FC2ブログ
たくさん表示
ゴリラナビのチャリモードでの「たくさん表示機能」
いや、普通にカーナビとして使うなら全く必要ない機能ですが
コーススラロームで使うなら経過時間・最高速度・移動総平均速度と
申し分ない。
もともとハンドルクレドール?自転車のハンドルに固定する
マウントが付属されているのでバイクに取り付けるのにも都合が
いいと選んだのですが、こういう形で役に立つとはラッキー!
アプリをダウンロードすればラップ保存機能もあるようで完璧(>_<)
タイムアップが目的ではありませんが上達度合の指標として
あった方がいいよね。

2014.09.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

左右独立
圧側を左側、伸側を右側フォークで発生させる独自の減衰力システム
ですが、どうにも小旋回でハンドルの切角に段付きが発生します。
ハイアップキットでリアの車高が上がりフロント荷重になったことで
顕著に表れるようになりました。
競技で最近人気のMT-09でも左右分担減衰力システムを採用して
いるようですがシード選手で減衰力が足りないとダンパーロットを
両方に組み込み成果を上げている方がいるようです。
FZ1にも同じ事が出来ないかと検索するも倒立サスの分解は
特殊工具が要るばかりか難易度高目で素人で手を出す人が少ない
のか情報が足りません(>_<)
いっそのことオークションでフロントフォークを落としちゃうかとも
思うのですが、なにせフロントサスはバイクにとって生命線ですから
誰か人柱がおられれば助かるのに(´・ω・`)
こうなると転ばぬ策の杖と発注したスタントケージと優先順位を
間違えたかな~、まあいいや!とりあえず様子見ることにします。

2014.09.28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_0673.jpg
早速パーツが届いたので・・なんか美しくないな~。
リューターで表面磨いても美しくならないので、まあいいや。
今ついているパーツと比べてみる・・うっ、その差3センチ!
あのバイク屋の親父、ローダウンキットがなんて言っときながら
ノーマルじゃんか(; ・`д・´)
3センチ下がってるなら6センチアップもあり得るかもとの当てが
外れました(>_<)
取り付けて跨ってみると、うん!確かに上がってると体感できます。
ちこっと、くるくるしてみると・・やっぱりアクセル開け易いんですが
フロントサスの悪癖が顔を出してくる。突き出しを増やしても同じ
症状が出るので、これは右側のみのダンパーロットを左側にも
要れるしかないのだろうね。
空地でくるくるしていると白黒パンダがゆっくりコチラに・・
メンドイの嫌なんで出口から何事もなかったように出て
もう一度、空地に入ってUターンして眺めると・・げっ、追いてくる。
これは職質対象からターゲットになっちまいましたか(笑)
なんか様子を窺うようにノソ~と追ってきてキモイ~(´゚д゚`)
くるっと回って出口からハイ!サイナラ~!!
今までで一番早く回れた気がします(爆)

2014.09.28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

スタントケージ
倒したくない・・カウル類のパーツは高価ですからね!
当り前です、ハイ!これが精神的にフルロックターンなどで
邪魔をします。え~い倒れる時は倒れるんだと思い切っても、
いざとなるとやっぱ倒したくない(笑)
仮にですよ、倒したところで壊れないという安心感があったなら
そりゃもう、倒れないように力を入れて踏ん張る必要がなくなる
わけです。慣れないインジェクションの特性に発進でエンストして
倒すこと数回・・すでにカウルが割れてますが(泣)
こちらのパーツは簡単に言えばバンパーですね。エンジンガード
とは違ってスタントケージと言ってエンジンのみならず車体その
ものを守るパーツです。

スタントケージ2
賛否両論あるでしょうが壊れないのに越したことはない。
形は違いますがジムカーナ専用のバンパーもあってお値段は
このスタントパーツと大して変わりません。
何が違うかと言いますとジムカーナ用はフルバンクを確保しつつ
いざというときには車体を守り、足を挟まないという専用設計です。
ジムカーナ用もそれはそれでカッコイイのですが競技に参加する
わけではないので、狼の皮を被った羊になってしまう(笑)
もちろんスタントもするつもりはありませんから、どっちもどっち
ですがツーリング主体でも倒しても壊れないという安心感は絶大
です。ただお値段がね、安くはないぞ!(>_<)
実はFZ1用もありますか?とショップに問い合わせたところ
フランスに適合品があると返信頂きまして、久しぶりに覗いたら
FZ1用を輸入して在庫にしているようなので悩んだ末、ポチッと。
おフランス製ですよ!!(/・ω・)/

2014.09.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

ハイアップキット
やれることは沢山ある筈なんですが出来るだけ楽したい(`・ω・´)
こちらはハイアップキットといって車高を上げるパーツになります。
足つきを良くするローダウンキットは数あれど、わざわざ車高を上げる
奇特な人は少ないようで以前から目を付けていたネットショップです。
ケツをカチ上げるとかっこよくなる・・この謳い文句に抵抗があったので
すが、スラロームで尻上がりまたは腰高は一定の効果があるとの
ことで、まだあるかな~と久しぶりに覗いたら50%OFF?(◎_◎;)
なんでこげなもん¥17300もするかいな、と思っていただけに
朗報です!在庫処分につき在庫がなくなり次第終了とのことで
速攻でポチッとしちゃいました。
このバイクは中古で購入した折、ローダウンキットが入ってるかも?
とショップの店員さんに言われていたのでスタンダードに戻したかった
のですが、入ってるかも?てのがネックだったんですよね(笑)
今回のハイアップキットはスタンダードの高さ+2~3センチという
ことですから目茶目茶上がるとう分けでもなく、半額ならいいかなと。
これでもっと小さく回れる筈だ!たぶん・・そうだといいな(;´Д`)

2014.09.25 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

こちらは画面キャプチャですので再生できません(笑)
著作権の問題がありますが一般公開されている動画
ですので?
この動画では究極の安全運転テクニックとして白バイ隊
の乗車姿勢を紹介しています。ハンドルを前にプッシュ
する動作をしていますが(音声なしなので詳細は?)
先日のツーリングで思い出したかのように試したのですが
これがフロントサスの突き上げが腕に伝わらずいい感じ。
ハンドルの高さに個体差がありますから一概には真似
できるわけではないのですが低いハンドルですと
ハンドルの上からガシッと掴むような姿勢になりがちです。
フロントフォークの延長線上に腕が直線的に並びますと
フロントフォークの衝撃がモロの腕に伝わります。
ストリートファイター系のバイクではオフロードバイクに乗る
ようなライディグフォームが主流?ですがハンドルに
上体が被るようなフォームはセルフステアを感じ難くい
のです。

乗車姿勢

注目すべきはこの手首の角度ですが、これではブレーキ
レバーに常時指を掛けられません。
今でも教習所ではドラエモン握りを推奨されるようですから
白バイ隊と同じ指を掛けない派ですね。
一方で競技(ジムカーナ)では指掛けが主流です。
究極の安全テクニック?どうでもいい方は置いといて、
なぜそうするのか・・詮索マニアとしては気になります。
白バイ隊員がブレーキレバーに指を掛けないのは転倒の
際に指が折れるから。ジムカーナ競技で指を掛けるのは
0.1秒を争う競技だから、これが理由のようです。
ただこのハンドルを前にプッシュするような握り方は
やってみると分かりますがハンドルを抑える、
この場合はハンドルの上に上体が乗ってしまうという
意味ですが避けられます。
もっとも肘がハンドルのフルロックで邪魔をするという
意見もありますから、ハンドルの握り方だけでも
奥が深いようです(>_<)
個人的な備忘録です大した意味はありません。

手首の角度

2014.09.24 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |



海老善輪業さんのライディングスクールに初参加しました。
参加要領は海老善輪業さんのHPで確認して下さい。こちら
動画は一緒に参加して頂いた方に撮ってもらったもので
海老善輪業さんのオプションではありません(´・ω・`)
動画を他の人に見せると、すげ~、、えっ?
この撮影してる人のライディングテクニックすげ~!!
あっ、やっぱり(>_<)

IMG_00658.jpg
ライディングスクールの後、移動して宿は「山がの湯」さんです。
本当は隠れ家として伏せて置きたいのですが、ここの管理人も
ツーリング関係のブログでお得な情報を得ましたし
ツーリングにベストプランがありますのでご紹介致します。こちら
こちらの宿の奥飛騨で一番お得に泊まるプランが¥1900とお勧めです。
さて、明けて翌日は能登半島へ観光ツーです。
まずは千里浜なぎさドライブウェイ

IMG_0659.jpg
近年は砂の浸食が進み走れる日が限られてきている
ようですよ!いつまでも走れると思うな千里浜なぎさドライブウェイ
地球温暖化の影響でしょうか。

IMG_0660.jpg
続きまして能登金剛・巌門
遊覧船も出ているようです。

IMG_0662.jpg
どこが能登金剛・巌門かわからず適当に撮る(>_<)
あの辺かね~。

IMG_0663.jpg
ここかい!
頭が当たるのでお辞儀しつつ進みます。

IMG_0664.jpg
おお~、詳細は省きます(笑)

IMG_0666.jpg
そして見たかった「義経の舟隠し」
源頼朝の追手から逃れていた義経が、荒波から守るために
48隻もの船を隠したという伝説をもつ入江。

IMG_0668.jpg
そして「白米千枚田」ね。
刈り入れが進んでいるようです穏やかな時間が
流れています。
ここでキャンプ道具満載の旅人が同県ナンバーで
お聞きすると隣町とか、600km離れた地でお隣さんですよ。

IMG_0669.jpg
宿への帰路で、きときと寿司
光り物が美味かった(*´ω`)

宿に戻る途中で寄ったコンビニで幼児がバイクを見るなり
幼児「あっ!バイクだ!!」
幼児「バアババ、バアババ、ババババ、、」
(゚Д゚;)え??なに?
母「ちょ、ちょっとちがうな~」
と照れながら幼児を連れ去る母・・
文章では上手く伝えられないけど大爆笑。

IMG_0670.jpg
宿に戻って温泉、温泉、ビール、ビール
最終日は足を延ばして「あゝ野麦峠」

IMG_0671.jpg
記念館で紡糸の歴史を学びました。
ソロツーでいい所があると誰か連れてきたいな~と
思うところを連れ回しました。
この二泊三日は秋晴れに恵まれホント、空が青い。
お付き合い頂きありがとう!また行きましょね。

2014.09.23 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |

IMG_0654.jpg
昨日の駐輪場で発見した忍者君は岐阜ナンバーです。
新人紹介で趣味にバイクと書いてあった彼でしょうか。
なんか似てますね(`・ω・´)

IMG_0655.jpg

さてフロントブレーキの引きづりでも直しますか。
ブレーキパッドも減ってるんですが今回はピストンの固着を疑って
整備です。ブレーキパッドを抜き取って慎重にブレーキレバーを
ニギニギ。ピストンが飛び出してしまうとエアー抜きが必要になる。
慎重に慎重に・・ポン!ん?反対側のキャリパーからピストンが~
片側づつやるんだった(>_<)

IMG_0656.jpg
え~い、どうせならと全てのピストンを取り出し洗浄です。
パット接触側が若干錆びてましたが状態は悪くない。
エアー抜きでブレーキフルードが足りなくなって買い出しに
出掛けたりと忙しくなりました。
その後、組み上げてもやっぱりブレーキの引きづりは良くない。
ふと見ると、ブレーキパットを押さえているこの金色の・・
良く見ると矢印が刻印してある。どっちでも一緒だろうと適当に
付けてましたがネットで調べると矢印は上向きが正解のようです。
そのように組み上げると、うん!(゜o゜)良くなった。
逆に付けると当たりが強くなりブレーキパッドの動きに影響する
ようです、一つ賢くなりました。
さあ、明日は久しぶりのスラロームっすな~、楽しみ~~。

2014.09.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

tobu.jpg
コメント機能戻したので書き込めますよ。
えっとですね、技能講習会は9:00開始なので開始前にということ
ですから21日(日)例のコンビニに7:30分集合ね。
トーブモータースクールさんは子供総合科学館のそばですね。

sannganoyu.jpg
技能講習会が12:00に終わりましたら合宿所は岐阜県になります(爆)
一般道ですと所要時間7時間4分とか出てますけど・・。
酒代浮かすのに頑張りましょか。
初日は宿入りしたら温泉とかビールとか浴びるわけです。
二泊ですから翌日は上高地or新穂高で観光でも。
そう、そう、合宿所ですから歯ブラシ持参ね!
kiro.jpg
帰路はですね、わざわざ逆方向の高山市方面に下りて
野麦峠で技能講習会の成果を思う存分発揮して下さい。
ただし落ちたら渓底のバイクは拾えないので捨てます(笑)
大丈夫!紡糸女史にも越えられる簡単な峠ですってば。
上田方面からはR142だったかな快速道でお勧めです。
でわ、でわ宜しくです。

2014.09.19 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |

週間天気
20日からの4連休が~(>_<)
どんどん傘マークが増えてないか。
まあ、思い当る節が多々あるのでしゃあない。
秋の長雨も乙なもんです。
ロングツーも技能講習会も一旦、リセットしましょうね。
天候が好転したら臨機応変にね!

2014.09.18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |