FC2ブログ
IMG_2262.jpg

迷ったら戻る!サスペンションの設定を標準設定に。


そしてサグ出し、あれ?思ったよりプリロードイニシャル動かさなくてよい。

重いからとグリグリイニシャルかける思い込みは良くないようです。


1G´はフルストロークの1/3が宜しいようなので合わせました。

ダンピングは標準設定、あれ?整備したとき全抜きしてそのままだった。


そして試走、フロントフォークに腰がでました。

フルストロークの1/3て根拠は分かりませんがスプリングの美味しい

ところを使うのかも知れません。


信号でリアブレーキとフロントブレーキを使うと前後がすう~と沈む感じ

が素敵です(´ω`*)


信号待ちから左→右と切り返す場面では、おりょ?フロントに荷重がかから

ないということもありましたがダンパー効いてるんで少し硬めです。


フロントブレーキ軽く当てるなり、アクセルのON・OFFで強弱付けるなりすれ

ば大丈夫、全域でベストな設定など存在しないようですので。


サグ出し侮るなかれ!ガチガチに固めちゃったら勿体ない。。

2020.01.31 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2260.jpg

フロントフォークの突き戻し?と言うのかな。

トップブリッジで支えられるギリギりで-10㎜ですね。


フロント軸重を下げてフロントに余裕がでないかなと試走してみたん

ですが思いとは程遠くイージー・ライダーの世界です(笑)


真直ぐどこまでも走るなら良いかも知れませんがコーナーでは

フロントだけ立ったまま残るようなギクシャク感はいけません。


W650と乗り比べなければ、こういうことしなくても感覚的に慣れ

てしまいますがGSX1400はオンザレール感からは程遠い。


現実的にはフロントの軌跡とリアの軌跡は同じではないので1本の

レール上を走るようなというのはおかしいのですが感覚的には舵角

が理想的な動きをすると違和感を感じません。


タイヤを換えた直後だけニュートラルなハンドリングに戻りますが

やがてまた切れ込むようになってしまうんですよね。


ヤフー知恵袋にでも質問したら解決するのでしょうか(笑)

2020.01.31 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ツインR1

オーダーしているGSX1400のツインショック TWIN R1シリーズですが

オプションでロングエンドアイが購入できます。

ロングエンドアイ

20㎜延長できるエンドアイです。


やがて車高でバンク角を増やせるかと同時に購入依頼していたのですが

ショップから出荷段階で組み込めば本体のみのお値段ですと連絡があり

思わず飛びついちゃったわけです(笑)


最初からロングでは純正サスと比較できないじゃん (>_<)

100歩譲ってそれは良しとしよう(1万円浮いたわけだし)


次回候補のリヤタイヤは190/50→190/55です。

タイヤの高さは横幅×扁平率だから高さで約10㎜増し


ロングエンドアイ20㎜+タイヤ高さ10㎜で+30㎜ですね。

キャスター角立っていいじゃん!ていうのは昔の話、今はシンドイだけ。


やるやらないは別として帳尻を合わせるのにフロントフォーク延長キット(+30㎜)

が2.2万円で結果的に出費が+1.2万円は納得がいかない(笑)

2020.01.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_02259.jpg

読書でも、、サービスマニュアルですけどね(笑)


W650 は気温が低い時、エンジンのかかりが悪い。

キャブレタヒータが付いてるのにと此処の不具合を疑ったんですが

そもそも始動性を補助するものではないようです。


キャブレタヒータが作動するにはエンジンが回転しているのが条件です。

セルモータによるクランキングではなくエンジンがかかっている状態ですね。


そうなると結論から申せばパイロットスクリュ、パイロットジェット、エア通路の

詰まりか、チョークの燃料経路の詰まりを疑う必要があります。


いづれにしてもキャブを下ろさなければならないのでいづれ!ということで。。

2020.01.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_02256.jpg

純正ブラケットに無理やり加工で移設したウィンカーブラケット

強度不足で折れたのは去年のこと (T_T)


納期遅延の連絡もあり1ヶ月経って本日、納品されました。

断線した配線が足りなくなったり少し手こずりましたが無事に装着。


GSX1400からW650に乗り換えると圧倒的に乗り易い (´▽`)

あ~して、こ~して考えなくても感性で乗れてしまいます。


フロントタイヤが19インチと大きくて安心感がある分、軽快感に

欠けるというのが定説ですが、そんなことないんですよね~。


むしろ17インチと比べてフロントに余裕があるので色々、出来る。

荷重したり抜いたり思いのまま、一方で17インチは減速でフロントが

沈むとなかなか返って来ない、そのまま段差に乗り上げたりしたら

ゴツンと嫌な手応えまであるのです。


何て言うのかな~、懐の深さ!うん、これに尽きるな。

もう若くない、そういうことかも知んない(笑)

2020.01.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ノリック

いつ頃からでしょうか、停止線で止まれなくなった。

あれ?フロントタイヤが停止線からはみ出ちゃう。

辻褄合わせにブレーキングを強めるとリヤがズズッと滑ったり。


視点が近過ぎる!幾度となく指摘を頂いていたのですが悪癖は

簡単には直りません。


で、顎を上げる!自分の価値観であまり恰好良くないな~という

のがありますが実際、試してみると景色がいい(笑)


ツーリングメインですと未知の地を走ることになるので路面状況を

重視するような視点になってしまったのかも知れません。

砂が浮いているのは勿論、盛ったのか!て所も少なくありませんから。


話しは戻りますが顎を上げて視点を上げますと足元の状況を捨てる

ぐらいの覚悟が要ります(少しは見えてますけどね)


ハッキリ違いがわかるのがハードブレーキから停止です。

停止線で無理なくピタリと止まれる(笑)

あとは、速度を感じ取りやすいので遅いな~とか自分の車体がどの

速度域にいるのか把握し易いように感じます。


キツイなと感じていたカーブが先を見通すと実はさほででもないと思え

たり、おっ!滑ったなとセンサーが研ぎ澄まされた感覚もあります。


不安要素は狙ったラインに乗れているのか?コーナーの入り口でイキナリ

はみ出したりしないか?などありますが慣れですかね。


むしろ細かく辻褄合わせの小手先テクニックを駆使しなくても乗れちゃうな!

というのが新鮮な感覚で一本橋で遠くを見ろ!が劇的に効果があったように

視線だけで解決できちゃうかも知れません。


こんな逸話もあります夜間の視界不良で怖い、怖いと言う相方を後目に

足元の白線見て走っているから、あまり怖くなかったり(爆)

やっぱ自分の場合には最終的に視線ですかね!


最後に故ノリックですが、他の人のフォームとは違って顎が上がっていて

もカッコイイと思いますよ。

2020.01.24 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

バランスディスク

重心位置を真直ぐステップ落とすとこうなるかと思いましたが

スクワットは爪先より先に膝が出ないようにするようです。

頭が真下に下がるんだね。


前後バランスとしては完璧なんですが、これハンドルに手が

届かないんじゃないかな。


ステップに立って、そのまま座る!は教習所で習った着座位置

ですが膝を出す、お尻を出す、いろいろ出来ちゃうですよね。


なんで今更、ラィディングフォームに真剣に悩んでいるのか(笑)

2020.01.23 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

カベを使った

突然のバストアップする筋力体操!(爆)

ここはバイクネタのブログですから。


え~と、仮に電車の中で急ブレーキが掛かったとします。

①の画像ですと腕の力を抜け!とやると壁に顔面が押し付けられます。

腕を突っ張った状態では即、ハンドルに力が掛かるわけですね。

ほら!ハンドルから力を抜け!て言われても無理。


②の画像の状態からですとキタ――(゚∀゚)――!! 古いね(笑)

思った瞬間に腕に余裕がありますから状態を後方に逸らして

画像の③の位置へと慣性力に逆らう余裕があります。


電車は運転手さん任せですがバイクは自分で減速するので

前もって!ということが出来るかと思います。


加速、減速を低速で行って壁に手を付かずに筋力で耐えるのは

本当にキツイと上体を伏せたり起こしたりして、なるほど!と気付いた

わけです。


画像はバストアップする筋力体操ですから腕で身体を起こしますが

バイクでは御法度ですから腕を使わずに伏せたり起こしたりすること

なります。


ただ単に伏せたり起こしたりするのとは違うのは慣性力を骨格で前後サス

を縮めるようにする!という『渡辺明ベストテク』で検索ください。


まあ、簡単にはいかないんですが低速で加速、減速、加速、減速とやると

それだけで上達するような気がしないでもないです。

ここの管理人が言ってるわけではなくてベストテクでね、やみくもに本能で

飛ばしても得るものは何もない!と言っておられましたので。


加速、減速、加速、減速・・・煽り運転と間違われて通報されないようにね!

2020.01.21 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_02250.jpg

ステップのゴムが減って気になっていたのでスペアのステップと

差し替えです。


ヤフオクで落としたこのステップは使用感がなくてパーツ取りにする

のには勿体なかったんじゃないかな~。


チェーンの掃除をして注油した後、リアタイヤのホイールベアリング

効果後の状態も気になっていたのでチェーンを外してクルクル

問題ないようです。


そして試走!ステップというかスイングアームシャフトに乗るような

荷重を意識するといい感じ (*´ω`)

少しフラフラするんですが発注しているナイトロンのリアサスが待ち遠しい。


そうそう、マフラーもスリップオンを外しノーマルに戻したのですが、こっちの

が全然いい!なんでだろ??

2020.01.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

両足ステップ荷重

若かりし頃、崇拝していた片山さん、スキンヘッドになっていて

誰だかわからなかった(。´・ω・)?

お尻を浮かすように両ステップに乗れ!とおっしゃってます。

重心位置が下がって安心感が増すからと。

これ、まさしく現在の悩みどころピンポイントなんですが、そうしますと

インステップを踏むというより体重をかける!というのが近いかも。


ステップ位置

こちらは余談ですがモトクロスのバイクてステップ位置が

スイングアームビボット(付根)付近にあるんですね。

リヤサスペンションをフルに使い切ろうとしたとき最も効率が良い

位置なのかも知れませんね。


モンキースタイル

こちらも余談で武豊騎手がテレビ番組で木馬に跨り微動だにしない

モンキースタイルを披露している動画がありましたが、挟まない!

とコメントしてました。ニーグリップではなくて筋力で支えているようです。

馬が走り易いところに乗る!というコメントも騎手ならではですね。


減速G

これに渡辺明さんのベストテクをミックスするとですね!

わからん!結局わからんのです(笑)

ステップの上に体重を落とし微動だにしないフォームなんてオッサン

には無理な気もしますが、、。

2020.01.20 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |