FC2ブログ
温泉ツーに行った割には写真がない、乗鞍岳は紅葉が始まったのに!です。
温泉は泉質が気に入っている平湯温泉ですから申し分ないのですが、
目的はライディングをあれこれ試すためなので、その先に温泉や紅葉があっただけです。

始めに試したのは出来るだけハンドルに力を入れないように手放し感覚。
これは結果的にはあまり意味なかったようです(-ω-)/

次に試したのはイン側の手をフリーにする
ステアリングが切れ始めれば素直でいい練習になるかもと思いましたが、倒しこみの
キッカケが分からなくなりました(>_<)

そしてフロントブレーキを使ってハンドルを切り増す。
ある程度の進入スピードが要るので、いい練習になりました。
これが出来るようになるとアウト側で溜めが効くようになりライン取りに幅がでます。

最後に向かいたい方向に胸を向ける。
ストレートでバイクの進行方向から僅かに胸の向きをズラすと思いの外、バイクが
追従してきます。
調子に乗って顔の向きを45°ほど進行方向からズラすと何も起きなくなったりします。
まるで調子こんでんじゃねぇぞ!とバイクにソッポを向かれたかのようです。

顔と胸の角度を揃える(首を回すとバイクの追従モードが解かれるような?)
これで新たな展開です。つまりは常に胸を向かいたい方向に向ける!は結果的に
顔も向かいたい方向に正対するということなのでコーナーを横(平面)から見るような
ラインを描けない状態を回避できそうです。
コーナーですから曲がってますが感覚的には一本橋のような感じでした。
たとえ360°回転するとしても顔と胸の向きは33°程度で(FZ1のハンドル切れ角)
これ以上、回し込んでもバイクの追従モードは働かないと思われます(女性のジムカーナ選手
で真後ろを見ているような人もいるので真意は定かではありません)
あとは余計なことをしなければいいのだけど、、こんなんで曲がれるのか?てのが払拭でき
ないと怖くなって、また色々やりだすわけです(笑)
あとは練習あるのみ!あ、そうそうハンドルから力を抜くといっても手を離しちゃダメです。
微妙にハンドルとリンクしている、そう思います。
片手で練習している人は?片手はいいんじゃないのかな~(自分には到底無理!!)

2015.09.24 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_1146.jpg
20日に参加したライスクですが結果は・・全然ダメでした(>_<)
指摘を受けたことだけやろうと決めてたのに出来ないし・・

1)ブレーキを掛け過ぎてスピードを落とし過ぎる
2)コースの中央を走ってるライン取りが大切
3)上体が起きるのでやや伏せて、もしくは腕に余裕を作って

こんな感じの指摘でしたが

1)立ちが強くて倒れる程、ブレーキしないと寝ないです。
2)アクセルを開けるとギクシャクするんでライン取りどころじゃないです。
3)伏せても腕に余裕を持たせても力が入っては意味ないです。

結局は腕に力が入ってセルフステアを邪魔してるのです。


で、スクールの帰り道、手放しに近い感覚でハンドルフリーで寝かせようと
するんですが曲乗り?て感じでジタバタしても根っこが生えたようにバイクが
直立したまま動かないのです。

上体だけ45°方向に向けるつもりでも、にょろ~と曲がる程度(T_T)
リア側に乗った方が曲がるようにも思いますがハンドルに手がやっと添えられる
程度なのでハンドルが切れたら肩で追っても足りません。

もう今までの経験チャラにするつもりで、ありとあらゆることを試して
あり得ないとも思えるインステップを踏むというのも試すと、お~、、寝たよ。
今までインステップを踏んでも何も起こらなかった、もしくは微動程度でしたが
ハンドルフリーですとこれほど効果的な方法はない。

でも、急にハンドル切れるとやっぱりグッとハンドル支えるように力が入ります。
これは、えっ?て無意識の領域ですからね、これを直すのにはいつまでかかるのか。
とりあえず明日からの温泉ツーでハンドルに手を添える程度で頑張ってみます。

グーバイクで仙台に程度の良いVFR800があるね・・公機でも実績のある名機ですから・・
買わないよ、たぶん・・過去TZ乗りにはRSホンダは敵ですじゃ(。-`ω-)

2015.09.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

秘密基地で8の字すると、やっぱり何か違う(>_<)
前傾を強めようが、顎を上げようがダメなときはダメ!

フルロックターンを延々繰り返し少し良くなったかなと思いきや
腕とハンドルがシンクロしないんですよね~。

胸を向ける、ヘソを向けるでしたか、この方がいいような。
ファイナルロングに振ってクラッチ併用しないとエンジンストールしそうですが
20日のスクール申し込みました。

もう、コソ練ではどうにもなりませぬ(T_T)

2015.09.16 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

IMG_1143.jpg
お得なプランということであまり期待してなかったのですが充分でした。
お一人さまプランがないので家人を誘って頭数合わせ。
一泊二食付いてビジホより安かったのに朝食もこのボリュームです。

リフレッツ倶楽部は企業の保養所を一括して受託運営するサービスで
リフレッツ那須は富士通の保養所ですね。

若干、全館禁煙で禁煙スペースが限られていたり入浴時間に制限が
あったりしますが、あらゆるところが広々していますしマッサージチェアが
無料であったり、やらなかったけどカラオケ、卓球も無料です。

普段の会話では耳の痛い話であったりすると用事を思い出したりしたように
逃げ出すんですが、宿泊先ですと風呂ぐらいしか逃げ場がないので(笑)
ゆっくりお話し出来たのも良かったです。

2015.09.08 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |

伏せて肘を抜くと腕に力が入らずスンナリ寝かせられる。
実は、これは結果的に視点が下がるのを抑制する効果があることに
気付きました。ブレーキングとか伏せたままでは流石に
視界が悪いので、そのまま(←実はココが重要)上体を軽く起こしますと
それでも、いままでと違う、もう少し説明するなら景色が違う。
上体を起こしたと言っても、かなりの前傾姿勢だからかなとも思ったんですが
ここでハタッと気付きました!もしかして視点が上がったからかも。

伏せるような状態では流石にタンクを眺めるわけにもいかず頭を上げます。
どちらかというと首の後ろに皺が入るほど顎が上がっているわけです(個人差はあります)
前傾が強いと首を斜めにするように進行方向を向きますが、これは重要ではないような。
偶然というか、そのまま顎が上がった状態で苦手な右コーナーを曲がることに
なり、あれ?スンナリ曲がれたな~と。

視界が近過ぎるとライスクで指摘を受けながら(しかも複数のインストに度々)
遠くを見ろ!と言われたかと思って先々を見るようにしたのですが
頭が下がって上目使いに目線だけ上げたのでは上手く行かないようです。
この辺の理屈は理解できてません。

ハングオフなら楽に曲がれるのにな~と思っていましたが、これは前傾が強まると
首を上げて結果的に視点が上がる、そういう事なのかも。
顎が上がっていると、ちょっと格好悪いか、とも思いますが(昔は顎を引くのが一般的?)
こりゃいいぞ~、情報量が違う(わかりづらいですね、先行動作は先読みですからね)

ソロツーで酷道も走るので路面状況を注視する癖が付いたのかな?
山深い峠ではペースよりも安全に下りてくることのが大切ですので。
あくまで個人的な悪癖(視点が近い)からであって顎を上げても速く走れません、きっと。
情報処理能力には限りがあるので近間を素早く捨てるということでもあります。
例えばリアタイヤ、、もしくはフロントタイヤが轍に乗るか、かわせるかなんてのは
後追いで先行動作の振り返りでしかないのでしょうね。

なるほどな~、これだといくら8の字練習しても上手くならないわけだ。
でも路面から1メートル視点を上げててのもやった事あるんだけど・・?
それから、あっ!1万円落とした、てぐらい裏を向くのもやったんですがね。
あっそっか、落としたてのも視点が下がっちゃうからダメなのか(笑)

一般道を走る分には顎上げで、かなりいい感じ、ただバイクが視界から消える
のでバイクに乗ってるって感覚が希薄になるのがちょっと不安です(慣れるのか)
思いますに視点とバイクの向きのギャップ、バイクが後追いの感じとも言われた
ように記憶してますがニーグリップを緩めてしまうとバイクがいつまでも後追い
せずにバイクと身体が離れてしまう(限界はあるのでしょうが)この感覚に慣れない
だと思います。

ん~、、左は狙ったラインを描けるけど右は途切れてしまう、、もうちょっと先が
ありそうな?ハングオフなら問題ないんですよね、視点が流れてるのか?
長くなりそうだから、またにしよっと、もう寝ま~すって、もうすぐ日が昇るな(笑)

2015.09.03 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |


7月末に訪れた北海道で過去記事になりますので写真のみです。

IMG_1108.jpg


IMG_1109.jpg


IMG_1110.jpg


IMG_1113.jpg


IMG_1114.jpg


IMG_1116.jpg

IMG_1117.jpg


IMG_1118.jpg


IMG_1120.jpg


IMG_1122.jpg


IMG_1123.jpg


IMG_1124.jpg


IMG_1129.jpg


IMG_1130.jpg


IMG_1132.jpg


IMG_1133.jpg

2015.09.02 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |