股関節ストレッチ

左右で明らかに違うシートの荷重感、狙ってシート荷重するというより
いい感じでコーナリングしているときには、シート後方、端がしっかり潰
せている。

何が違うんだと注意深く観察すると、アウト側の内腿がタンクに密着す
る感覚があって、イン側シート後方と2点で支えている感じ。

上体の重心移動かなと積極的に上半身をイン側に入れても前のめり
に突っ込むだけで大して曲がらないし、場合によってはアウトにスッポ
抜かれそうになったり。

ハンドルフリーにして如何にして機敏にバイクを動かせるか、リア荷重
すると良くなる。良くなると言っても機微に動くというよりは舵角が素直
に入るという感じでこれも違う、勿論ステップ荷重とも違う。

ハングオフをイメージすると良くなる、これは劇的に良くなる。腰はズラ
していないのに何故か、答えは股関節の動きにあるように思うのです。
ライテクでニーグリップしたまま、股関節を上手に使えなんて聞いたこ
とありませんね。

重心移動がライディングの要とするなら、体幹の要は股関節にあるら
しいので、ゴルフを始めスポーツで重心移動するときには必ず股関節
の使い方が出てきます。

ニーグリップしたら動けない、この錯覚がバイクが機敏に動けなくなっ
た原因かも知れません。つまりは間違ったニーグリップ認識です。
ニーグリップするために股関節を固めたままじゃ、いけないんじゃない
かな。

バイクを出来るだけ寝せないで曲がる、これはライスクに通い始めて
間もない頃に頂いたアドバイスですが、これもどのぐらい身体をオフセ
ットできるかということに他ならず、上体を入れたリーンインだなと早合
点しただけかも知れません。

また、ゴチャゴチャ書いて自分でわけがわからなくなる前に、股関節の
可動範囲でバイクを動かす、小さなハングオフではないかと思うのです
腰はズラしませんが、オフセットするぐらいは股関節の動きの中で出来
る。

で、あらためてコーナー左右差で股関節の動きを注視してみますと、右
の股関節の柔らかさとは対照的に左は硬い、これはゴルフでも感じて
いたことで左は稼働範囲が狭いなと、右は上手に股関節を使えて左は
下手とも言えます。

頑張って、股関節を使おうとするとハンドルフリーで、これほど機敏に動
ける術は他にないんじゃないかと思えるほどです。
誤解のないように加えて説明しますと完全に緩めてしまう分けではなく
膝下はガッチリです。

膝でバイクを倒すとも言われますが、重心位置をオフセットするのが目
的ですので、むしろ逆です。両膝でバイクをアウト側へ水平に移動させ
る感じ。アウト側の内腿とタンクに密着感が出ているか、イン側シート端
にシッカり乗れているか、股関節の可動範囲内だけで収めているか、膝
下は緩でないか、チェック項目はこのあたりでしょうか。

あくまで個人的な見解です。
結果は出ていないので、それなりの結果がでたら確定としたく、それまで
は模索事項ですので、くれぐれも参考にされませんように。

2016.06.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1319.jpg

ちょっと気になるモデルだったですよね~。
ローマッチョ、ステップの作りがいい、ちょっとホイールベースが長い。
これならGSR750のがいいかな。

飽きもせずにトリップメーター140km、片手ですよ片手!
やっぱり重さというか、立ちが強いんで気持ちが折れそうですが、
目一杯リアに座ったり、後ろを振り返るほど身体を捻ったりするん
ですが、どうも違う。

アウト側の内腿でタンクを押すようにすると少しはいいかな。
でも、プッシュじゃないな、密着させて被せるような、どちらかと言
うとフックかな。

千キロは頑張るよ(-。-)y-゜゜゜

2016.06.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1318.jpg

修正動作ですね、なので後の祭り。
右手が不器用じゃなくて右だけ修正動作が正解。

事前動作がキチンと済んでいれば、後の祭りは必要ない。
問題は何をすると最小限かつ効率的に後の祭りを抑制できるのか。

やっぱり肩の開きというか、ヘソの向き?
ただ動くときにハンドルに入力するようなトリガーはダメ!
難しいっすな、トリップメーター87km レインだって通勤快速。

2016.06.28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

シングルハンド

どうにも思ったようにならない、繰り返し覚えさせるしかないのです。
とりあえず 67㎞ あと何キロ走ったら覚えるかな、やるしかないね。

2016.06.27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

前乗り

ニーグリップを緩めたら上半身をフリーに出来ない。
直線で車体を揺するには軽く感じるけど、低速バランスには向かない。

FZ1 は前乗りを前提に設計されているのは周知の通り。
これは中高速コーナーを視野に入れた設計と言っても過言ではないと
思う。

ショートタンク、ロングスイングアーム、前乗りがUターンのような極低速
に向かないのは今だからこそ言えること。

SSのようなセパハンは前乗りに見えて、実はここまでショートタンクで
はないので着座位置そのものはリア寄りです。

リアタイヤに、たっぷり乗れたほうがいいのはズバリ、トラクションです。
FZ1ファンには叱られそうですが、このバイクは速度の乗らないレイン
は非常に怖い、リアタイヤの存在感が薄いのです。

一方で高速道路など、トラクションがシッカリ得られるシュエーションで
は、しっとりとした抜群の安定感という相反する性格もあるのでサスが
硬いと思われる方も多いようです。

06モデルが最もサスが硬いと言われる中でもストロークを測って見れ
ば実際にはキチンとストロークしています(初期動作は硬目なのでザグ
出しでは硬いとなるかも知れません)

もう一つ気になるところがあって画像を良く見るとニーグリップはヒール
とニーだけで、点で支えているのが見て取れると思います。

前乗りでガッチリ、ニーグリップするとバイクが安定し過ぎてしまい、軽
快が削がれるのは前日の記事に書いた通り、この方が機敏に動けま
すが、低速ではフラフラする、もしくは身体のホールド感に欠けます。

IMG_1316.jpg

ということで午後から雨とのことで、冷かしがてら次期候補の下見です。
え~と、ホワイトのMT-01が見当たりませんが・・まあいいや、冷かし
ですから。

着座位置、ステップの形状、全体的なバランス感と昔の選択基準とは
違うのです、SSはフロント低くて見てるだけでも辛くなる(笑)

日曜日とあって商談されてる方もいまして、矢継ぎ早に説明が繰り広
げられる。で、○○でして○○となります。ハイ、で○○となりますと・・
いつもの光景ですな (゚∀゚)

ガンダムちっくなバイク嫌いで触手が動かない、新型のR1のタンデム
シートて人乗れるのでしょうか、犬用??

IMG_1315.jpg

あまり写真をパシャパシャやるのも気が引けるのでこれだけ。
これがいい、バカバカしいほど大きくて、デザインが洗練されてる。

他だと、スズキが全体的にバランスがいいように思えます。
ストリートファイターも形こそ似てますが、コンパクトにまとめられて
いるので着座位置が前過ぎることもない。

あとは、ヒールホルダーがヤマハは前過ぎる、この辺はホンダが
お手本でしょうか。

ここは中古販売とパーツショップが併設されていて気軽に覗ける
のがいいですね、2りんかんはタイヤ安!セット販売で底値だと
思っていたら更に3千円ほど安い。

IMG_1317.jpg

ボーナスで革パンを買ったんですが訳ありで(後々、書きます)
もう一店舗、メッシュパンツを探して訪れました。

いや、悪気はないのですが場末の雰囲気が・・修理?なのかな。
品揃えも何て言うのかな統一感がない、5Lとか掘り出し物の探索に
は楽しいのかも知れません。

で、場末の雰囲気の中、(-。-)y-゜゜゜していると、もういいかなって。
あれこれ、乗り換え考えても答えは出ない分けだし、もうこれでいいかな。

設計が前乗りなので強引にリアに座ると笑点の座布団重ねに座るよう
な高さに閉口するけど、だったらシート作り変えようかとか。

きっと満足する状態よりも、何とかしようと四苦八苦している状態が一番
いいのかも知れないね、そんな休日でした。

2016.06.27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

足枷

それはまるで足枷のようにバイクが動けない。
サーキットの狼の基本はハングオフだ、それをイメージするだけでも
足枷が外れたかのようにバイクが動き出す。

答えは、ニーグリップという得体の知れないライテクです。
両足の内側全体をピタッと密着させるんですと言うものだから、常にフル
ブレーキにも耐えるニーグリップを心掛けてきました。

動けるわけないのだ、車体をピクリとも傾けさせないぞと力を入れて
いるようなものです。
腰下はカッチリ固定して腰を切るんです、回転のような極低速では基
本であっても常にじゃない。

車体を安定させるためのニーグリップなのだから、傾けるというキッカ
ケにおいては邪魔者でしかない。特にタンクを強靭な脚力で押し潰す
かのようなニーグリップはいけない。

ここで右コーナー苦手論はフットブレーキに依存すればするほど症状
が悪化する!と急展開です。リアブレーキを全く使わない人は左右差
がないんじゃないかな。要は脱力しやすいか否かの差でしかないのか
も知れませんね。

ニーグリップも緩急が大切!ギュと抑え込んでスッと脱力するんでな
いのかな??

2016.06.25 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

シングルハンド

その延長線上にあるのは無理、無駄、そして転倒だ。
転んで上手くなる?その一回で、つい先日も知人が生死の境を彷徨った。

ミニバイクレースというカテゴリでさえ、それは突然起こる。
安心、安全の延長線上に答えを求めなければならない。

それは競技であろうと例外ではないと思う、スクールで転倒しておいて言う
のも何だけど、フロントタイヤの接地感が何回か、薄れた後の転倒で本人
は、いい歳だし熱くならいと思っていても、いつの間にか恐怖と戦っていた
ようです。

前置きが長くなりましたが、同じことするにしても、これなら怖くない。
そういう延長線上の方向に舵を切ることにします。
あえて言うなら目標は同じ、そこに辿り着くルート選択を変えるだけです。

このバイクで行くよ、決して遅いバイクじゃない。
いい道具というのは懐が狭く、技量向上を促す側面がある。そういう意味
では、日に寄って乗り味が違う、7万キロ乗っても乗り方が分からないバイク
なんて他にない。

2016.06.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1314.jpg

Fブレーキ使ったら上手に曲がれちゃうかも?・・そんなにあまくない。
慣熟走行でフロントからスリップダウン、何回かフロントが滑ってる感
覚はあったんですよね。

早々にFブレーキを使って曲がるテーマ終了~~。

視点が近い、ライン取りが単調とアドバイスを頂いて切り替えます。
たしかに複合コーナーなどは先を見たほうが戦略的なライン取り
ができます。

クリッピングポイントを奥へ取ろうと努力するんですが、これまた
早く寄り過ぎないようにと車体を立てて待つような無駄も出てきて難し
いのです。

ライン取りならノーブレーキで走るのも練習になりますよとのことで
恐る恐る試しますと、なるほど引っかかるような、またはフロントが切れ
込むような感じがなくなってスムーズに感じることもありました。

タイムトライアルは、頑張ったんですが頑張れば頑張るほどツボにはま
るといいますか、何やってんだか分からなくなって終了(T_T)

他の人の走り方、ブレーキランプの点くタイミング、消えるタイミング、
アクセルの開け方、見て学ぶというのもお勧めですとのことで、なるほど
見てると、ちょんとブレーキを当てる、寝せる、スムーズに加速すると
やってることはシンプルなんだと思いました。

で、真似て走ったら画像のフロントタイヤです、わかり難いですが真横
にスライドしているのです(怖)

これはFブレーキではなくて、オフセットパイロンで立ち上がりにガバッと
アクセル開けたらキュッキュキュ~ダダダッ~とフロントを押してしまい
また、やっちゃた!と思ったんですが不思議と倒れずに持ちこたえまし
たが、ゴムの焦げた臭いがする。

トレインで少々、遅れをとっても立ち上がりに、しっかりアクセル開けれ
ば、楽に追いつけちゃうぞと調子に乗った結果ですが、すっかり心が折
れて、もうこんなバイク要らね!と思ったのは内緒です。

もう走らないんですか、とMT01さんに声を掛けて頂き、このバイクは
ドンツキが酷いので扱い難いのですと言うと、同年代のバイクですから
これも同じですよと、アクセルの開け初め無反応域がありますよね、ミリ
単位でシビアに開けてますとの事で、持つべきものは仲間ですね。

正直、アクセルの開け始めに無反応領域から唐突にトルクが立ち上が
るので、あれ?と寝過ぎたり、ラインが膨らんだりと厄介だなと、面倒な
部分は無視してガバッとアクセル開けて起きたことなんですよね。

そういえばMT01さんも、フロントがダダダッ~と流れて、そのあとハイ
サイドみたにな状況になると、おっしゃられておりました。
つまりは、この先さえも知っておられるということです。

もう少しコイツで頑張ってみますか、本当はアイドリングをガンガン上げて
リアブレーキで抑え込んで走りたい、、そうすると次元が違うくらい楽に走
れるんですが、上手になりませんよと言われちゃう、たまにアイドリング上
げてる人もいますが、楽してやがんなと優越感に浸ることにします。

2016.06.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1226.jpg

本日はラィディングスクール参加です。
これまで色々と試してきましたが確信に至ってません。
おそらく一通りの事はやってきたつもりですので(出来てないかも知れませんが)

今回のテーマはFブレーキです。

スラロームでFブレーキを積極的に使うのは一般的のようですが
(動画を見て気付いたのです)自分はほとんど使ってない(゚Д゚;)
リアブレーキに依存しているとも言えます。

進入スピードを上げようとするとリアが滑ります。リアブレーキしか
踏んでないので当り前です。
なぜフロントブレーキを握らないのか、握ったままバイクを寝かせる
という概念がないのです。

これこそセルフステアへの介入だと思いますし、握ったままじゃ曲が
らいじゃん!とさえ思ってました。

ただ試してみるとフロントの落ち着きが愕然とするほど違います。

フワフワと落ち着きがないのでスプリングイニシャルもダンパー
も、ほぼ最強にしてますが、Fブレーキを積極的に使うとダンパー
の戻りが弱く逆に荷重の加減がつかみにくい状態です。

少しだけダンパーを抜きました、これでFブレーキを積極的に使った
スラロームを試してきます(-ω-)/
結果は後のお楽しみということで・・やってないこと試したほうが結果
が出そうですもんね。

2016.06.19 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

az.png

バッティリー交換 (>_<)

アイドリングが、バラバラッと変だな思ったら、始動で突然セルが回ら
なくなりました。3速に入れて気合の押しがけで何とかエンジンかかり
ましたが汗だくで、もうたくさん((+_+))

小雨振る中、ショップに出向いて店員さんにリチウムバッティリーと鉛
バッティリーの違いを説明してもらいました。簡単に言うと使い勝手は
鉛のがいいようでリチウムバッティリーはカスタムの一部とお考え下さ
いとのことでした。

国産バッティリーは寿命が2~3年とされるなか、6年持ったなんて伝
説があるようですが、値段が倍もするのに保障は一緒なので岡田商
事のAZにしました。

rsy246.png

なんかデカイ画像だな(笑)

出費ついでに冬用のパンツは防水性が高くていいんですが暑くてか
なわないのでメッシュの涼しいのにします。

これはレッド/ブラックなんですがホワイト/ブラックに比べて人気
があるのかな?アウトレット品は在庫なしなので結構、探しました。

ホワイト/ブラックでもいいかと発注しようとしましたが支払い方法
の選択が少ない上にお客様情報の入力が面倒なので、別のショップ
で、ほぼ定価でレッド/ブラックで発注。

メッシュは涼しくていいのですが、防水性の高さ故に冬は持ち歩かず
に済んだ雨具を持ち歩く羽目になるのが・・年齢を重ねると何もかも
面倒になるようで困ったもんです。

2016.06.16 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |