FC2ブログ
J-TRIP.jpg

会社関係で表彰金が頂けるようなので、ご褒美に何がいいかな?
ちょっと高くて手が出なかったフロントスタンドですが、パンダジャッキ
をフレーム下に入れて持ち上げるのも面倒ですからね。

フロント廻りは、ついつい手を抜きがちですから、これにしましょうか。
アタッチメントが数種付属して、ほとんどのバイクをリフト可能とか。
バイクメーカー毎に色も数種あるのですが白がいいかな、汚れるか?

冬眠させる方もフロントフォークシールに負荷を掛けず良いようです。
タイヤも車重で凹んだままでは可愛そうですから。
身体もあちこちガタがきて椎間板ヘルニアは長引きそうです(T_T)

腰下を使って捩じ伏せるようなライディングは悪化させる原因にな
りそうなので、あまり寝かせずハンドルの舵角で、くるっと廻るような
楽をする方法を模索しなくては。

ここ数年、ライディングに関して模索して参りましたが、体力に依存
するような乗り方は潮時ですかね、結果的に力が抜けていいのかも?
バンク角を稼ぐために舵角を邪魔するような悪癖にここまで苦労させ
られるとは思わなんだ(>_<)

2016.11.28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1497.jpg

治ってない(>_<)
MRIの結果から椎間板ヘルニアが確定しました。

牽引と薬で様子をみるようです。
明日、雪が降るかもとのことで娘の車にスタッドレスタイヤを装着。

雪が降るからと言われても「ゆっくり走るから」と呆れた娘です。
ガレージからストックタイヤを取り出すのにバイクを出します。

バイク屋かと見間違えられるような光景に知り合いの大型トラック
運転手がクラクションを鳴らして通り過ぎます。
やってるな、というところでしょうか。

ついでに先日購入しておいたブレーキフルード、リヤだけ交換しました。
リヤブレーキを酷使しても耐えられる仕様ですが、まだ試してません。

さて、遠乗りは暫くお預けのようですので近間の日帰り温泉にでも!
団体客を呼び込む営業形態から抜け出せず、閑散とした温泉郷ですが
それはそれで風情があるのです(-ω-)/

2016.11.23 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

坐骨神経

検査専門の病院でMRIを撮ったのが17日、この夜がピークで
右脹脛の痛みや疼きで眠れなくなりまして、苦し紛れに安静に
と医師に言われていたのに足をジタバタ(ノД`)・゜・。

すると右大腿骨の付け根でゴキッ!と凄まじい音がして・・
終わった??(゚Д゚;) 倦怠感が全身を覆いバタンキュー
するとどうでしょう、右足に入っていた鉄心のような感覚が徐々に
溶けてゆく(゚Д゚;)

治った、いや苦し紛れに治した!!へへっ、やったね!
2週間も薬を飲み続けて胃腸に負担をかけただけだった。
股関節のコリだったのかな、まあいいや、治って何より。

2016.11.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1495.jpg

ツインリンクモテギの“ちょっとDE耐!”に ピットクルーとして参加しました。
不安材料が盛りだくさんで波乱の決勝となりました(/・ω・)/

結果的に現実を受け入れて頂くには、これしかなかったのかも知れません。
本コースの敷居を跨ぐには早過ぎましたね、何もかも詰めが甘い。

グリットに着く前に、結果は出ているのです。
晴れの舞台で結果だけが付いてくる、そんなやわな世界ではありません。

なにもかもが神経質でピリピリとしたピット内の空気、プライベーターは
それをほぼ一人でやるのです、、女の子にだって出来るのにね~(笑)

ピット内で速そうな雰囲気を醸し出しているものは・・見て感じたもので
学んで頂くのが一番かと思いますよ、お手伝い出来るのはここまでです。

2016.11.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

脊柱管狭窄

バイクネタとは関係ないようにも思えますが坐骨神経痛発症の
メカニズムはバイク乗りには生命線でもありますので。

ヘルニア疑いによる鎮痛剤が、あまり効果を発揮しなかったことも
あり脊柱管狭窄という聞き慣れない病状が疑われることに。

数日後にMRIを撮ることになっているのでハッキリするのでしょうが
MRI判定には時間が要るということで脊柱管狭窄の薬を飲むことに
なりました。

血流を上げる薬とビタミン剤のようですが、これは効くので、もはや
病名が確定してしまった感もありますがMRI判定を待つことにします。

社内で同じ腰痛持ちをリサーチするわけですが、こう言われた一言
が妙に琴線に触れました。お医者さんの言うこと、自分の症状から
良い方向を見出す事です、ネット情報などを参考にすると混乱する
だけですよ。

流石、理工系の国立大学を出ているだけはある(笑)
お医者さんを全面的に信頼すれば、そうなるんでしょうが医者嫌い
でして、適当な診察をする医者も少なくありませんから。

結果重視、もしくは意見に振り回されず事実を元に構築するという
ことでしょうか、ふむ、ライディングに関しても思いあたる節が多々
あります。

言い訳するわけではありませんが、セルフマインドが強すぎる人は
保守的とも言えるのではないでしょうか、革新には自己概念を一度、
崩す必要がありますので自分を見失う、混乱は付きものです。

沢山の情報を集めると一度、拡散(混乱)してしまいますが、時間が
経ちますとやがて収束し、着地点が革新に至るのだと思いますが
間違ってるかな~。

2016.11.14 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1488.jpg

肝心の症状は右臀部のコリと右脹脛のシビレです。
年齢が若い場合には椎間板ヘルニア、高齢なら腰部脊柱管狭窄が
原因のようですが、おそらく後者ですかね。

レントゲンではヘルニアの症状は見受けられないようです。
しかし・・これ?動脈硬化だよね、普通はレントゲンには写らないの
で石灰化が進んでますよと、こちらのほうがショック(/ω\)

ブロック注射かな?をして投薬で様子をみましょうと言われました。
一週間で改善しなければMRIになるようです。

家人がついでだからインフルエンザの予防接種もしちゃいなさいよ
と勝手に窓口に申し込んだので、そちらも受けました。

そうだMRI受けるなら50肩も診てもらいなさいよ、食事してないなら
胃カメラ飲んでしまいなさいよと、ついでの嵐です。

病院の帰りに牡蠣御前、写真撮っときなさいよ!と、どこまでも主導権
はあちらにあるようです、完全降伏したほうが楽なのでもう慣れました。

2016.11.02 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |