FC2ブログ
IMG_2222.jpg

減速Gを意図した方向に!てやつですがW650なら何となくイメージ

も掴めるので、こいつでもと引張り出したGSX1400ですが、あれ?


ハンドル遠くてステップ踏み込めないよ!

若干の前傾姿勢から無理して頑張ると休憩の道の駅で膝が笑ってる。


元々、オフロードのベストテクだから?う~ん難しいね。


ギャップを超えるときのように、路面が荒れているときのように、リアシート

にどっかり座らないほうがバイクが良く動くは間違いないんですよね。


クラッチを切ってもいいし、リヤから荷重を抜くと寝せやすくなる。

フロント荷重にしてもいいけどキャスターが立ってトレール量が減ると

出来る事が少なくなる。


スリッパークラッチだ、ハンドルアップだとやると、また迷路に迷い込む

ので出来ることで探りましょうね(笑)


アクセルパーシャルなのかな~、上半身の捻りなのかな~、はたまた

ハンドルと肩は水平なのか、なんでこれだ!てのに辿り着けないのかね。

2019.11.27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

減速G

画像はオフロードバイクのテクニック動画からですが、ニーグリップ

すればするほど悪くなる原因が分かりました。


タンクを挟み込めばいいってもんじゃない!ライダーが荷物化すると

前転宙返りモードが発生するようです。


この図で言うとbの方向に減速Gを変換しなきゃいけない!

詳しくは『渡辺明ベストテク』で検索して頂くとして、この図はスタンディング

なので膝の位置と踵の位置が同じですがシッティングでは当然、膝が前に

でます。


蹴り出すような動きの中で最も効率がいいのは踵です、膝じゃない!

腕で身体を支えてはいけないと言う!この図で最も前転宙返りモードに

最も突入しやすいのは腕で身体を支えることになります。


で、前転宙返りモードがキャスターが立って最も曲がりやすいという半ば

常識を覆さないといけなくなります。


加速はリア荷重を増やして云々を真逆だったのか?と疑うところから始め

ないといけないですね(笑)


bの方向はホイールベースの中!サスがいい仕事をする条件らしいですよ。

元世界チャンピオンが言うのだから説得力もあります。

2019.11.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2212.jpg

休日に久しぶりに日光方面へ。

餃子を食べて温泉入って帰ろうの予定が、またもや不定期の定休日。


引き返すのも面倒なので霧降方面へ。

栗山日光線は予想通り、濡れた路面に落葉ですが、ちらほらバイクも

すれ違います。


当り前に滑るので、ただただニーグリップでバイクにしがみ付くしか

術がなくバイクの姿勢制御なんて出来ねえじゃんと嘆くばかり。


万能な乗り方やセッティングなんて無いね。

でも、酷道はね、必要最低限のことしか出来ない!という素の部分

を思い出させてくれます。


あとはバイクの素性というか、路面が悪くなるとGSX1400は苦行に

なってしまう、インジェクションの過敏なアクセルワークをリヤブレーキで

往なし倒したら起こせるだろうかと気疲れもあって消耗します。


それでもお山を下りてくる頃には角が取れたといいますか、グリップに

頼った雑な部分が削ぎ落されていい感じ?


良い子は真似しちゃいけません!落葉シーズンに大型バイクで酷道に

入るぐらいならオフロードバイクに乗ったほうがいい。

2019.11.14 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2213.jpg

こちらが純正部品のマフラコネクタでマニーホールド後方に差し込み

排気漏れを塞ぐ形になります。

IMG_2214.jpg

段付きになり、この辺が許せない方もいるかも知れません。

純正戻しの為にマフラコネクタは2つ購入したので2連にすれば見栄え

が良くなりますが、これでも排気漏れする事はありません。

IMG_2215.jpg

テールパイプを奥まで差し込めないのは、このセンタースタンドストッパーの

位置がズレているからで、これでもギリですね。

音色はバラデロ音とでも申しましょうか、音量はさほどでもありません。

IMG_2216.jpg

試走でマフラーよりも気になったのはフロントフォークがあまりにも動かない。

慣れてしまうとこんなもん?となるのですがW650のように乗れない。

フロントフォークのスプリングを純正に戻し小細工するとマシになりました。

垂れ角

画像はお借りしました。

スイングアームの垂れ角で車体を押し出す矢印の角度が変わります。

リヤを上げてもフロントを下げても同じ事ですね。


フロントサスが動かなくてもプッシュアウトしますしバランスも大切かと

思いますが個人的にはフロントをリフトする動きがないと沈めたり、

浮かせたりのコントロールがサス任せになってしまうのではと思うのですが。

2019.11.12 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ベンチテスト

ベンチテストの動画ですがマフラー焼けていてドラフト効いてそうですが

今回はドラフトのお話しではなくてスイングアームのアンチスクワット。

アクセルを開けるとクイッと少しリフトするのが確認できました。


スイングピボットと垂れ角が重要らしいですが細かい事は置いときます。

車体姿勢が与える影響力はライダーの動的な影響より勝っています。

100ps出せる人は別ですが(笑)


バイクの動的な動きの中でリヤサスが沈み過ぎる人はアクセルを抜いて

リヤブレーキを踏み過ぎです(ここに居ます)


フロントが伸びるのが遅すぎてバランスを崩すのはアクセルを開ける

タイミングが遅すぎます(ここに、、もういい?)


アクセルを開けてチェーンの遊びを取っておく、よく言われることですが

アクセルの開け初めにギクシャクしない以外にも車体姿勢にも影響力があ

りそうですね。


もう少し言うならアクセル開けておいて必要な量だけブレーキをかける。

これライディングスクールで眼鏡と呼ばれる区間を走る時に教えてもらった

コツですがサスが良く動いていい感じ。


パーシャルでもいいし、エンジンブレーキを使わないような、でも同じ事

だと思うのですが、速度に依存せず理想的な車体姿勢を作れるかもと

考えるだけでワクワクします (´▽`)

2019.11.11 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2212.jpg

『Delkevic』 イギリスのメーカーのようです。


サイレンサーは汎用品かな、裏面にもロゴがあって左右対象に

なってる。


インナーバッフルの取り外しかた以外、説明書はありません。

マフラーコネクタが要るので合わせただけで音色は未だです。

2019.11.10 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

原付リヤカー

バイクで流していたらハーレーで牽引しているトレーラーに出くわした(◎_◎;)

ウッドで構成されたトレーラーはとってもワイルドだったのです。


で、合法なのか?と検索してみたらどうも大型バイクでの牽引は違法になる

ようです。


原付リヤカーは合法なようで漁村などで見掛けたこともあるように思いますが

最近はめっきり見かけませんね。


ネット検索の画像から辿り着いた日本一周原付リヤカー時速25キロの旅

おもしろい。


やっぱ、BMW軍団で高速かっ飛ばして旅館とか羨ましいだけで正直つまらない

ここもビジホ使いだから似たようなんもんか(笑)

2019.11.02 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |