バンク速度

外側のステップを前に蹴り出すとワンテンポ遅れてカクンと
倒れる、この練習だけでも違いが見て取れます。

カクンと倒れる人と、タランと倒れる人と。カクンと倒れる人からは
フロントタイヤからジョリジョリと音がするんですね。

蹴り方が違うのか、力加減が違うのか、はたまた度胸なのか。

内側のステップを踏む

ここが問題です、ぐるぐると旋回するために内側のステップを踏む
とある。バンクした後に反力があるので内側のステップを踏みたい
んですよね。

もしかしたら外側ステップを踏んで、やがて倒れてくるのを待てずに
倒しているのかも?旋回のピーク以降でフロントフォークから圧が
逃げてしまいます。

踏むから蹴るへ移行

基本が出来ている人が対象のようで次に進んでしまいます。
あ、あの、旋回の後半でフロントフォークがぴょこんと、、

旋回からの切り返しでは内側のステップを踏むから、そのまま
外側ステップを蹴り出すに移行するようです。

このときにリーンアウトで上からバイクを押さえつけるように入力
している人は、上手く内側のステップを蹴り出せないかも知れま
せん。

バンクさせると速度があがる

こちらは別の解説動画からですが、これが先に出来ていないと
えいっ!と蹴り出せないかも。

カクンときた瞬間に、おわっ!とハンドルを押さえてしまう(>_<)
この解説の通りであれば、バイクが作りだそうとする遠心力を邪魔
してしまうのです。

まずはアクセル一定で外側ステップを蹴り出し、カクンとした後に
速度が上がるのを体感しないと。

身体を入れ過ぎたり、アクセルやブレーキで誤魔化さない。
これが出来ているかを知るには、おそらくフロントフォークの動き
じゃないかと思います。

早目に伸びてしまうのは遠心力が足りなくなってしまうから。
リアブレーキを引きずったりして、フロントフォークの伸びを抑え
ようとすると、ハンドルが切れ込んできて負のスパイラルに(T_T)

2017.01.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |