FC2ブログ
IMG_1225.jpg

怪我や病気はお医者さんにしか治せないのでお任せすることにして
バイクバカは突っ走るしかないね、時々顔を出す事にします。

さて、ライテク関連のネット検索には注意が要ると書いて置きながら
『バイク ジムカーナ アクセルの遊び』で検索すると出るわ、出るわ
ほっほ~か、惜しいね~とか、違うんじゃねぇのか?と色々です。

もしもここも覗く人が居ましたら、そういう風に参考程度にして頂けた
らと思います。ライテクで議論するつもりはなく、あくまで自分の正解
を模索しているに過ぎませんので。

やっぱりアクセルの遊びを無くしてしまう人もいるのですね、ハンドル
を左右に切った時にアイドリング回転数に変化がでないように注意
とか。

今日もお買い物に乗り出しましたが、アクセルの遊びは常に取るつ
もりでいいかな、制動距離が延びてしまうときにはアクセルが少し
というか結構、開いてしまっているようです。

大型バイクはトルクがありますから2千回転ほど回ってますと結構
ブレーキの握り加減が変わります。2千回転までアクセル開けるの
って実はほんのちょっとなのですよ。

空いてる道路を走行中にアクセルの遊びを取ったり緩めたりします
とスムーズに加速できるときと、できないときがあったりします。
トップギアだと誤魔化しが効いてローギアほどシビアですね。

これをブレーキングの最中にも練習します。アクセルの遊びと取った
り緩めたり、トラクションが欲しいときに間髪入れずに欲しい量が引き
だせるようになるまでコーナリング中も。

あくまで練習です、外乱があってもアクセルの遊びを取った状態に
瞬時に持ち込めるように。この状態を常にキープできるなら必要な
いですね。ブレーキング中にキープするのは意外に難しいです。

これってトラクション旋回?減速と微量なトラクションが混在してるん
ですよね、車体はブレーキとアクセルでコントロールする、体重移動
は最小限に視野を確保する!そういうことかも知れませんね。

2016.05.10 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |