧入できますが、

片側のみのベアリングは結局、ワッシャー上からハンマーで叩いちゃい

ました。

ベアリングのインナーとアウターを同時に押し込めれば大丈夫じゃないか

と思いますがどうでしょうか。


次はフロントブレーキキャリパーの整備です。

庭先でツナギを着て整備している姿の目撃情報が増えております。

バイク屋さんではありませんので整備情報はお求めになれません(笑)

2019.07.06 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2101.jpg

W1タイプフルエキマフラーの音が気に入らないので純正

マフラーのインナーサイレンサーを中抜きして取り込もうとしましたが

ホームセンターを駆け回り裏テクで必要な寸切りボルトやら買い込み

ましたが純正マフラーは手強い(>_<)


大体、これ整備じゃないし、わざわざ社外マフラーを買って純正マフラー

の消音器を使おうとうするなぞ正気の沙汰とは思えない(爆)


でも、純正マフラーで転んじゃって凹んだりしたからって純正買い直したり

しないでしょう?

エンドバッフル

DAYTONA  サイレンサー エンドバッフル35パイを発注。

エンドバッフルで誤魔化すのは不本意ですがやむなし。

これもう少し延長してグラスウール巻けるといいのにな。


まだまだ、やることあるのに無駄足、無駄金、休日を一日棒に振った。

いろいろ失敗もあるんですが小さい事は気にすんな(笑)

次ぎはタイヤに取り掛かりましょう。

2019.07.01 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |