Rocker arm早くエンジンを組め!春までに間に合わんぞ!と某氏に言われて出社して2時間で退社だす(笑)帰宅したら早速整備に取り掛かる。ヤフオクで落札したシリンダーヘッドは走行距離8千㌔とのこと。シムを測定してみて、なるほど厚みが揃ってる。まぁ測定するまでもなく出荷時の厚み表記が残ってるから全く磨耗していない。アタリが出た頃にパーツ取りとなってしまったようでバイクが可愛そうだね、ん?

バルタイは一般的に走行距離が増えるとバルブクリアランスが増えてカシャカシャとノイズが出ると思われていますが、実は逆のケースで調子を崩す場合も多いようです。クリアランスが減る原因としてバルブとバルブシートの座りが良くなり結果的にバルブシャフトの突き出し量が増えてロッカーアームとのクリアランスが減る、と思うのですが定かではありません。最悪のケースではバルブが完全に閉まらず圧縮抜けに至るようです。

いつもに増して話にまとまりがないね(笑)要はアイドリングで突然プシュッとエンジンが止まったり低速で不安定なのはバルブクリアランスだろうと。ここを重点的に整備して、ついでにバーハンにしてメッシュホースに変えて、外装の塗装をして、あとは足回りとブレーキの分解清掃って感じで・・春までに間に合うのか(爆)

2008.02.05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |