FC2ブログ
アクセル
アクセルの遊びを取る!はパーシャルとは違います。
例えば公道でのシフトアップですがクラッチを繋ぐ一瞬先に
アクセルの遊びを取るとスムーズに繋がります。
そんなことしなくてもギクシャクしないという方は読み飛ばしてください。
ドンツキと呼ばれるアクセル全閉から開け初めに
唐突にトルクが立ち上がる症状には効果的です。
アクセルの開け初めにリアブレーキを踏んでドンツキ緩和
してしまう手もありますが、グワッと立ち上がるトルクを
ブレーキで相殺するのはリカバリーになります。
加速するだろうタイミングでブレーキランプが付くのは
後続車にとってストレスにもなりますしね(`・ω・´)
実はこのアクセルの遊びを取るのは8の字進入のテクニックとして
習ったものですが極低速ではバランスを取るのに必須です。
コーナーの進入でアクセルの遊びを取ろうと開け過ぎると
強いリアブレーキが必要になります。
この状態で曲がり切れないとアクセルを緩めると駆動力だけ
失ったリアタイヤは呆気なくロックしてしまいます(経験談)
アクセルの駆動力とブレーキの制動力で綱引き状態なのを
忘れちゃあいけません。
アイドリング回転数を上げても遊びを取るのと同じ効果が
ありますが更に強い綱引き状態になるので覚悟が要ります。
ジムカーナ競技ではアイドリング6千回転の猛者もいるようです。
リアブレーキ離しただけでフロント浮いちゃいますな(/・ω・)/

2014.09.01 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |