FC2ブログ
fce.png

調べれば調べるほど06FZ1のドンツキは絶望的 (>_<)

>簡単に説明すると、フューエルインジェクションをコントロールしてい
るECUが、アクセルを戻す操作をすると燃料をカットしてしまうのです
が燃料カットのやり方が極端で・・


>FCEとは、 「Fuel Cut Eliminetor」の略で、イギリスの会社「IVAN'S」
が開発したパーツです。


ドンツキの症状は感じる感性の違いもありますがアクセルを戻す全て
の操作に影響します。シフトアップは勿論、シフトダウンでさえキルス
イッチで失火させたような状態、例えば減速中にキルスイッチをOFF
ONするのを想定して頂ければ良いかと (T_T)

シフトアップでも同じような症状がでますからヘタになった、もっと言え
ば誰でもヘタになる。これをアクセルワークでカバーするにはアクセル
を戻したら即、微量開けます、ワンテンポ置いてからドンツキに怯えつ
つ慎重にアクセルを開けるのです。

アイドリング回転数を上げると緩和されますが燃費やエンジン発熱量
の問題もあって街乗りには向きません。インジェクションの初期型には
多かれ少なかれドンツキはあるようですが冒頭の燃料カットのやり方
が極端で・・とあったように06FZ1はドンツキの代名詞でもある。

このドンツキを最大限誘発するにはアクセルOFF、間髪入れずにワ
イドオープンです。並走するお友達が何やってんだ?と驚くぐらいに
バイクがガックンガックンすることでしょう。先にも書いたキルスイッチ
をOFF、ONするような症状です。

というわけで街乗りからサーキットまで、まんべんなく影響がありますし
パイロンスラロームではあり得ないほど手を焼きます(泣)
イギリスの会社「IVAN'S」 が開発したFCEが評価が高いようですが今
更、パーツに頼るには距離も時間も掛け過ぎました。

スロットルポジションセンサーやら、燃調やら、サブスロットルバルブな
ど触れるところは触って良くならないので残るは、アクセル戻したら即
微量開けるか、アイドリングを下げてアクセルワイヤーで微量開いた
状態を作ってしまうかですが後者は可能なのかな?

ネガティブなことばかり書いてますが高回転域での伸びのあるエンジン
は魅力的ですし、サスペンションの調整範囲も広くその範囲内であれば
ハンドルから手を離すと現れるシミー現象も微塵も感じないのである意
味、ハンドリングも良いと言えます。各部の造形も丁寧で美しいと他に
ない持ち味がありますので尚更、ドンツキが残念ということです。

2016.05.11 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |