FC2ブログ
IMG_2374.jpg

シフトダウンで3千回転からタコメーターがピクリとも動かない。

速度を20km/h落とすのにそんなこと出来るわけないじゃん (>_<)


どれどれ、とやってみたら、、あれ?


現実的には3500rpmでシフトアップ、3000rpmを下回りそうなら

シフトダウンで実質2500rpm~3500rpmに針を置くぐらいが

限界のようです、失礼しました <(_ _)>

2020.04.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

回転数速度換算

GSX1400のエンジン回転数⇒速度換算表です。


例えば最高トルクを発生させる5千回転でコーナーを立ち上がるなら

2速でも88.1km/hも必要なんですね。


3速で5千回転、111.8km/hから88.1km/hまで減速して2速に

シフトダウンすれば5千回転のままです。


コーナリングで全く失速させずにコーナ出口に向けられれば立ち上がり

で5千回転、もれなく最大トルクを手に入れらます(笑)


高速道路で6速で3千回転、102.3km/h この辺が常識的な範囲かと。


SAに寄る為に90.1km/hまで減速して5速へシフトダウンなら計算上

タコメーターは3千回転のままピクリとも動きません。


79.6km/hで4速に、67.1km/hで3速に・・・3千回転からピクリとも

動かないタコメーター・・・・なにがしたいんだって話しですけどね(笑)


ギッタンバッコン、シーソーみたいに前後に車体が揺れたら、やっぱり

恰好良くないし、サスペンションに要らぬ仕事を強いるわけです。


GSX1400の場合ですとシフトアップすると約千回転落ちる、約20km/h減速

するごとにシフトダウンすれば要らぬエンブレを抑制できる(1速は別)


乗る前に考えろよ!とYUZOさんはおっしゃったそうな(笑)

2020.04.30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2374.jpg

彼の語録は難解で 『 気付けよ!』てスタンスらしいですね。

なので個人の咀嚼次第では意図するところも変わってしまうようです。

ココは備忘録ブログですので参考にされませんように(笑)


理解できる範囲で課題として三つ


①エンジンブレーキは使うな!

2スト全盛期の話ではありますが例えば3千回転を常用域として4千回転で

シフトアップ。シフトダウンは3千回転を下回るようならエンブレが効かない

ようにプラス千回転を狙ってアクセルを合わせます。

なんでエンブレを使わないかは後のブレーキ編にも関わってきます。


②ブレーキは引き摺るな

ここは少し難しいですが舵角を付けるときにブレーキは邪魔だということかと。

直線で減速、ブレーキをギュッと掛けて傾けるときにはパッと離す。

やってみると分かりますが、ブレーキを離した瞬間にバイクがスッと軽くなります。

転がる、転がる(転倒て意味じゃないよ)


③首の角度を変えない、首は回すだけ

・・・更に難しい(爆)

バイクと一緒にライダーもロールすると頭も傾く、顎を上げて頭の水平を

保つのではなく、首を回すだけで済むような上半身の使い方かな?(笑)

よくわからないんでバイクが傾いてもヘルメットは傾かないようにしてみて

ます。


いづれも基本と言えますが、やってみると難しいのです。


エンジンブレーキが効かないようにするのにはブリッピングと呼ばれるアクセル

を煽る行為とは違います。


ブレーキを引き摺る癖があるとパッと離すには勇気が要ります (; ・`д・´)

おっとっと、と少々ブレーキを足す事になっても大丈夫!まあ失敗ですけどね。


ヘルメットの水平を保つには、これってリーンアウトじゃないのかな?と葛藤する

ことになりますが、あれ?視界が良くなったなと新鮮さも感じます。


バイクに乗らされたらつまらない、コントロールできるところは積極的に関わる

ことでライディングの醍醐味を味わえるのかも知れませんね。

2020.04.29 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2374.jpg

星の数ほどあるライディングテクニックは一見良さげ(漢字合ってる?)

ほとんどで、経過と共に色あせます。


全く構造が違う稀なバイクを除いても、これほど不思議な乗り物はない。

フロント荷重だ、リア荷重だ、インステップを踏む、いやアウトステップだと

百歩譲っても真逆はおかしいでしょ(笑)


なのでライディングテクニックから少し離れて例えば電子機器のセンサー

などは振り回したら精度が落ちる。


目線などは外から入る情報のセンサーにあたるので、これを上下左右、

頭を振り回して上手に操れる筈がない。


家人が撮ったビデオを見ると気持ち悪くなったりするのも動かし過ぎて

ブレブレだから ((+_+))


ということで出来るだけマシンセンターで頭は傾かない!てのは

理に適ってると思うのですよ。


あとはどうしたらってことですが中々、一筋縄ではいきません。

リーンアウトになっちまう?そもそもリーンアウトという定義も疑った

ほうが良いかも知れませんね。


YUZOさんは胸はコーナーの外へ向けろとおっしゃられたようです。

そしたら首を回すだけで視線が下がらないからと!難しいですね(笑)

2020.04.28 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

yuzo.jpg

このご時世に不謹慎なタイトルですが、、

こんな時にしか出来ないこともあるわけです。


写真はYUZOチャンバーの生みの親、柳沢雄造氏ですが彼の語録は

難解でかつ痛快です(笑)


名チューナーだけあってスタンスはメカ的に言えば、、です。

ライダー目線などバッサリ切り捨てられたようですね(笑)


それもそのはず当時のケニーロバーツやフレディスペンサーの

走りやマシンを真近で見ています。


勿論、眺めただけの部分もあったでしょうがタイヤの減り方ひとつ

をとっても他との違いは明らかだったようです。


80年代のことですから現代のマシンには当てはまらないというご意見

もあるでしょうが彼が生存していれば間違ってると言うのではないでしょうか。


230馬力?それを受け止められるだけブレーキも進化してるのか?

止まれないバイクにすることが目的なのか!

う~ん、痛快!YUZO風に語ってみました、、失礼しました <(_ _)>

2020.04.27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2367.jpg

誰が言ったか、自粛でバイク1台仕上がりますね♪

ポジティブなんちゅう安っぽい自己都合主義は嫌いですがまあいいや。

え~、本日のメニューはW650の燃料コックからの燃料漏れと。

IMG_2368.jpg

同じくW650のなぜか?右に寄ったウインカースイッチ。

IMG_2369.jpg

燃料を抜いてタンクを外してみると、、汚い(笑)

この燃料コックは新品にしたばかりなのでコックじゃないなあ。

IMG_2370.jpg

液体パッキンという手もありますがやっつけ仕事は好きじゃない。

塗装が浮いていたのでリムーバで剥いじゃいます。

やっつけ仕事じゃねぇか(爆)

IMG_2371.jpg

ウインカースイッチは曲がってる?

この車両は九州で事故って陸送かけてますから何があっても

不思議じゃありません。

IMG_2372.jpg

ウォータープライヤーでくわえてグイッと直りました。

ウインカースイッチはセンター位置に戻ったので押したつもりなのに

ウインカーが点かないというのは危ないですからね。


燃料漏れはどうかな?

浮いた塗装の上から燃料コックを取り付けた形でしたから、これ以外

に原因は無いと思われますので直るんじゃないのかな。

この程度じゃ半日もかからないな~、もっと壊れないかな、え?

2020.04.19 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2363.jpg

ガレージ奥の2台!

ん?同じ190/50なのに随分、クラウンRが違うんだな (。´・ω・)?

左は不動車となった FZ1ですがタイヤスワップしてみましょうか。

IMG_2365.jpg

すんなりと・・とはいきませんよ、タイヤレバーだけですから。

途中でタイヤレバーを放り投げたこと2回。

ホイールをガリガリの男前にしてなんとか。

このホイールはもう使わないのでガリガリでもいいのです (~_~;)

IMG_2366.jpg

タイヤの軽点マークが消えていましたので適当に組みました。

ビート落としに中性洗剤をスプレーしたら、ビートクリームよりスムーズに

組めることが判明、何事もやってみないとね。


怖々、走り出しますと始めにフロントタイヤが三角になってたかと思うほど

フロントが跳ねますが、どうもタイヤのせいじゃないようです。

タイヤ換えただけなのにフロントサスがえらく硬く感じます。


ちょっと皮むきするかな~と、かる~く、8の字するとタイヤが温まってきて

うぉっ!このタイヤ、、すげ~グリップするぞ (; ・`д・´)

フロントタイヤの切れ込みも皆無。


今更ながら、リアタイヤのクラウンR!履いちゃいけないタイヤもあることを

実感!


長年、ダンロップ愛好家でしたが、このところ外ればかり!

さらばダンロップ!もう履かない (。-`ω-)

2020.04.15 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

AssistSlipper.jpg

2020年W800に採用されたアシスト&スリッパークラッチですがW650にも

流用出来そうなのでパーツ代を調べてみました。

クラッチハウジングが¥26290 といいお値段するのもあって合計¥61794と

社外のスリッパークラッチですと2倍はするでしょうから純正流用はお得感

もありますが、ちょっと手が出ませんね (~_~;)

A8F.jpg

そもそも、W650はクランクがバルカン並の重量を持っているとかで拍子抜け

するほどエンブレは効きません。

クラッチも重い方ではないと思いますが女性オーナーも多いようですのでクラッチを

握るのが辛くなる方には効果がありそうです。

IMG_2357.jpg

先日、交換したクラッチプッシュロッドですがエンジンが温まるとクラッチの

遊びが増えてクラッチが遠くなるのには効果がありました。

『13116-1040』×1 ¥940 
 
『13116-0042』×1 ¥2664 

部品代も合計¥3604 でメーカーがW800用に対策した内容ですしお勧め

です。

というわけでW650に関しては一通りの整備完了!ちょい乗り専用ですが

暫くは調子よく乗れそうです (´▽`)

2020.04.13 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2346.jpg

こちらがW800でクラッチの遊びが増えないように対策されたプッシュロッドで、

13116-1040 リリースポジションも専用品なのでセットならW650に流用出来ます。

IMG_2347.jpg

クラッチレリーズにアプローチするのでセンタースタンドをお勧めします。

整備性とオイルが漏れる量を最小限にするためです。

まず、ステップを外します。

IMG_2348.jpg

チェーンカバーも外します。

IMG_2349.jpg

チェンジペダルも外しちゃいますか。

IMG_2350.jpg

チェーンカバーのボルトは長さがマチマチなので1本、1本抜かず

緩めておいてカポッと外すとメンドウなことになりません。

抜いてしまって分からなくなったらボルトを入れて締め代で判断します。

IMG_2351.jpg

クラッチケーブルを外します。

IMG_2353.jpg

クラッチレリーズは10㎜のボルト2本だけで外れます。

このタイミングでは8㎜のボルトには手を出さないほうが無難です。

IMG_2354.jpg

クラッチレリーズを外すタイミングでは若干のオイルが出ます。

受け皿の準備をお忘れなく。

IMG_2355.jpg

先ほどのタイミングで8㎜のボルトに手を出さないほうが無難と言ったのは

レリーズレバーの回り止めであったりロックボルトだったりするからで意図せず

外れる部品があるとパニックになったりしますよね(笑)

IMG_2356.jpg

クラッチレリーズのプレートを外してレバーをクルクル回すとレリーズ内

のシャフトが抜けます。

20 EJ800 DLF(W800)

W800の構成パーツですがこの図ですと13116Aのパーツが冒頭の

13116-1040 リリースポジションになります。


クラッチレリーズケースに押し込んで 13116-1040 ラック部がシャフトの

ピニオン部に噛み合っているのを確認してケース奥で動かなくなるまで

シャフトを回します。


肝心なところの写真がないのは両手が塞がっているのと、この辺が難所で

プロの方も嫌う作業ですのでご勘弁を (~_~;)

IMG_2357.jpg

プッシュロッドの先端形状が違いますね。

パーツリストでしか確認できませんがロッドの太い方がレリーズ側で間違いない

と思いますので仕様変更でしょうか。

IMG_2360.jpg

あっさり組み上げたように見えますがレリーズレバー角度調整は

メンドウです (>_<)


クラッチケーブルの長さを参考に、この辺にアームが向けばと幾度かトライ

されますとコツが掴めるかと思います。


しっかり暖機して走り出しますと、こりゃあいいやクラッチが近くなって完璧と

満足してたんですが所用を済ませてエンジンが冷えた状態でガコッとローギヤ

に入れると・・??クラッチが切れてない(。´・ω・)?


クラッチの遊びを再調整、もう少し検証が要るようです。

2020.04.09 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |

IMG_2332.jpg

タイヤの自前交換は体力勝負!しっかり寝て体調を整えます(笑)

このタイヤは設計が古いのか今時のタイヤはこんな減り方しないでしょ。

約6000キロでこれですから、このタイヤにメリットを感じません。

IMG_2333.jpg

フロントはバリ山、この辺も納得いかない (。-`ω-)

IMG_2335.jpg

ビート落としはタイヤレバー2本を使ってちょっとずつ全周落とします。

めっちゃ力入れて一気に落とそうとするとシンドイだけです。

IMG_2336.jpg

リアタイヤのビート落としで消耗した体力の回復を待つ間に普段、

手の入らないスイングアーム内側の掃除をします。

部分的に錆が出てきましたね、シリコンブリカントをシューしておきます。

IMG_2337.jpg

これ履きます。

スピードレンジV、飛ばす人はHレンジのがいいでしょうね。

IMG_2338.jpg

エアバルブのマーク合わせてね。

片側を入れた状態までは動きますが両耳入れたらアウトです。

リムプロテクターとか使いませんからリム、ガリガリで男前ですな。

IMG_2341.jpg

組み上げてエアーを入れてもビートが上がりませんねえ (/・ω・)/

エアーを抜いてタイヤの中心にホイールを合わせ直して上がりました。

IMG_2342.jpg

リアのドラムブレーキパッドは一回も交換してない (´_ゝ`)

キーキー鳴くので10年ほど前に購入したパッドと交換です。

まだ使えますよね?(笑)

IMG_2343.jpg

5万7千キロ走ってるのに未だ半分ほど残ってる。

10万キロ持つかも知れない (◎_◎;)

IMG_2344.jpg

フロントは交換前のタイヤより似合うかな。

IMG_2345.jpg

リアはTT100のがカッコイイね。

ハイグリップタイヤですから性能は充分、ライフ短めらしいけどちょい乗り

専用ですから。

生涯持ち続けたいと思うバイクは稀です、SRとか尖がってないバイクが

該当すると思いますがいかがでしょうか。

2020.04.03 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |