FC2ブログ
IMG_1505.jpg

去年の12月19日に履き替えて

IMG_1518.jpg

今年の1月26日
比較的、温存して使ってたのですがここから一気に摩耗(T_T)

IMG_1522.jpg

で、2月22日に履き替えとなりました。
α13はロングに出ない冬季限定です。

016PRO もう型落ちだけどこのタイヤはショルダーが型崩れ
しないのがいい。

タイヤ交換してくれたショップの店員さんが、あんなに均等に
エッジまで減ったタイヤ見たことないって(笑)

きっと下手な8の字を延々と繰り返すと、のぺっとした間の抜けた
減り方をするのだと思います。

どんな?

IMG_1504.jpg

こんな(過去画像から)

こんなこと2年やって、年に3回しか乗らない人に追いつけない(T_T)

ほんと、あり得ないんだってパイロンスラロームは(ノД`)・゜・。

2017.02.22 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_1511.jpg

参加してきましたが結論から申せばダメダメです(T_T)
ある程度、予測していましたがフロントが切れ込む、切れ込む。

そうなれば走り込みもソコソコにインストラクターに質問攻めです。

オフセットパイロンでもフロントブレーキ使いますか?
フロントが切れ込むんですけどリアブレーキの使い過ぎでしょうか?

倒しこみのキッカケにフロントブレーキは使うとのこと。
パイロンスラロームではギクシャクするのでリアブレーキは極力
使わないようにしているとか。

リアブレーキは意外でしたね、使いたくないんだ。
で、フロントブレーキを使ってみましたが・・ダメだこりゃ!

フロントサスの反力が強くて沈むのではなくリア側に跳ね返って
くるようなセッティングになってます。

円錐の頂点をリア側にしてフロントを回すようなリア旋回は回転
には都合がいいのですが進入速度を上げられません。

インストラクターのタイムアタックを眺めてSSのような乗り方して
いると気付きました。フロントを下げて前のめりに突っ込んで来ます。

リアブレーキをフックのように使っていてはバイクの姿勢がリア
下がりで逆になってしまいます。

リアをリジットにフロントをプアに!フロントサスばかり動くセッティング
ですがフロントから荷重が抜けずグリップ感は高い。

フロントが重いな~という印象はあるもののハンドルの切れ込み感は
格段に良くなってます。

で、試しにもっと重くしてみようとフロントフォークの突き出しの限界を
探ることに、ブレーキホースのジョイント固定部がフェンダーに接触
しそうなので15㎜にしました。

結果はあれ?フロント軽くなったよ(。´・ω・)?
車体が一回り小さくなったような回頭性をみせますが、まあいいや。

フロントが深く沈んでグリップ感が増したまま軽快感もでて一石二鳥。
突き出しを増やすとハンドル切れ込みが増すなんてのは嘘だ!!

フロントから荷重が抜けるとハンドルが切れ込むのです。

2017.02.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

リーンイン

しつこくやらないほうがいいですよ。
画像はコソ練ではないですが(笑)

スクールでリーンアウトになってるよと言われて矯正中の2年ほど
前のここの管理人です。

パタンと倒れそうで、なんか危なげですね。
こういう恵まれた環境での練習は度々あるわけではありません。

なのでコソ練も要るのですが、まあ一般市民からしたら怪しげな
わけで通報されたって文句は言えません。

現に会社の後輩は危なげな運転に携帯から通報してやったと
したり顔で話すのです。

というわけで位置関係もありますが30分程度でしょうか。
一般市民に迷惑がかからない範囲に留めるのがいいと思います。

一度でも職務質問されると、その場所は敬遠せざるおえないじゃない
ですか。

過去、某場所でどう見ても通報されたとしか思えない状況になった
ことがありまして、見晴らしのいい場所でしたので真直ぐパトライトを
回してこちらに向かってくる不自然さに場を後にしたのですが・・。

追ってくるよ(@_@)
マーチのパンダさんですからね、後はご想像にお任せします。

無茶してるつもりはないので向き合ってもいいんですが
やっぱり面倒じゃないですか。

なのでコソ練場、いくつかあるといいですね。
駐車場で休憩されている車があるときはやらない。

通りがかりの散歩中の方に出くわしても気を使います。
ワンちゃんも怖がらせないようにね(笑)

バイクはやっぱり世間一般では弱者です。それがセーフティライディング
を目指していてもです。

取り締まり一辺倒な行政も少しは考えてくれるといいと思いませんか。
注意喚起のお巡りさんにばかり頼って結果はでましたか?

バイクにも市民権を!合法な乗り物なんですよ。

8の字とか無料で出来る交通公園が九州にはあるらしい。
リターンライダーの問題とかもあるじゃないですか、お願いしますよ。

2017.02.11 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

圧をかけた旋回

最近、ここの動画ばかり覗いてます。

進入スピード上げて遠心力を作り出そうとしてもバネが深く沈む
ということはバネの反力も増大しますので、ターンの後半で圧が
抜けてしまうのです(>_<)

少し押さえる

こういう少しとかの加減は動画ではわかりません。

沈みを維持する

押すというよりは維持するということでしょうか。
押すのではなく押さえる。

手の上に頭

内側の手の上に頭がくる感じですか。

この辺が難しいな、フロントフォークを沈めるのではなく
沈みを維持するために押さえる。

かと言って、フロントフォーク沈めるためにフロントブレーキを
引きずる練習もある。

ターンの速度によるというよりはフロントフォークの沈み量に
よるということですか。

フロントフォークの沈み量をコントロールできる、というのが
最もターンを安定させられるのかも知れませんね。

え~と、フロントフォークが沈んで行く過程でバンクを決めて
しまう?だったかと思うのでガツンと沈めてしまうのは良くない
のか。

ゆっくり沈めて、沈めたままターンを終える。

先のジムカーナ選手は浮いてきそうになったら外膝で更に押し
込むと言ったけど、競技じゃないからこちらのがいいのかな。

2017.02.08 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

両手を離す

最初できなかった(>_<)

両手を離すとハンドルがブルブル震える車両もあるので、あまり
極端にはやらないほうがいいと思います。

両ステップで踏ん張り、腹筋と背筋で支えるわけではありません。
動画では仙骨の向きと言っています。

その証拠に両手、両足も離すということもやっています。
加速でリアサスの方向へ仙骨を刺すイメージ。

減速はその逆になります。
この練習ほど効果てきめんな練習はないとさえ言えます。

直線でも後続車にさえ気をつければ出来ますし加速と減速をし
ない人は皆無ですよね(笑)

これが出来るようになったらコーナーの直前でハンドルは持った
まま同じことをします。

ほら!ね?いままでのバイクの動きと明らかに違いませんか。

今度は少し大きなコーナーの中で、わざとアクセルのON、OFF
を繰り返し、合わせて同じ動きをします。

ほら!ね?身体が前後に振られないからバイクの動きが自然です。
不思議ですね~、色々なことが出来そうです。

2017.02.05 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

目線を頂戴

こちらはジムカーナのシード選手の解説動画なので一般的では
ないかも知れません。

一応、ストリートにも通じるテクニックだと説明があったように思い
ます。

4本パイロンで8の字を描いてライン取りを学ぶという解説です。

ここ!

とんでもない方向を叩いて目線を誘導しているようにも見えますが
右下に見えるライダーの左に青パイロンがあり、それをかわして
竹刀の先のパイロンを目指す瞬間です。

これから、タイミングを見て竹刀で地面を叩こうとする瞬間ですから
ライダーから見たら、ほぼ左90°になるかと思います。

こっち!

この切り取った画像がわかりやすいですね。
今度は右90°です。

つまりは青パイロンを直視してしまうと真直ぐ直線的に向かって
しまうのでスピードを乗せられないということかと思います。

ある意味、目線の先送りとも言えます。

ここからは自分用の備忘録にするつもりの内容ですので動画解説
とは別物と考えてください。

90°内側に目線を向ける!は定常円で中心に目線を誘導する
練習もあるので定番なのでしょう。

で、バイクは見た方に向かうというのは頭は身体についているので
身体ごと円の中心に向けるようなもの(重心位置は円の中心へ向かう)

だったらいっそのことバイクを傾ける前に身体はイン側に90°向ける
つもりで入れてしまう。体重移動とイン側のハンドルの懐を広くできます

すると、コーナーのRに関わらず90°方向に向かってしまうのでは?
実際はそうはならないのです。身体を向けるので目線も若干、移動
してしまいますが、首は動きますから。

こうすると視界から一旦、バイクは消えます。ライン取りの動画でも
地面を叩かれた竹刀の方を見ようとするとそうなると思います。

はい、イン側のハンドルが迫ってくる(切れ込む)と恐怖を感じます。
身体(肩)が先に入っていれば、遅れてハンドルが切れてくるので
バイクが後から付いてくるような感じ!とのアドバイスを頂いたのも
納得です。

リーンインなんだけどリーンアウト!これは外太腿で押し込むように
荷重することを指すようですが、これも上半身が先行してことのこと
だと思います。身体がセンターにあって下半身で押し込んだら、それ
は正真正銘のリーンアウト。

ごちゃごちゃ書くと、自分自身でわけがわからなくなるので結論は
バイクは円弧で傾けて曲がるので円の中心は常にイン側90°
なんじゃないの?ということです、円の大きさに左右されない!

上半身は90°入れるつもりで、コーナーの後半で荷重が抜ける
ポイントでは外膝で押し込むつもりで荷重を掛け続ける!がこの動画
のポイントですかね。

2017.02.03 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |