FC2ブログ
国立新美術館前回の投稿から随分、間が空いてしまいました。というか2回ほど投稿記事を削除してますが(笑)最近おもしろいこと書けないんですよ、スライスです←ぷっ!笑いどころですよ~。公開最終日だったのでヤボ用ついでに観に行ってきました。

やっほ~そして~某所で、おのぼりさん炸裂!!(爆)いや~きれいだべ、東京タワーみえねぇべか?ん?地震でもねぇのに微妙に揺れてねぇが?抗争ビルつうのは年中ゆれでんのが?



2008.07.31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

R5を南下してニセコビュープラザで休憩した後、羊蹄山をぐるりと周回。ふきだし噴水は水を汲む人が絶えない年中6.5℃の名水100選。この辺は広大なジャガイモ畑でちょうど白い花が綺麗だったんですが、生憎雨が本降りになって残念。
羊蹄ふきだし湧水不思議なエンジン動力付きも

長万部、大沼と抜けて雨に降られて寒さに堪えられず、函館入りして銭湯に寄りました。健全な経営なようで原油高騰につき料金据え置きながら閉館時間を1時間早めますと。石鹸、シャンプーも使い切りサイズ購入でドライヤーは一回¥10ですよ。ここの休憩所にるるぶが置いてあったので、一番人気のラーメンと観光地を数箇所ナビにプロットさせて頂きました。
むむっるるぶお勧めの味彩

函館ベイエリアの赤レンガ倉庫群とハリストス正教会前の石畳がるるぶの写真で綺麗だったので候補地に。夜景なら雨上がりの方が返って良かったんですが、夕方のフェリー出航時間に間に合わない。最終便でも良かったんですが、夜更けまでの時間調整は厳しいかとフェリーターミナルへ移動です。
レンガ倉庫なんとか阪函館フェリーターミナル

函館ー青森は4時間で仮眠には都合が良いんですが眠れない。うふふっと聞き憶えのある声に振り向けば北海道入りして初日にオートキャンプ場で見かけたカッポーじゃないですか。デジカメで撮り溜めた画像を二人で覗いては、うふふっと。あ~そうですか(笑)やることないのでヘルメットを必死で磨きましたよ、今回大活躍の雨具と、いつ買ったかも憶えてない古ジャン。
磨きました¥6000ぐらい10年もの?

数ヶ月で穴が空いた安売りグローブに嫌気が差し、イエローコーンをチョイス。本降りでも決して濡れない不思議なモンベルの登山靴。
NEWシワシワが特許モンベル

普段は全く持ち歩かない携帯にチビ三脚と今では必須のポータブルナビです。あとチビ照明はLEDなのでまぁまぁ明るいし、電池の持ちが良いのでテントにぶら下げて照明としても使ってます。青森に着いたのはPM21:10頃、ここから翌日のAM6:30まで夜通し雨の中を走りました。高速を降りると浴室なみの温度と湿気で、しばらく留守の間に季節が変わってしまったかのようでした。
小物たちつらい~夜が明けた

・・おわり・・

2008.07.15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) |

翌日の美瑛めぐりに備えて旭川まで足を延ばしてキャンプです。このキャンプ場は公園内にあるので夕方にはチェーンで閉鎖されます。立派な温泉が歩いて直ぐにあり、いいキャンプ場なんですがね。早朝出発を告げるとチェーンの鍵を渡され一晩だけの管理人さんですよ(笑)ゲートを出た後に、また施錠して内緒のところに置いておいてと優遇されて(感謝)肝心の美瑛はまた、いい写真が撮れなかったなぁ~、畑の写真は難しい。
恐竜・・乗ってみる?ひがしかぐら森林公園美瑛

上富良野まで南下して看板に誘われて千望峠まで登ってみました。この時点でほぼ北海道での目的は満たしていますから目的なく流してますが、これが実に気楽で心地よい(笑)北海道の7月といえば花の季節ですからね、ラベンダーが見頃です。
上富良野、千望峠きもちいい富良野といえば

話題の無料混浴露天風呂ですが沢の水量が減って激熱です。岐阜ナンバーのTWくんは50℃近いんじゃないかな(笑)折角来たのだからと勝負に出ましたが。オイラは熱い湯が苦手なので、そそくさと退散し始めると前方から観光客が・・TWくん♪はマッパで風景に収まったか(笑)十勝岳温泉の日帰り湯は¥800と高価ですが、この色の温泉は成分が濃くて好み。
吹上露天の湯十勝岳十勝岳温泉凌雲閣

三段山・十勝岳・美瑛岳・美瑛富士と山脈が目前に迫り、鉄分濃い湯も申し分ない。看板娘のワンコ達は頭を撫でると腹もさすってくれってか、そんなお見送りがあるかい(笑)上富良野へ戻って日の出公園でキャンプかな?と走りだすと、なにやら急ぎのキタキツネが・・
ひゃっほ~おぃおぃん?

何?銜えてるのかなぁ~と覗くと、なんと春巻きですよ、しかも4本ほど銜えてます。人に餌をもらえることを覚えてしまうと車に近づいて餌をねだるようになってしまいます。このキタキツネも足を少し引き摺っていましたよ、無責任に餌を与えないでくださいね。日の出公園は手入れが行き届いていて綺麗です、さぁお昼にしましょ♪
春巻き?上富良野日の出公園おひる~

バイクで来たのか?突然、話掛けてきたのは75歳で視力に自信ありの、おっちゃんです(笑)親父さんは元パイロットで弟さんは歯医者らすぃ。メグロとハーレーを乗り継ぎ、現在は足腰のために一日二回、この公園の丘に登るのが日課なのだとか。ファーム富田とニセコがお勧めだと、道南は雨ですよ♪と言っても聞きやしない(笑)すでに目的なしの風任せですからね、行ってみますか。
おいすぃ~3パックいってみまつファーム富田

7月のシーズンは周辺が大渋滞するぐらい人気らしい。カッポーばかりで明らかに場違いな雰囲気なんですが、あそこがいいかな、と思えば躊躇なく、おされな店にも入りますよ。ん?靴脱いでスリッパに履き替えるの?登山靴が下駄箱に収まらんのやけどぉ~(爆)
らべんだーばたけおおっ観光ですよ

富良野を後にニセコを目指すため、札幌自動車道に乗り入れると20台数台に完全に包囲されますた(爆)洞爺湖サミットでテロ警戒中ですから検問は多かったんですが、この先は積丹半島ですよ?観光ですかね。配列を崩さないように調教されているのか、決して追い越し車線には出ません、こりゃ行くしかないわね♪と一気にぶち抜きましたとも。
どらいふらわ~?あれ?これは?

夕暮れせまり倶知安町で明日のニセコめぐりに備えます。このキャンプ場は温泉、コンビにが近く、買出しに便利で無料ですよ。夕飯は今だけ価格のえびふりゃ~弁当ですが、これがうみゃ~ので尻尾も残しません。道南は今晩から天候が崩れるようです、おっちゃん♪やっぱ雨じゃん。今宵はこれで晩酌です、湯飲みはダイソーで買い求めたお気に入りの一品。
旭が丘公園えびふりゃ~弁当湯のみ持参で

・・つづく・・

2008.07.13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

とっかりセンターを目指して再度、北上します。遊園地が隣接の道の駅は珍しい、ここで旅人に出逢います。徳島ナンバーの車で道の駅で寝泊りしながら移動する今どきの旅人ですが、記憶力抜群で旅の話題が尽きない。いま失業中なんですよ~とあっけらかんと言い放ちますからね(笑)なんでこんな魅力的な人が失業するんだろ??
メルヘンの丘めまんべつとっかりセンターガリンコ号

紋別のとっかりセンターに、わざわざ出向いたのは・・前回の記事を読んでね(笑)施設はこれなの?てぐらい小さい。おまけに入り口の両替機はパカッと開いてるし大丈夫なのか?職員さん手書きの飼育アザラシの説明が愉快で、常に真顔ですが実は・・とか(笑)赤ちゃんアザラシは警戒心からか、まんまる目で、こちらの様子を伺ってます。給餌の時間が迫ってますからね、ぷか~と浮いて職員さんを待ちこがれるアザラシも。
流氷が育むものかぁいい?おもろぉ~

去年見かけて撮りたかった蟹の前で記念撮影。北海道入りして直ぐメーターケーブルが切れたので、走行中もスピードメーターがピクリとも動きません(泣)古いバイクなので燃料メーターが付いていませんから、走行距離がカウントされないと給油タイミングが分かりません。高速道路で燃料残量が分からなくなったらと思うと不安になりませんか?(笑)午前中ですが旅人おすすめの道の駅に併設の湯に入ってさっぱりしました。チューリップの湯といっても浴槽にチューリップが入っている分けではありません、少し期待したのやけどぉ(爆)
記念撮影メーターケーブルがチューリップの湯

スジコおにぎりは昨年の浜松ライダーお勧めの一品なので¥200と高価ですが・・こんな旨いもの食べたことない!コンビニ袋に入れたまま食料品をバイクに積むとカラスの餌食なんですけど貴重な食料ですからね、離れるときには持ち運びます。チェーンが限界を超えたのでハーレーショップに飛び込みました。良く考えたらハーレーはベルトドライブですからね、チェーンの在庫があるわけない(笑)問屋まで取りに行ってくれてキッチリ整備して下さいました。リンゴ積んだままでスマン。
こりゃ旨いりんごも買ったちぇーん交換

・・つづく・・

2008.07.13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

体調不良で1日遅らせて出発、今回は青森まで自走なので高速料金を値切ろうと深夜料金が適用になる時間に合わせたのに、割引はETCのみなんやと(泣)高速料金¥8,950に青森ー函館フェリーが¥5,300、これにガソリン代だとメリットが・・フェリーの予約が一杯、または船酔が心配な人、限定ですかね(笑)もちろんETC装着なら高速料金が深夜4割引きですから一考の価値あり、それにしても自走派の方々のペースは尋常ではありません(笑)函館に着くと雨です、携帯のアメダスをチェックすると道東、以外は雨なので平取まで逃げて宿泊です。
しばられるまもなくふろあがり

フリーサイトが整備中なので張るだけで¥2,000のオートキャンプ場が¥500です。隣接の温泉も19:00から半額で¥250ありがたや。もう一張りは若いカップルで、「うふふっ」と幸せそうに笑う、女性の声で眠れん(爆)帰りのフェリーで偶然、隣になるんですけどね(笑)朝食は警察署前の吉野家です、おまわりさんは牛丼も好きみたい(笑)釧路湿原のコッタロ展望台は今回の狙いの一つです。
二風谷ファミリーランドあさから?ダートは楽し

コッタロ展望台まではダートを数キロ走りますが、締まっていて走りやすいのでロードバイクでも大丈夫。広大な土地で、想像をはるかに超えています、ここはお勧めです。先客が双眼鏡で丹頂鶴が見えると大騒ぎですが、このあと意外なところで丹頂鶴に出逢います(謎笑)
この先にひろいおぉおおおお

中標津町の「すしロード」を目指して北上を開始すると間もなく、牛舎の中に見えたのは?Uターンして中を覗くと・・丹頂鶴?だよね??一瞬、飼ってるのかと思いましたが道路をスタコラ横断しているし(笑)
動物注意ん?ね!

北海道はキタキツネが普通に歩道を歩いていますからね(笑)釧路湿原のシラトル湖は白鳥飛来地ですが、牛舎の中で何してたんですかね?で、今回の目玉「すしロード」です、もっと海沿いにあるのかと思っていましたが、意外に街中にありました。左は中トロ二人前、右はライダーさま一品サービスです、それにしてもネタがデカイ、サービス品込み6皿で満足、千円程度ですからね、ここも訪れない手はないです。
何してた?ずーむでまいう~

国設羅臼温泉野営場を目指したんですが、有料になったのと無料の熊の湯温泉が人気で混雑していたので知床から屈斜路湖まで足を延ばして和琴半島でキャンプです。ここの管理人のおばちゃんは名人で、受付からテント設置場所、露天風呂の説明までそつが無い。肝心の無料露天風呂は藻が・・有名らしいですね(笑)ここの売りは夕景で、それだけでここに泊まる価値がある。当日は残念ながら夕焼けが見られなかったのやけどぉ。
羅臼展望台よりオシンコシン滝和琴半島湖畔キャンプ場

・・つづく・・

2008.07.12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

行ってみる?東北自動車道559.3kmだと通常料金8,950円、深夜料金5,350円。青森~函館が新日本フェリー113km 3時間50分でバイク(750cc以上)3,150円、一般旅客・大人 2等 2,150円。最安値10,650円+ガソリン代559.3kmだと6,000円位・・16,650円也。函館山は17時から一般車通行規制だからロープウェイ往復1,160円。100万ドルの夜景代しめて1,7810円也(笑)おっとグラブが破けてるから買い換えると8,000円。天候が不安定なので雨具を買い足すと8,000円。合計3,3810円!高いわぁ夜景代(爆)しばらく留守にします。6日に出発して帰りは12日になります・・でわ、でわ。。

2008.07.04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) |

佐野SA10:30出発、北関東道で行田の古代蓮まで。15:00までに帰宅せねば・・なので食事抜きで頑張ります。油冷くんとは併走してたんですがね、微妙に間合いを空けられた(笑)

風情が・・綺麗な車体だったので写真を撮ろうかと思っていると持ち主が戻ってきちゃったよ。なので後ろ姿だけ、運転席のドアは壊れてるんですかね?後部座席のドアから乗り込んでましたよ(笑)

咲いてた駐車料金、普通車500円、大型1500円・・二輪車は駐車料金がかかりません、ありがたや。ここは、あいかわらず写真愛好家に人気です。

流石に三脚を立ててファインダーを覗き込んでいる方がいるときには少し待ちます。全く気にせず被写体の前に入ってしまう方々に「後ろから写して御免なさいね」と、波風立てぬ物言いは流石です。

望遠がいる浅橋から、どんなに身を乗り出しても、とどかない、28㎜短焦点の悲しさよ(泣)旅先でのスナップ撮影では便利なのだから一長一短ですよね。

マクロ1cmマクロは付いてたりする(笑)28℃でも風を切って走っていれば涼しいぐらいで気持ちえぇです。遠乗りしたいなぁ~。あ~もうそろそろ一週間の連休やった、北海道に取材行くかなぁ~。。

2008.07.01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |