FC2ブログ
IMG_0612.jpg
目的も決めず高速に乗ります。
ふら~と、かれこれ20年近く予定のない休日はいつもそう。
これって最高に贅沢。

IMG_0613.jpg
藤岡ICで下りました。
この位置なら山梨でも長野でも混まないしね。
ファミマのカフェラテは美味いけどちと量が多い(>_<)

IMG_0615.jpg
結局、軽井沢に・・お洒落な場所は居心地が悪い~。
ん?浅間高原レース発症の地。

IMG_0616.jpg
狙い通り立派な輸出立国になったのでわ?
現代のフルパワー車は10年前のワークスレーサーを凌ぐとか。

IMG_0617.jpg
軽井沢を北上し草津を迂回して榛名湖畔で休憩。
この辺は極上のツーリングルートです。

IMG_0618.jpg
渋川近辺、なんか180度見渡せる絶景ポイントが
ありました。
今日は沼田方面でなく久しぶりにR50で帰りました。

2014.08.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_0609.jpg
これですか、ありそうでないタイヤに+ネジ
完全に空気が抜けて10キロほど走っちゃたからな~
大丈夫かな。

IMG_0610.jpg
旦那、えらいもの出てきましたぜ
こんなんどうやったら刺さるん?

IMG_0611.jpg
修理キットは2回分で3千円!
ちなみに店舗持ち込みで修理する約2回分のお値段
上手くできてんな~。
ちょっとデベソだけど、その内わからなくなるよ。

IMG_0608.jpg
まいど、まいどよく飽きないわね!
バイクばかり弄ってないでたまには散歩連れて行って
くれてもいいんじゃない??

2014.08.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_0604.jpg
リアタイヤがビスを拾ってパンクしました。
フロントもスリップサインがでて2ヶ月しか持たない。
毎日乗るから仕方ないけどランニングコストが(; ・`д・´)

IMG_0603.jpg
車は雨に濡れないしいいな~。
荷重とか抜重とか考えなくてもハンドル切れば曲がるもの。

IMG_0605.jpg
定年後の楽しみにと免許を所得されて
購入に至ったハーレー
いい人生ですね、気を付けてお楽しみください。

2014.08.28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_0599.jpg
ステアリングダンパーの略ですが時として腕が代替えのお仕事を
したりします。スコッとハンドルが切れ込んだりしたらヤバッと咄嗟に
ホールドしたりするあれです。スコッとハンドルが切れ込んだりする
時点で失敗しているのでリカバリーに相当しますが。
時としてこの腕がセルフステアの邪魔をします。技能講習でしつこく
言われるのがハンドルを持つ腕の力を抜く、ですが長年バイクに
乗ってますと無意識の領域ですから簡単には直りません(>_<)
イン側の手でハンドルが切れて来るのを支えてしまう。一般的な
失敗例ですが思い起こしますと直パイでイン側の手でパイロンの
頭を触る!何の練習ね?と思っていまししたが、このイン側の手で
支える癖のある人はハンドルから手を離し難いのです。
それじゃさぞかしこのパイロンの頭を触るで苦労したかと言いますと
自分で言うのも何ですが器用なんで意識すれば出来ちゃいます。
無意識の領域に浸み込んだ悪癖が厄介なんです。
昨日のレインでもハンドルが切れ込むんじゃないか?そう思った
時点で腕ステダン発動です。この他にもドライ路面ではバンク角の
調整に逆操舵の役割もさせているようです(無意識の領域ですので)
試しにイン側の手から力を抜きますとハンドルの切れ角が増し
ヘッド廻りがスッと起きる動きをしました。
では早速、イン側腕脱力ドリルを試します。やってみると分かりますが
右腕を完全に脱力するにはアクセルが邪魔です。
左腕はコーナーリング中、ほぼお仕事してませんから脱力するのも
わけないんですが右手はアクセルを握ってますから手こずる筈です。
コツは片手運転でアウト側の腕一本で操作するように意識することです。
ハンドルしっかり握ってないと危ないじゃない!そう思う方はそうして
下さい。フロントタイヤが片減り(右側が極端に減る)なんて方は
試してみる価値があるかも知れません。ただしペタッと倒し込みたい
方には向かないと思います(以前はそう思ってました恰好いいしね)
なんだっけ、寝かせて曲がる何とか?とハンドルが切れて曲がる何とか?
忘れちゃった(´-ω-`) サーキット的かジムカーナ的か、後者です。
イン側腕脱力はドリルです片手運転を推奨するものではありません。

2014.08.25 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_0599.jpg
お昼近くに起き出して、、海行ったるど~(;´・ω・)
どうせなら波打ち際の小石ゴロゴロ日本海がいいっすな。
ところにより集中豪雨で幸先悪く出だしから雨宿り。

IMG_0600.jpg
おし止んだ (`・ω・´)
とりあえず、あのお山を越えるだす。

IMG_0601.jpg
また振ってきた(/・ω・)/
もう止めようかな?もう一回降られたら止めよう。
その後は大して降られず新潟に辿り着いちゃう。
しかし、19時では海も真暗で写真も撮れず(>_<)

IMG_0602.jpg
帰路は全線高速!
昼寝坊では流石に日付が変わってしまった。
起きていた家人がどこ行ってきたの?
新潟だよ!日本海見てきたんだ(´・ω・`)
あっそう!
ん?日帰りなら近間だと思っちょるのか?
に・い・が・た、、なんですが(笑)

2014.08.25 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_0520.jpg
わっからないな~ (´-ω-`)
フロント荷重・・確かにタチは感じないけど何かが違う。
アウトステップ荷重・・ウエットでも使えるけどこれも何か足りない。
パイロンスラロームではいずれも必要不可欠じゃあない。
むしろニーグリップで腰を切るようなカニバサミ・・これに尽きる。
あのインストラクターの瞬時にリーンインして旋回動作に入る
無駄のない動きはフロント荷重でもアウトステップ荷重による
逆操舵でもないと思う。
両膝で絞るように寝せこむ!そんな表現を毎回使う。
あえて言うなら外足荷重、あえてって言うところが意味深(笑)
これは8の字より先にパイロンスラロームだな。
8の字は旋回動作だけどパイロンスラロームはリーイン主体
だからいい練習になるんじゃないかな。
だけど、直パイは好きだし得意だとさえ思ってるのに・・
通常のコーナーリングだと直パイみたいにリーインできない
のはなぜだろう??
これはもうコーナーにもパイロン置いてもらうしかないか(; ・`д・´)

2014.08.22 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_0598.jpg
日中は暑いので夕方まで待ってかる~くね。
そうするとお山は雲行きが怪しく今にも降り出しそう。
フロント荷重だよ~、、やがてパラパラと路面が濡れてきて
先行車が道を譲ってくれたので気持ちよくトンネルにヒュ~と
進入すると、おっとと思ったよりRがきつい。
するとタコメーターが跳ね上がりトンネル内でコダマする咆哮
ウォ~ン!!あり?クラッチ壊れたか(爆)
なんね~、これぽっちのコーナーでリアタイヤが滑るのか~。
で、ペースが徐々に落ちてタイヤが冷え腐ってゆく(>_<)
腕に力が入ってるのか?曲がらねぇよ。
疲れたよ君には・・もう乗ってあげない(T_T)

2014.08.19 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2014042001.jpg
秘めたる力を引き出すオノマトペ
シュッ!とかビヨォ~ンとか擬声語ですね。
スポーツのトップアスリートは好んで使うように思います。
有名なところでは長嶋さんね!(笑)
ブレーキをググッと握ってシュパッと倒すの・・???
理屈なき結果に満足しない自分としては受け入れがたい
事実ですが思考回路を経ては間に合わない、繰り返し
繰り返し身体に浸み込ませてワードで引き出すなら可。

オノマトペとは違いますが肘を立てハンドルと胸を水平に
するの!形から入りますから似たようなもんですが、
改めて過去走を見ますと惜しいな~と。
たぶんこの方向で詰めて行けば結果出たんじゃないかな。
肘を立て(伸ばさず)で結果的にフロント荷重になるんですよね。
『しっかり荷重すれば良く曲がります』これをステップ荷重だと
勘違いしたのが迷走の始まりです(きっと)

スラロームのような極低速では慣性が弱いので荷重が
フロントに乗り難いんですよね。アクセルレスポンスを重要視
するあまりリアブレーキとアクセルを併用するのもフロントへ
荷重移行するのを妨げます。
フロントを潰すようなリーンアウトを指摘されリーンウィズに
換えたのもバイクが曲がらなくなる原因の一つです。
リーンウィズが悪いのではなくて、荷重を無視して身体で
強引に寝かし込む人には向かないだけです。

これらに加え、このバイクはハイギヤード設定でアクセルを
大して開けなくてもスルスルと加速してしまいますので
結果的にエンジンブレーキも使えずにダラダラとコーナーに
進入してしまうのも荷重移動できないという意味で曲がらない
要因です。この場合の曲がらないはフロントが逃げたり、
切れ込んだりして安定しないので狙ったラインに乗せられないと
いう事です。

さて結論です。
サスのプリロード最弱、ダンパーも最弱・・あくまで練習設定ですよ。
前乗りでフロントタイヤに乗るようなイメージです。
フロント荷重ということはリヤから如何にして荷重を抜くか、とも
言えます。極低速で慣性が弱いので使える荷重も少ないですから。
フロント荷重で向き換えが早いのでアクセルも開け易くなる筈ですが
でも、、リアタイヤは滑りますよ、きっと(荷重が抜けた状態ですので)

2014.08.19 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_0585.jpg
写真好きなんですか?
(-ω-)/ なんでも撮ります。
スナップですね、クズ画!
スーパームーンだって、どれどれ、、

IMG_0587.jpg
車が壊れたからバイク通勤だって!
どれどれ、、

IMG_0591.jpg
ねえ見て!金魚飼うのよ!
どれどれ、、

IMG_0592.jpg
帰省ラッシュだって!どれどれ、、

IMG_0594.jpg
雨宿り中~、圏外!!
のんびり穏やか平和、ありがたいっすな(´・ω・`)

2014.08.18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_0583.jpg
<雨の日乗ってデロデロ>
去年の9月購入だからほぼ1年、退院して直ぐ衝動買いしたのでした。
足が無くなったのもあるけど、バイクから離れたらもう乗れなくなる
だろうという思いもありました。
実際、全身の擦過傷と、揺れる度に痛む折れた肋骨が、今にも
ハンドルが振られ出すんじゃないかという怖さを蘇らせます。

事故の教訓を生かし、さながらカブで全開走行をするようなリスク
を避け、GTRを法定速度で走らせるようなマージンを採りました。
なんで速いのを?と問われたりもしましたが高い剛性のフレーム
にはもれなく馬力のあるエンジンが付いてくるのです(笑)

しかし、このバイクは想像以上に手強く、高い剛性のフレーム
150馬力、これを受け止めるサスはお相撲さんを乗せるのかい?
硬いサスは乗りやすさなど微塵も感じさせない質実剛健です。
乗りづらい、、失敗したと後悔することしきり(泣)

IMG_0584.jpg
<洗車してエアブロー>
このバイクはマニアックな方に人気があるようで癖があると
伝えると癖の強いバイクが個性的で面白いじゃないですか!と
言われた事もあります。確かに誰が乗ってもそれなりに走れるなら
面白味に欠けますが、それにしても程度というものがある(/・ω・)/

この辺の程度を示す逸話に技能講習会に参加されている上手な
方のコメントに『速く走れるときもある』というのがありました。
そう、今日いい感じに走れても明日は分からないのです(爆)
ここまで書いて面白そうと思う方はかなりのマニアックです。

もう少しこの癖を補足しますと、高剛性のフレーム、サスは
ある領域でいい仕事をします。それはもう、おりゃっ!と気合
もろともコーナーに進入しても何か?と呆気なく受け止めてしまう。
その反面、こっちにと向きを換えようとしても知らない!と
ソッポを向かれる時もあり、この裏切りが怖い (T_T)

ここまで書いて高剛性のフレーム、サスだからしっかり荷重
して、ぐいと寝せればいいんじゃね?と思う方は鋭い!
しかしながらツーリングメインでそんな走り方では命が何個あっても
足りませんわな。そんな分けでサスを目一杯柔らか目に振って
さながらGTRで新聞配達をするような使い方を目指します(;´・ω・)

2014.08.10 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |