FC2ブログ
動的感性工学概論

>工学的にはニュートラルステアがベストと思われそうですが、感性的
には違います。一般的にも言われることですが、むしろ適度な弱アンダーな
特性を、ステアリングで補正しながら曲がる方が安全かつ気持ちがいいと思います。


4輪車(車)の話ではありますがバイクの場合も下記の事実があるのを忘れては
なりません。

>半径50m、30m、20mの定常円旋回走行での定常走行時の舵角、保舵トルク、
前後輪横すべり角、前後輪タイヤ力・モーメントの計測結果とシミュレーション結果
を示す。舵角についてはバラツキが小さく、シミュレーション結果とも良く一致した。
保舵トルクについては大きなバラツキが見られた。しかし、同じロール角の場合、
旋回半径が小さいほど大きな値を示すという点ではシミュレーションと一致した。


バイクの場合はオーバーステア特性ではハンドルが切れ込むという感性的には
オーバーステアと認識されていない?現象がありますし、旋回半径が小さいほど
その傾向が強まるとの調査データもありますので仮に適度な弱アンダーな特性
を持たせてたほうが安心感があるとしたらどの旋回半径をターゲットにするか的
を縛るチューニングが要るのかも知れませんね。

ましてや前輪荷重加減でこの特性は変化するので弱アンダーでハンドルが切れ
込まない状態からフロントブレーキでハンドルを切り増すなどの操作が可能だと
して懐の深さ、弱アンダーから弱オーバーステアが走破性ならびに安定感に効果
がありそうだと思うのです。競技志向では弱オーバーステアから強オーバーステア
なんてのもありなのかも知れませんが曲がり過ぎる特性が全てにおいて勝っている
とも思えません。

回転でニュートラルステア特性だとどうなるんだろ?アクセルをどのくらい開けたら
フルロックが解けるのが理想なのでしょうね。いづれにしましも快適特性?の味付け
を何処に持って行くか、舵角の入り加減を感じる感性(ハンドルに入力しない)が必要
になってくるようです(あくまでチューニングの領域ではということです)まだ、操舵を
諦めたわけじゃないから!(´_ゝ`)

2016.04.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

操縦特性

中略
>例に示した保舵トルクは正の値を示した。この場合の正の値は反時計回り
の向きである。すなわち、時計回りの旋回に際して、旋回する方向と逆向きの
トルクを加えたことを示し、舵が旋回する方向に切れ込むのを抑制する当て舵
を加えている。


中略
>リーンインにすると操舵角絶対値は増加し、保舵トルクは当て舵が小さくなる、
或いは、引き舵になる場合があり、前輪横すべり角も絶対値が小さくなり、旋回
中心から離れる向きになる場合があった。一方、後輪横すべり角は旋回中心
から離れる向きに増加した。


中略
>リーンアウトの場合は操舵角絶対値が減少し、操舵トルクは増加した。
前輪横すべり角は旋回中心に向かう向きに増加した。後輪横すべり角は旋回
中心から離れる向きで見て減少した。また、タイヤ力についてはリーンアウトの
場合はリーンインと逆に横力がわずかに減少し、Mxはロールを復元する向きと
逆に変化し、Mzはロールしている側に切れ込む方向にわずかに増加した。


>中略
“速度が増すときに、舵角が減少するのでオーバステアである”という四輪と
同じ評価方法は二輪車の操縦フィーリングと結び付き難い。また、4章にて示した
ように舵角が小さくなり、本指標ではオーバーステアが強まると評価されるリーン
アウトの場合は、保舵トルクが大きくなり、気を緩めると舵が切れ込むことにより
ロール角が減少し、旋回径が大きくなってしまう傾向を示す。このことは四輪の
オーバーステアの性質と逆になるために、混乱を生む場合があると思われる。


え~と、むずかしいな(笑)
保舵トルクというのがオーバーステアであるとかアンダーステアであるとかの指標
になるわけですね。で、保舵トルク0というのが手放しが可能な状態のようです。

この車両はオーバーステアの傾向を示し、ここがややこしいのですが速度が増す
ときに舵角が減少するオーバーステアというのはバイクの場合は保舵トルクが大
きくなり舵が切れ込むわけですね。

>半径50m、30m、20mの定常円旋回走行での定常走行時の舵角、保舵トルク、
前後輪横すべり角、前後輪タイヤ力・モーメントの計測結果とシミュレーション結果
を示す。舵角についてはバラツキが小さく、シミュレーション結果とも良く一致した。
保舵トルクについては大きなバラツキが見られた。しかし、同じロール角の場合、
旋回半径が小さいほど大きな値を示すという点ではシミュレーションと一致した。


ここ重要なんで文字色変えてみましたよ。
つまりはオーバーステアであるほど旋回半径が小さいほど保舵トルクが大きくなり
舵が切れ込むということでいいですよね。

何回も読み直して自分の身に起こっている症状を当てはめますと、より曲げたい
ためにサーキットで曲がる仕様、前輪荷重、キャスター角を立てたりしますとオーバー
ステアが強まりパイロンスラロームでは舵が切れ込む症状が悪化するわけです。

これをこの論文では逆転舵と言っていますがハンドルが切れ込むのを腕で阻止
しますと操舵反力(合ってるかな)より保舵トルクが大きくなり逆効果なわけです。
なんだよ、だったらアンダーステアな曲がらない仕様にすればいいんじゃん。

フロントサスのスプリングイニシャルを最強、ダンピングイニシャルも最強、フロント
ガチガチな仕様にしてみましたが・・続く。。

2016.04.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

不文律

Wikipedia では広義に明言されていない規則やしきたりのこと。
なんとなく頭に浮かんだワードを検索しただけですが最終的にココ
だけは押さえて置けばなんてのがありますよね。

ゴルフも上手ではないんですが最終的にインパクトの形、腰の位置
手の位置、肘の位置など、どこに上がってもソコさえ押さえとけば
何とかなるという不文律に行きついたのです。

ここはバイク関連のブログですのでゴルフの話は置いておいて、
バイクにもそれは当然あって然り、力むな!なんてのは何処?て
話しになるのでココはこう、こっちはココなど具体的なのがいいん
ですがね。

ハンドルと肩のラインは平行!いろいろ検索して見つけたのですが
これなんか具体的です。なんで?てのにハマると上達の妨げになった
りすることもありますから(経験談)さっさとやっちゃえばいいいのです。

で、舵角を追いかけてるだけで何か違うな?身体の正面を向かいたい
方向に向ける、ちょっと具体的でなくなったのでヘソを向ける!
こうなるとハンドルのライン、肩のライン、ヘソの向きがリンクします。

これは上半身ごと向けるということに他ならず(←間違ってる?)
更に精度を上げる為に肘の高さ、ラインも合わせてみましょうか。
こうなるとキツイ!50肩が、、バーエンドの延長に肘の高さを
キープしようとすると非常にキツイ(>_<)

だがどうでしょう、やることが明確でチェックし易いじゃないですか。
これは身体の捻りではなくてツイスト?上半身と下半身を腰で分ける
感じですね。

これで視界が変わります、考えてみれば当たり前ですが正面に身体が
残っていると視界が横に流れます。これではライン取りどころではありま
せん。走行ラインに対して出来るだけ身体が正面、進行方向に正対する
ということですね。

向かいたい方向をしっかり見る!も目線だけで追わなければ首は背骨
についてますから同効果が得られるようですが、目だけで追っているのか
顔ごと向けているかの判断に迷うこともありますから肘の高さ、肩のライン
ヘソの向きとチェック項目を増やすと精度が上がると思って暫く頑張って
みることにします。

2016.04.25 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1281.jpg

コソ練の場所でやられちゃったよ(>_<)
近所のご迷惑にならないように気をつかってきたのに・・。

やられちゃった写真を撮影していると芝桜公園はこの辺?
と車から声をかけられました(;´・ω・)

もっと北ですよと返すと車を少し先に停めて検索中?
せっかくコソ練場が空いているのにツイてきてと先導することに。

いい人はやめたんですがね、お願いします、ありがとう!と言った
側から、あのバカと吐き捨てる子悪党も多いですから。

IMG_1282.jpg

芝桜ではないんですが牡丹桜?満開です。
テレビでプロのカメラマンが桜はとんでもなく難しいと言ってました。
誰が撮っても同じもの、引いても寄っても似たり寄ったりと。

ゆっくり8の字で左右差を慎重にチェックして行くと上半身の使い方
が明らかに違う。

上手に使えたときには外膝にフックの感覚が残る。
やっぱり習ったこと8の字の基本を忠実に練習するしかないのかも。
随分、遠回りしたな。

2016.04.24 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

エアレース

傾けて曲がるという意識を排除する、それでもカーブで真直ぐ
突き刺さるなんてことはなくて、それなりに曲がります。
誰だって突き刺さりたくはありませんから当たり前なんですが。

どうやってバイクをロールさせるかなんて考えなくたって曲がるんです。
何もしなくても曲がるよな~、なんてやってますとハンドルを押さえたり
余計なことしてるのに気が付いたりします。

操舵してロール角をコントロールできるのは分かりました。
ただ、カクンカクンするんですよね、クイッと傾いてピタッと止まる。
もうちょっと曲げようとうとするとカクッと傾いてピタッと。

一見、コントロールできていて乗れてるな~なんて自己満足して
しまいがちですが、カクンカクンしない走りを見てしまった後では
やっぱ違うんじゃないかと葛藤も起きますわな。

ハンドルから力を抜いてしっかり向かいたい方を見る!
で、まただよ!といい加減、堂々巡りに泣けてくる(T_T)

例えば変則的なコの字のようなカーブではロールさせて起こして
またロールさせるなんてことをするんですが、そういうことをしなく
ても走り抜けてしまう人がいる。

ハンドルは無段階に切れるわけで本来、カクンカクンするほうがオカシイ。
あるところで自由度を奪われてしまうのはハンドルを固定してしまって
いるとすれば納得も行く。

これが無意識だと非常に厄介です!
もう長年の悪癖←この言い回しも飽きたけど突如として勝手に発動する
ので、おっと、と思っても時すでに遅し、反発なりおつりを頂いてしまい
ます。

切れ込んでくるハンドルはアクセルで支える!これが出来なきゃ延々に
負のスパイラルから抜け出せないよ(~_~;)
ハンドルを支えようとしたり、押さえようとするとカクッと折れるハンドル
売ってないかな。

2016.04.23 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

勇気

決してハンドルを離してはいけないとでも習うのでしょうか。
おもちゃのバイクがパタッと倒れてもライダー(人形)が乗車姿勢
を保ったままの画像を検索していて見つけました。

中には空中に浮いてしまったバイクで乗車姿勢を保ったまま
左足だけちょっとステップから外れてましたが、もっと凄まじい画像
もあったのですが動画から切り抜いたようでピンボケでしたので
こちらの画像に。

直立のバイク上で乗車姿勢を取り、そのままの姿勢を崩さないのは
勇気が要ります(そう思います)白バイではバンク角を抑えるために
一部、リーンインの姿勢も取りますが基本マシンセンターに乗っている
ように見えます。

バイクを傾けるとき出来れば身体ごと傾けたくない、できればバイク
だけ傾けたくなる衝動に駆られます。ハングオフでさえバイクの傾き
と身体の傾きが一緒なのは最近のことで腰を落としヘルメットがバイク
のタンク中央にあれば傾きはバイクと同調してません。

真横にパタッと倒れるような傾けかたは、そのまま倒れるんじゃないか?
傾け過ぎたらどうする?など何かしかの余力を残したくもなります。
身体が残っていればバイクだけひょいと起こすような芸当も出来ます
からね。

ニュートラルステアをバイク任せでなく、引き出すのに体重移動を控え
視線重視にするのにも勇気が要ります(そう思います)
それはコーナー進入でコーナー曲率に合わせるということで、エイヤッ
と目分量でロール角を勝手に決めてしまうのとは違うようです。

コーナー進入で一気に向きを変えてしまいたい衝動に駆られますと
『インに早く寄り過ぎで症』に陥る可能性もあります。
これは非常に楽しくないもので寄り過ぎたらバイクを起こすしかなくて
立てて曲がるようなものですからアクセルも開けられません。

ミドルキープで走りますとコーナー進入ラインは斜め前、で見た目ほど
曲率がきつくないなと思うようになりました。特に右コーナーは出口まで
見渡せてしまうケースも多く『インに早く寄り過ぎで症』の原因の一つだと
思います。

いつになく長文になりますが頭の整理整頓をするために書いているよう
なものですし、語りかけるような文章も頑固な自分を説得するようなもの
ですので、もしも読まれるような方がいましたらご了承くださいね。

さて、さて、備忘録ですよ、個人的な備忘録!おもちゃのバイクがパタッと
倒れるようなイメージですよ。バイクの上のお人形さんは体をスライドさせた
りしません、肩のラインはイン下がりになります。よって頭は水平をキープ
するために顎上がりになるはずです。

2016.04.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ジェットコースター

保舵トルク0を引き出す、ハンドルから力を抜くということはそういう
ニュートラルステアを意識した走り方をするといいということ。
つまりはオンザレール感なのではないでしょうか。

例えば自虐ネタですが右コーナーは寝せすぎる、そうすると曲がり
過ぎる(舵角が入りすぎる)のでハンドルを支える。
傾きに合わせたセルフステアを邪魔するのでバランスを崩す。

コーナーの中で一方向に操舵している時点で失敗なのです。
辻褄合わせをしないように常にニュートラステアを意識した走り方
をしなさいということ、それにはハンドルから力を抜く習慣がいいと
いうことですよね、きっと。

ハンドルが切れ込んだらおそらく失速なのですよ、アクセル開けなきゃ。
操舵すると言っておきながら左右の遊びというか、ニュートラスステアを
探っているような当て舵で結局はニュートラルステアを探っていたような
気もします。

無意識に習慣でハンドルに力が入ってしまう人は一方向に入力して
いないか、ハンドルの遊び(ニュートラルステアですが)を常に探る
ように左右に当て舵を入れると気付けるかも知れません。
まあ、ハンドルに力を入れないと同意義な気もしますが?

SA(スリップアングル)CF(コーナリングフォース)はどこいった?
まあいいや、とりあえず(´_ゝ`)

2016.04.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ジェットコースター

>マシンのセッティングが最適状態にあり、コーナーをドライバーの意のままに
ニュートラルステアで走り抜けることができる状態をいう。レールの上を走って
いるようであることから、ドライバーがよく使う言葉である


久しぶり8の字でこのオンザレール感を失う(>_<)
ここ最近、いい感じだなと、乗れてる感もあっただけに変わってないじゃんと
ショックが大きい。ダメな事を書いても仕方ないが個人的な備忘録として。

左は舵角の入り方に強制的なものを感じるもののまあいい。
右の後半でフロントタイヤの接地感が薄くなってカクッと切れ込んだりする。
アクセルを開ける頃なのでフロント荷重が抜けるという感じ。

いいかげん諦めて帰路に着くもフロントの切れ込み感が残り、オンザレール
を取り戻すのに暫し時間がかかりました。
身体の入り方なのか、やっぱり8の字で左右で景色が違うのも気になる。

身体が逃げてるのか、ハンドルに余計な入力をしてるのか、それともサスの
セッティングによるものか、悩みは尽きない。この辺をじっくり検証する必要が
あるようです。

フルロックターンするとフロントタイヤのエッジが摩耗するのが痛い。
バターになるほど回っても何も得られないときもあるから・・。

2016.04.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

二輪横すべり角

加速するためにある!たしかケニーロバーツ氏の言葉だったと思いますが
当時の紹介した雑誌でも加速重視と解釈したようですが、どうもニュアンスが違うん
じゃないかと。

4日振りにバイクに乗ると、あれ?雰囲気が違うな、そうそうミドルキープでしたと
感覚を取り戻していくのですが、何か物足りない。
一般道で進入スピードを上げるのはリスクがあり過ぎるので余裕があるなら
加速してみるか、ん?・・。

リアが外から回り込んでくるような感じ、レーシーだな~と感覚的なお話ですが。
で、思い浮かべたのがトップの画像ですがフロントには内心にSA(横すべり角)
が付く、リアには外側にSAが付く、まさにリアが外から回り込んでくるような
状態がデータ解析されているわけです。

CF(コーナリングフォース)はタイヤの捻りです、そう勉強してきました。
SA(6°~10°)だったと思いますが最大パフォーマンスの間はアクセル
を開けた方が曲がる!そういうことではないでしょうか。

冒頭のコーナーは加速するためにある!はコーナー入り口から加速区間として、
開けて曲がる!とも受け取れるような。
後輪横すべり角を感じる感性(グリップ感でもいいんですが)あれば開けて曲がる
方がリアサスがしっかり沈み込んで路面に吸い付くような安心感もありますから
有効ではないかと思います。

向きが変わってからアクセルを開けたのでは間に合わない?なにが間に合わないの
か分からないんですが(笑)もう少し感覚を掴んでから追記しようと思います。

2016.04.18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1276.jpg

EFFEX(エフェックス)が社名だと思ったらPLOTなんだね。
忙しくてクラッチワイヤー交換できなくてもう4日もバイク乗ってない。
これって個人的には一大事で車に乗っていると普通の人になって
しまう(@_@)

IMG_1277.jpg

触れるものならやってみなと言わんばかりのマスの集中化(>_<)
ここまでだってリヤシート、メインシート、インナーカウル、タンクと外して
きたのに。

IMG_1278.jpg

こいつがドンツキの元凶#30 ECUですね、ちょっとズラします。
この斜め下にクラッチケーブルを留めているガイドがあるので
根元から外してしまいます。

IMG_1279.jpg

エアクリーナーBOX、ラジエーターホルダを緩めてケーブルを引き込み
ました。知恵の輪状態でしたので古いケーブルを片側抜いたら片側だけ
Newケーブルを通して置くという方法を取りました。
クラッチ側はホルダーごと外してケーブルを引き出して工具を使った方が
早いと思います。

IMG_1280.jpg

やっと交換できましたよ、いや~狭い、狭い!(>_<)
クラッチを握ってみると、あまりの軽さにあれ?と拍子抜けするほど。
FZ1はクラッチが重いとR1パーツを流用する手法が流行ってるけど
必要あるのか?てぐらい軽いです、ワイヤー交換で充分じゃね?
それにしてもクラッチが軽いってこんなに素敵なんだな~(*´▽`*)

2016.04.18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |