FC2ブログ
マーカーまたぎ

指導員の練習法として「マーカーまたぎ」というものが存在する
ようです(動画から切り取った画像です、私ではありません)

前輪は外、後輪は内、やってみるとわかりますが難しいです(>_<)

狙ったポイントで、しっかりセルフステアを引き出せるような操作が
要るようです。

コツは、しっかりリアサスを沈め安定させること!とか。

内輪差

フロントに乗ってしまっていると、ズズッと滑ります(゚Д゚;)
少しフロントサスが入りすぎるかな~

フロントサスのプリと圧側減衰力を触ってみますか。
伸側減衰力のが効きますが動きが悪くなるのは嫌なので。

これを練習することのメリットは・・??
まだ語れるほど出来てません(T_T)

こういうものは目的を探るより、できるか、できないか、が大切
なのではないでしょうか、できない?なぜ?そういうところから
新たな発見があるものです、きっと、たぶん(笑)

2017.01.31 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

直立のまま

基本ですね。

傾いた状態では

はい。

ここだというところで

なるほど。

リアタイヤね

どこかでフロントが入ったら!と習ったようにも思いますが。

起きない

そういうことなのですね。

え~と、体重移動で

ややこしくなりましたか?
切り返し動作ですね。

動きを加速させる

動きを加速させる!この表現はいいですね。

この逆は喧嘩する、フロントフォークが縮んでいるときにアクセルを
入れて押し出すようなもの。

え~と、ハンドルを切り増すにはアクセルが残っていないとダメ。
戻したら遊びを取る、入れる?ここが難しいんですよね。

基本は傾け始めるときには速度キープするつもりでアクセル操作。
あとはブレーキで調整ですか。

2017.01.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ロール軸

リヤタイヤを傾けて曲がるもの。
この意識が薄れますと調子を崩すようです。

なのでフロント寄りに入力するより、リア側のほうが効率がいい。
ロール軸なんてのを意識すると良いのかも。

フロントステムあたりを置いてきぼりにするつもりで、リアだけ傾
けるイメージ。

舵角が一瞬、遅れてパコ~ンと切れてくるのでしょうか。
バイクが傾いた瞬間に舵角がスコンと入るのカッコイイな~。

ラインもリアタイヤを意識して描いたほうがいいのかな。

2017.01.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

バンクさせると速度があがる

ん~、体重移動してバイクが、ぐらっとくるまで待つ!
そこでバイクが倒れるにまかせてスパンと・・。

速度が上がったよね、と感じるときもあるし、フロントを押してしまう
ときも、身体だけ置いていかれるときもある。

アクセルは一切、使わない!速度を上げようと身体を入れていくと
フロントに荷重が乗り過ぎてしまうし、小さい8の字だと、ぐらっと
くるまで待てない。

ただね、バンク速度はあったほうがいい。押し込むような入力をする
と速度が上がらないんですよね、パタンと倒れるに任せるような・・。

はあ~、難しいね(>_<)

2017.01.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

バンク速度

外側のステップを前に蹴り出すとワンテンポ遅れてカクンと
倒れる、この練習だけでも違いが見て取れます。

カクンと倒れる人と、タランと倒れる人と。カクンと倒れる人からは
フロントタイヤからジョリジョリと音がするんですね。

蹴り方が違うのか、力加減が違うのか、はたまた度胸なのか。

内側のステップを踏む

ここが問題です、ぐるぐると旋回するために内側のステップを踏む
とある。バンクした後に反力があるので内側のステップを踏みたい
んですよね。

もしかしたら外側ステップを踏んで、やがて倒れてくるのを待てずに
倒しているのかも?旋回のピーク以降でフロントフォークから圧が
逃げてしまいます。

踏むから蹴るへ移行

基本が出来ている人が対象のようで次に進んでしまいます。
あ、あの、旋回の後半でフロントフォークがぴょこんと、、

旋回からの切り返しでは内側のステップを踏むから、そのまま
外側ステップを蹴り出すに移行するようです。

このときにリーンアウトで上からバイクを押さえつけるように入力
している人は、上手く内側のステップを蹴り出せないかも知れま
せん。

バンクさせると速度があがる

こちらは別の解説動画からですが、これが先に出来ていないと
えいっ!と蹴り出せないかも。

カクンときた瞬間に、おわっ!とハンドルを押さえてしまう(>_<)
この解説の通りであれば、バイクが作りだそうとする遠心力を邪魔
してしまうのです。

まずはアクセル一定で外側ステップを蹴り出し、カクンとした後に
速度が上がるのを体感しないと。

身体を入れ過ぎたり、アクセルやブレーキで誤魔化さない。
これが出来ているかを知るには、おそらくフロントフォークの動き
じゃないかと思います。

早目に伸びてしまうのは遠心力が足りなくなってしまうから。
リアブレーキを引きずったりして、フロントフォークの伸びを抑え
ようとすると、ハンドルが切れ込んできて負のスパイラルに(T_T)

2017.01.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ニーグリップなし

乗車姿勢の解説で、いいポジションを探すということらしいです。
仙骨の向きさえ合っていれば加速から減速中に手を離しても
ニーグリップさえ要らないという実演です。

収まりのいいところは自然に決まる!この状態で上半身が前のめ
りになるのは行き付いた先であって収まり(バランス?)のいい場所
ではないということでしょうか。

画像の状態はニーグリップさえしていないので脱力しているように
も見えますがインナーマッスルは使ってますね。

進入時の脱力にメリットはないよ!と言われているようなので、この
タイミングではないということ。

たとえばハングオフ、ブレーキングでリアから荷重が抜けないよう
に結構、リアの高い位置に留まろうと頑張っていたと思う。

バイクが傾いた後は身体を入れる、というよりは脱力して落下に
近い感覚だったような?それはどの方向に身体をを入れるという
ことではなかった。

もしもリアの高い位置に留まったままであれば、遠心力に負けて
しまいます。フルバンク状態でバイクに寄り添い、一見すると気を
失ったかのような、あの脱力感は作ったものではないと思う。

収まるところに収まる、それは抜重という脱力によってもたされる
もの?なんか、難しいところに捕まってしまいました(笑)

2017.01.23 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ここで入れる

切り返す前、ひとつ前の立ち上がりにアクセルを入れる前に
反対側に腰を引いておいてアクセルを入れる。

リアの片側に重心が移動した状態でアクセルを入れるとフロント
サスがフワッと浮いて、切り返した後のバンク角が決まってしまう。

もちろん、インステップ踏んだり、ブレーキのリリースタイミングを
遅らせたりして調整が可能だけど、それを極力使わない方向で。

バイクが勝手にスパンと寝るので(傾ける労力皆無)寝せるという
意識が存在しない、勝手に寝る?

そうして身体が放り投げられるような感覚、方向がペストポジション?
脱力することで自然な重心位置に収まるようですから、
フォームを決め打ちするのはタブーなんですね。

ただ、直立状態からこの方法を試しても自然な位置というの
はわかりずらいです。

切り返しで結果的に勝手にバイクが寝て、バイクの上の荷物
が放り投げられるような方向感覚を掴むのが感じやすいかも。

バイクを寝せるという意識はバイクが先行で寝て、身体が置いて
いかれるのでリーンアウトを誘発しやすいのですね。

重心移動動作(イン側の腰を引く)を先行させてバイクが寝たあと
に上半身が放り投げられるように収まるところに収まる。

脱力のタイミングを入り口、出口、???と謎かけで公開中ですが
これはバイクが傾く過程で脱力が正解かと思うのですが、どうでしょう
か。

フロント荷重、リア荷重、バイクが傾く方向が変わります。
なので傾く過程でバイクの上の荷物が放り投げられるような方向!

進入でフォームを作るよりも、脱力で収まるところに収まるほうが
自然で無理がない、これは難題ですよ(笑)

知らずしてバイクを下りる時が来る、、そんなのは嫌だ!(>_<)

2017.01.23 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1514.jpg

ほとんど乗らなくなった2号機ですが、久しぶりにエンジンを
かけたら燃料が減っていたので、タンク内が錆びるも嫌なので
給油に乗り出しました。

始動でアイドリングを高める自動チョーク?機能が働かなくなった
ので暖まるまでレーシングします。

わけわからなくなって弄り倒した経緯もあって乗り難いったらありゃ
しない(笑)

GSX1400と乗り比べて、やはりこのフロントフォークは動かない。
意識してフロントに荷重しないと、ハンドルが恐ろしく切れ込んで
きます。

軽く8の字しますと、扱い難さは手に余るものの、やはり基本性能
はこちらのが高いので、クイック、クイック。

スロットルスプリングを1本⇒2本に戻す、フロントサスのスプリング
を交換&O/Hしたら良くなるようにも思いますが、前へ、前へと
誘う、滑り台のようなシートはどうしたらいいんだろ。

エンジンブレーキも効き過ぎないし、素材としては面白いんですが
なにせ難しい(>_<)

戦闘力の高いマシンが、いいバイクとは限らない。
緩いバイクのが、あらゆる練習には向いていると思うのです(-ω-)/
戦うわけじゃないのです、もっとバイクを知りたい、それだけです。

2017.01.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

回転数が残る

個別指導のほうが情報量が多かったりします。
動画、何回観にいくのか(笑)

旋回の後半でもたなくなる!と解説していますが注釈では
エンジンの回転数ですね。

もたなくなるからアクセルを入れざるおえなくなる。
パーシャル?全閉?どっちなんだろ(笑)

ノッキングが起きないように?
ピッチングモーションの大きさ、スピードがバンク速度?

旋回前の準備では、しっかりアクセルを開けているようです。

全開?

この場合はアクセルでピッチングモーションを誘発させてます。
身体でフロントフォークを押し込まない!

ココの部分の表現は難しいです。
押し込むと、押し戻される!旋回中にピッチングモーションが2回?

体重計に乗って飛び上がると踏んだ瞬間と下りた瞬間に2回
脱力して座り込むようにすると1回

フワッ、フワッさせないことで旋回が安定するようです。

アクセルでフロントフォークを大きく伸ばして、深く沈めることで
グリップと遠心力を作り出せる?

ギャン、ギャンとやるのは小さく暴れさせているだけ。
大きく1回で決めるのですね。

さて、フロントフォークとハンドルを押さえる術との統合性を考え
なければいけなくなりました(爆)

深い、とてつもなく深い、ケースバイケースで色々しなければいけない。
だから先、先と目線を送っていかなければならないのですね。

2017.01.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

フロントフォークに圧

フロントフォークの圧は掛け方を知らないと抜くことができない。
向きがいまいち安定しないけどターンの後半でフロントが浮いて
くるのを抑えることもできる。

抑えることも!というのは、抑えない場合もある?ということ。
いづれにしても圧の掛け方を知らないことには始まらない。

で、加減というのは、おいおい知るとしてギュウギュウ、始めは
抑える術、向きを練習すればいいと思う。

セルフステアばかりが独り歩きして、フロントフォークへの荷重
が成り行きになってしまうと、グリップを感じることができない。

最終的には、フロントが沈んだ状態で身体との距離感を掴み
浮いてくるフロント分、腕に圧力が増す!ということなのかも。

フロントブレーキでグリップを作り出す、もしくはキャスター角を
作るよりも、荷重のほうがスピードが落ちない。

いづれにしてもアイテムは多い方が良い!持ち合わせがなくなった
時点で成す術がなくなるのだから。

2017.01.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |