FC2ブログ
リア荷重?

>オーバーステアとかアンダーステアという言葉は、本来クルマのステアリン
グ特性を表すものです。一定のハンドル角で大きく旋回しているとき、速度が
上昇するに従って、クルマが内側に切れ込んでいってしまうことをオーバース
テアリングといいます。一般的には速度の上昇に伴って後輪が横滑りすること
から起きる現象で、これをコントロールするには、アクセルを緩めて減速させる
ことが必要です。ただし、減速させ過ぎるとクルマの荷重が前にかかり、後輪
が浮き気味になることで、さらなるグリップ力の低下を招き、オーバーステアリ
ング特性が強調されることもあります。


バイクの場合は?舵角を保ったままというのが事実上、不可能ですので定常
旋回で速度の上昇に伴って横滑りするのは後輪ということになるのでしょうか。

>定常円旋回における小さな舵角の増減をライダは通常実感できず、同じ旋回
径で走行する場合で、“速度が増すときに、舵角が減少するのでオーバステアで
ある”という四輪と同じ評価方法は二輪車の操縦フィーリングと結び付き難い。


はい、はい、小さな舵角の増減は通常実感できないのですね。

>指標ではオーバーステアが強まると評価されるリーンアウトの場合は、保舵ト
ルクが大きくなり、気を緩めると舵が切れ込むことによりロール角が減少し、旋回
径が大きくなってしまう傾向を示す。このことは四輪のオーバーステアの性質と逆
になるために、混乱を生む場合があると思われる。


混乱してますが、フロントの減衰力を弱める、フロントフォークの突き出しを増やす、
前輪荷重を増やすも舵が切れ込む方向は間違いないようですのでオーバーステア
が強まるでいいですよね。

この逆方向のアクションがオーバーステアを抑制する効果があるのも間違いありま
せん。問題はオーバーステアの何が悪いの?ということですが、何といっても接地
感の薄さ、スコッとハンドル切れたら怖いですから。あとはフロントとリアタイヤの内
輪差がライン取りを難しくします。フロントが外いっぱいでリアが内いっぱいではラ
イン取りどころではありません。

ということでアンダーステアとまではいいませんが、ニュートラステアを模索するのが
安全ならびに楽にライディングできる肝なようです。ということでブレーキなどの減速
でハンドルをPush してしまう癖のある私のような人はPull するつもりぐらいでいいか
と 。後輪荷重は七難隠す?後輪荷重といってもリア寄りに座ってしまうとニーグリップ
の接地感が減って身体が前に行かないようにするだけでいっぱいいっぱいになってし
まいます。後輪から荷重を抜かないで減速Gに耐えられるフォームが理想的でしょうか。

この辺りでハンドルに力を入れるなとかニーグリップがいかに大切かと力説するアド
バイスも腑に落ちます。

まじで?

骨盤の向きはこんな感じ?あくまでイメージです(笑)

2016.05.05 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |