腰です

センターの大切さを解説しております。
もちろん私ではありません(笑)

シートを縦横4分割して中央、前に座ると旋回真ん中まではいい
動きをするそうですが、バイクが起きてこないので切り返しで遅れ
るのだとか。

一方で後ろに座るとハンドルに手が届かなくなくるので前傾が強
まる、思ったほどリアに荷重できないのだとか。

リア荷重の大切さを繰り返し述べているようです。

腰を使えば頭は

上半身に大きな動きがある方は腰を使えていない。
うん、心当たりがある!自分です(笑)

この辺はニーグリップに誤解があって、カッチリ固めろと言われた
ように思えて、下は使えないんだとハングオフが基準の自分には
過酷でしたね。

カーブの入り口で腰を入れる!と言われます。
サーキットでは斜め前にバイクから下りるつもりぐらい斜め前に
でますが低速では斜め後ろが正解のようです。

ホームポジション

大きすぎる体重移動も良くない。
センターを起点にハンドルに一切、頼らずに動ける範囲ということ
でしょうか。

前にも述べましたが相殺するような左右の力関係は狙って使う
ことがあっても重心はいつでもセンターを意識することが大切な
ようです(この辺を一本橋的なとの自己認識です)

抜重

そして・・ついに出てきましたね抜重!!
この辺までくると、気分はもうほとんど小さなハングオフ(笑)

緊張すると身体に力が入り、重心位置が上がります。
男性のぐっ、と踏ん張る感覚よりは女性のキャーのがマシと何か
で知ったように思いますが、忘れました。

進入で腰を入れて頭の位置はメーターの端、程度まで!
その後、抜重して更に重心位置を下げるということでしょうか。

ポイントは腰!でしたね、外側のステップを前に蹴り出すように
してイン側のお尻を引く、こうすると腰と胸とハンドルが水平に
なるのですね。

私的には「斜め後ろにバイクから下りるつもりぐらい」でフロント
を軽く使えて、しっかりリア荷重できるようです。

ここから更に、急制動で外足の土踏まずで上半身が前に行くの
を受け止めつつ腰を入れる(引く)と・・もう気分はサーキットです。

2017.01.09 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |