FC2ブログ
白紙撤回
真白ですよ、真白!拾った画像で走ったわけじゃないですよ(´・ω・`)
もうね、昨夜の雪で足元が危ういような状況では全てのライテクが無に
帰すわけですよ(´゚д゚`)
肘がとか、前傾姿勢がなんて考えてたら、たちどころに転びますからね。
ニーグリップを強めて、ひたすらスリップを察知しようと感覚を研ぎ澄ます
ぐらいしか成す術がないのです。
ヤバイな、ヤバイなと足元の危うい路面を脱しますとドライ路面で
バイクが軽すぎると驚愕するのです(´゚д゚`)
それはもう真直ぐ走らせようと意識しないと何処かへ飛んで行って
しまうような感覚でホントもう”なんじゃこりゃ”状態です。

スリパリーコース
というわけでツインリンクのスリパリーコースでスラロームしたら絶対
上手くなると思うんですよね。
もうね、参加者全員が転びまくるという危険極まりないスクールに
なると思われますが(爆)
ドライビングスクールは開催されてるようですね、バイクは走っちゃ
ダメなのかな、問い合わせてみようかな(。-`ω-)

カウンター
こんな感じで走ります(´_ゝ`)
冗談はさておきツインリンクには大型パンパー装着のレンタルバイク
もあるようですし、スクールにスリパリーコースがあってもいいよね。
リターンライダーの事故が多いようですがバイクの怖さを忘れちゃって
るんじゃないかと思うんですよ、柔道も受け身から習いますし
ここはひとつバイクも参加者全員が転びまくるところから(゚∀゚)

6Fパノラマ露天風呂
話しは変わって、寒いから嫌だと袖にされたので(謎笑)
河津桜には、ちょっと早いけど咲き始めてるようですし、いいお宿が
見つかりましたのでポチッと予約しました。
6Fパノラマ露店風呂から、夕景でも眺めますか。

テラス
風呂上りにはテラスで潮騒をBGMにビールでも。
西伊豆ですが、これで朝食ブッフェが付いてビジホとお値段変わりません。
土日は値段が上がっちゃうのが残念ですが平日なら河津桜開花中でも
お値段変わらないので隠れ家にしましょうか。
片道300キロなら一般道で充分かな、いざとなったらいつでも高速に
逃げれるしね、お~し、まだ寒いけど行ったるど~!

2015.01.31 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

前傾姿勢
チャリ画像ですが肘を張る!が早くもお蔵入りしそうなので(T_T)
肘を張ればハンドルから力が抜けてセルフステアを引き出せるんだよねと
思えばそうでないときもある(*´Д`)
フルロック旋回では確かに手応えを感じたのにタラ~ンと流したコーナー
でやっぱり立ちの強さを感じる。
で、肘を張ることで結果的に前傾姿勢になるから舵角が入りやすくなるのか?
よく分からないんですが取敢えずアウト側の肩がハンドルの切れ角に追いつけ
ないんでハンドルを絞っちまうか!というのは意味ないようです(T_T)
FZ1 FAZER なんとも不思議なバイクですが、この謎めいたバイクがもう少し
乗れるようになると、あらゆるバイクのハードルが下がるのかも。
しかし、軽くヒラヒラ感が最高的なインプレッションも存在するのはどういうこと?
優しいバイクではないよ、たぶんこっちが正解だと思うのですよ。

2015.01.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

肩のライン
後で書き足そうと下書きした記事が使えなくなるほどライディングに
関して主義主張が変わってしまいます(>_<)
立ちの強さというかハンドルから力が抜けないわけですがセッティング
で何とかしようとするのは無理があるのかも知れません(。-`ω-)
かといって単純に腕の力を抜けと言われて出来るようなものじゃ
ないんですけどね。
手放し感覚で腕の力を抜きますと画像のようにハンドルのラインと
肩のラインがちぐはぐになりがちです。競技に参加されるような方ですと
そんなの関係ないと言われそうですが、ハンドルから力を抜きつつ
ハンドルと肩のラインが一緒、喧嘩しないにはコツが要りそうです。

IMG_0911.jpg
バーエンドが若干上向き、ハンドルを自在に操るにはこの方が都合が
良いらしいのですが(ハンドル形状によります)このバーエンドの
延長線上に常に肘を置くようにすることで肩のラインが揃うかも?
ハンドル交換してますがほぼノーマルに近い一文字ハンドルですから
肘を張った威嚇するようなフォームになります。
肘から下がハンドルバーと一体になったかのように腕の全長が短く
なりますので肩を入れない限りハンドルは切れません。
これでハンドルバーエンドって上下左右、こんな複雑な動きするんだと
思い知りました。右に倒した場合、イン側はバーエンドの指す方向に
肘があるわけですから右肩は下がります。
アウト側は肘が空を向くように高くなりますので左肩は上がります。
当り前だろと言われそうですが、腕の自由度を制限することで
ハンドルと肩が平行で喧嘩せず仲良くできるメソッドを確立するには
これしかないのかも。
フルロックでかなりの旋回速度で回れていた筈なのに、こんなにエッジに
余裕があるのがハンドルと喧嘩しない効果なのかな。

2015.01.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_0907.jpg
一夜明けて未だ走ってないんですが(/・ω・)/
洗浄したんですがシリコーンルブリカントが残ってたかな。

IMG_0908.jpg
雨上がりでデロデロになったので、どっちみち洗車には耐えられぬと
剥がしちゃいました。
結局、夜間の反射を確かめることなく却下かな。
路面が濡れていると極端に車体が重く感じるのはハンドルに力が
入っているから。
路面のミューが下がればハンドルは軽く感じる筈ですからね。

IMG_0909.jpg
片手8の字も本日は却下!路面が濡れていたのでは怖くて逆効果。
で、パタッと倒れるんじゃないかと思うぐらい低速でフルロック回転。
ゆっくり小さくは意外と学びが多いです。
腰下で倒し込んでフロントが一瞬遅れて入ってくる感じです。
これがナチュラルなセルフステアなんでしょうね。

2015.01.27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_0900.jpg
この季節リビングのソファーで一夜を過ごしてしまった(*´Д`)
暖房消せば寒くなったら布団で寝るわよ、朝までぐっすりで
危うく凍死するところでしたよ(; ・`д・´)
朝から牛丼食べて駐車場で眺めるとゴムブッシュがステップを
フレームに接地させないような作りで良く出来てんな~
これはこのままでいいや(´・ω・)

IMG_0902.jpg
秘密基地でアイドリング上げて片手で8の字、こりゃあかん(。-`ω-)
こんなに走れないんだ・・課題にしよ。
で、腹が減ったので昼は佐野らーめんにしよ、おぐらやさんは
定休日なのでランキング2位、お初の森田屋総本店。

IMG_0901.jpg
口コミ評価が老舗のここじゃなきゃ!てのと、がっかりと両極端で
面白い。10分ほど並んで店内へ老舗らしい雰囲気も悪くない。
スープは鰹出汁が利いて濁りはありますがワイルドで嫌いではない。
ひとつ気になったのは麺の湯窯ですね、あの混雑で次から次へと
一つの窯で麺を茹でたのではヌメリが残ってしまいます。
ここで美味しく頂くには開店直後、たぶんそういうこと。

IMG_0903.jpg
駐車場も混み合ってましたので気を遣いました。
バイク1台で車の駐車スペースを使うのは気が引けます。
ここまでニーグリップを強めにしてハンドルから出来るだけ
力を抜くように走りましたが、いい時とあれ~?て時と
相変わらずつかみどころのないバイクです(´_ゝ`)

IMG_0904.jpg
今日は寒くないんでフラリと流すにはいい天気。
何気にダイソーが目に留まり、あれ?なにか気になるものが
あったなと思いだしたのがチャリ用リムステッカー。
視認性を上げるための安全グッズですが原チャリに貼って
異様に光る画像をみていいなと気にかけていたのでした。

IMG_0905.jpg
チャリ用ですが18インチ~と適度にRが付いていて貼り易いです。
青いのがこの店舗には1袋しかなかったので黄色を買って
別の店舗で青もGETしました。
なぜかステッカーの片面だけ角が丸いのでカットして継ぎ目を
分からなくしたのですが何せホイール片面50円と安いので
雑になります。買い直しても1袋に2枚入ってるんで
ホイール1本100円ですし(爆)

IMG_0906.jpg
ホイールの洗浄を兼ねても30分もあれば両面、両輪貼れます。
ステッカーは雑に扱うと破れたりもしますがFZ1の17インチですと
1袋で両面貼っても2枚余りますから大丈夫。
ご満悦でたまたま通りかかった上の娘にどう?て聞いたら
だっせぇ~、蛍光テープはないっしょ~(゚∀゚)
ドンマイ、青いのもあるし、蛍光テープじゃないから反射テープ。

2015.01.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_0898.jpg
ハーレーさんまた転んで原チャリで来てるらしいですよ。
で、カゴの中のヘルメットを覗くとスクリーンに傷が(。-`ω-)
ハーレーは壊れて十数万かかるとか、怪我無くて何より。

IMG_0899.jpg
明日の休日にステッププレートのグニャグニャするゴム外してと
目論んでましたが、よくよく見ればシフトペダルのリンクと
干渉しそうで内側には追い込めませんな。
外側から大き目のワッシャーで押さえてみますか。

2015.01.25 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_0891.jpg
そろそろかなと時々覗いてはいたんですが。
危なかった、ディスクに傷が入ったら大事です。

IMG_0890.jpg
よく分からないんですがパッド換えたら必ずこうなります。
エアー溜まりがあるのかとキャリパーを一番高い位置に吊って
もみたんですが(。-`ω-)

IMG_0894.jpg
とりあえずキャリパー組んでエアー抜きしてみましたが・・。
マスターシリンダーのO/Hが要るのかも。
で、フィーリングは悪くないんですが赤パッドの消耗は早いので
次は他のを試します。

IMG_0895.jpg
フロントブレーキレバーの角度、取り付け位置も調整します。
締め付けボルトは倒した時に折れないように若干緩めです。

IMG_0893.jpg
ラバーマウントされているために踏み込んでも反応の鈍い
ステップは次のお休みにでも何か対策を考えてみましょうか。

2015.01.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_0870.jpg
福井で2泊して帰路で延泊することにしましたので羽田から
京急快速で浅草に到着しました。

IMG_0873.jpg
淺草寺からの位置関係はあの辺ですね。
後に家人が観光したいというのでツアーガイドの下見です(笑)

IMG_0874.jpg
ホテルにチェックインしたら早速出掛けます。
22:00まで主要な建造物をライトアップしますので夜もいいですね。

IMG_0878.jpg
本堂は参拝する方が列を成しています。
浅草寺(せんそうじ)と読むですか(◎_◎;)
人形焼などの菓子、土産屋は「仲見世」と書くのですね。

IMG_0879.jpg
本堂のチタン屋根も鉄筋コンクリートでも風情はあります。
まあ、こういうことは知らなきゃ知らないでいい事ですし。

IMG_0880.jpg
あちらもライトアップ綺麗よ、と教えて頂いたので見れて良かった。
明日はあちらへのアクセスも下見します。

IMG_0881.jpg
夕食はカツ煮(謎笑)
なんとなくソースカツ丼と食べ比べ。
これはこれでいいです。

IMG_0882.jpg
ホテルへ戻る途中のコンビニで買い出し。
オッチャン達が表の喫煙所でアルコール片手に大声で屯してます。
タバコは売ってないなと思ったらなるほどご近所に。

IMG_0883.jpg
翌朝の朝食です。
スクランブルエッグ(黄色)を中心に配置してみましたが如何でしょうか。
盛り付けはね、アートですよ、アート、まだまだだな(>_<)

IMG_0884.jpg
これいいね、シェービングフォームにもなる。
いい香り、備忘録ですスミマセン。

IMG_0885.jpg
朝もひっきりなしに参拝者が訪れてます。
観光客が過半数でしょうか、ハイ後者です。

IMG_0887.jpg
一駅ですし土地勘を付けるのに歩きますか。
浅草寺近辺は観光バスが連なって乗客を降ろしたり歩き難いぞ(`・ω・´)

IMG_0888.jpg
ソラマチ、ソラマチ商店街て・・仲見世のがいい。
展望台へのチケット売り場は4Fです。

IMG_0889.jpg
平日の午前中ですが当日券購入までは40分待ち、まあそういうこと。
メチャクチャ高いのかと思えば見上げる限り大したことない。
リピーターにはなれそうもないので登らず帰路に着きました(^.^)/~~~

2015.01.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_00854.jpg
経緯は割愛しますが冬の北陸に行ってきました。
まずは羽田国内線ターミナル、あの小さいのかなと思いましたが
小松空港への定期便は思ったより大き目で客層はビジネス
プライベート半々と言ったところでしょうか。
夕刻ということもあって窓から見える北アルプスの美しさに思わず
子供のように窓に張り付いてしまいました。

IMG_0855.jpg
小松空港からは各方面へ急行のリムジンバスが出ています。
時刻表も便に対応していて分かり易いので便利です。
JR小松駅にもバス路線がありますがリムジンバスのが
使い勝手がいいようです。
悪天候で便が遅れますとバスが待っていてくれるとの情報も
ありました。

IMG_0856.jpg
予定日の前泊入りしていますので駅前のホテルにチェックイン
したら、独り呑みに居酒屋さん探しです。
見知らぬ土地での店選びは長年の経験が頼りです。
ホテルの案内にもあった「きはち」さんは福井のみに6店舗を持つ
チェーン店ですが、おツマミ2品で¥500飲み放題は太っ腹です。

IMG_0857.jpg
とりあえずビールですがツマミは季節魚のカルパッチョ、北陸の魚は
弾力があってどれも美味しいですが、タコが鮮度が高いのか
色艶といい、歯応えといい美味しかったです。

IMG_0858.jpg
北陸は魚とお思いでしょうが実は鳥も美味いのです。
駅前の名前は忘れてしまいましたが焼き鳥屋さんが満席で?
何かあるなと頼んだ8本盛り、これも正解でした。
よくあるクチャとした食感ではありません、ググッと歯を立て
串からグワシャと引き抜く、これぞ焼き鳥て感じです。
で、2杯飲むならお得ですよ、だったのに4杯も飲んでしまった(>_<)

IMG_0860.jpg
明けて翌日、今回集まるメンバーは仕事は無論、年齢層もバラバラです。
福井在住の主催者からは日付とホテル予約しましたの連絡だけで
集合場所や時間が明示されない、メールのやり取りからお互いの
スケジュールを読むという、今にして思うとよく集合できたなと(笑)
後に、無理のない範囲でという主催者の心遣いなのだと知りました。

IMG_0859.jpg
ランチは是非食べて欲しいと言われるソースカツ丼です。
メニューにはカツ丼とだけ書かれています、一般的なカツ丼は
煮カツと呼ばれます。ヨーロッパ軒さんはソースカツ丼の老舗
ですから煮カツなるものは置いてません。
福井に来たのに何で西洋料理なんですか?寿司にしませんか?
というジョークが出るほど、ソースカツ丼とかけ離れた暖簾です。
実はココだけの話、煮カツ派なんでソースカツ丼初体験です。
パリッとして鳥の旨みを感じますしソースが絶妙でこれで育った
なら煮カツには魅力を感じないというのも頷けます。

IMG_0861.jpg
ランチの後は蕎麦打ち体験付のランチです(爆)
蕎麦もと告げられていたのでソースカツ丼(小)ですから大丈夫です。
共有体験をしたがる人懐っこしさは人柄が滲み出ます。
意味ないことはしない!と言い切る東京組も楽しんでました。
蕎麦が各自二人前になり女性がギブアップしたのはここだけの話
にしておきます(/・ω・)/

IMG_0862.jpg
時化で漁ができず越前ガニが手に入らないと知ると越前海岸にある
道の駅で生簀の蟹を買い出しに福井から雪の峠を越えました。
黄色のタグが見えますか、これが越前ガニのステータスです。
これがいい、これ見せて、お値段聞いて生簀にもどします(笑)
結局、6千円の蟹を二匹、生け捕りにしました。

IMG_0863.jpg
福井に戻り片町の割烹料理屋さんに蟹を預け(蟹持ち込みです)
ホテルにチェックインしたら、いよいよお待ちかねの懇親会です。
弾力が違うと言われる通り、日本海のお魚は歯応えが違います。
サヨリの刺身の透明感とお味に魅せられました。

IMG_0864.jpg
ジャーン、黄色いタグを付けたままお出でです(´▽`*)
お店のご主人に褒められたというだけあって立派な蟹です。
東京から越前ガニを求めて訪れたということで、ご主人ご機嫌で
蟹談義で盛り上がります。
ビールから地酒に切替えカニを摘まんでお猪口でクイッと最高
でした。

IMG_0866.jpg
割烹料理屋さんを後にホテルで部屋呑み(二次会)して翌朝です。
夜通し振ったり止んだりして冬の北陸らしい風景になりました。
地上5Fでしたか立派な庭園を眺めつつ朝食を頂きます。

IMG_00867.jpg
あまり欲張らずに盛り付けを意識したのですが如何でしょうか。
どうしても1品づつ、あれもこれもと欲張っちゃいますね(笑)
蟹雑炊があるのは流石です、部屋へのお持ち帰りコーヒーとか
専用カップがあるのも有り難い。

IMG_0868.jpg
帰路に着く僅かな時間も惜しまず観光させて頂けました。
福井の観光スポットと永平寺、修行僧にカメラを向けるのは
ご遠慮くださいとの事ですが、建物内の撮影は禁止されていない
んですね。
山深い場所にありますので雪が積もっていて建物内は底冷えがするの
ですが修行僧さんたちは素足なんです(>_<)
広さ33万平方mにも及ぶ寺域は見ごたえがあります。

IMG_0869.jpg
福井駅に戻ってそれぞれが帰路に着きます。
駅の露天商さんお勧めの銀たら弁当をランチ用に買いました。
空港で食べましたが冷めても美味しいとの通り味付けが丁寧で
美味しく頂きましたが、甘海老の海老フライは尻尾だけ?とか
言われていたように見た目が(笑)
無事に羽田空港に到着、この後に浅草に一泊したのですが
なかなか良かったです、機会がありましたら後ほど。
ともあれ素晴らしい北陸の旅となりました、お世話になりました。

2015.01.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

20151745.jpg>
speedrpmはギア比、タイヤサイズから速度・回転数の換算表を作成しくれます。
定義済みデータは車種選択するだけで簡単、手間要らずお勧めです。
上記表はノーマルデータでFスプロケ17丁、Rスプロケ45丁のものです。
最大トルクを発生させる8千回転、1速ですと92.6㎞/hも出てしまうんですね。
ちなみに高速道路100㎞/h巡航で約4千回転と1速がロングで、そこから
凄まじくクロスしているのがこの表からも窺えます。

20151460.jpg
こちらはFスプロケ14丁、Rスプロケ60丁というショート仕様です。
二次減速比(4.286)とあり得ない仕様ですが、FZ1を○○仕様
にしますと上位選手なら、この位になるのではないでしょうか。
別に競技に参加するつもりはないのですが、チェーンもスプロケも
そろそろ限界だなと思ったら、折角交換するんなら覗いて見たい
世界があるだけです(◎_◎;)
一般道なら特に問題ないと思うんですよね、問題は6速100㎞/hで
7千回転に迫るという部分だけです(/・ω・)/

続きを読む

2015.01.15 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |