FC2ブログ
荷重配分

ピッチングとは、バイクの重心を中心として前後に円を描くような運動のこと。
つまり、バンクなどの横方向ではなく、縦方向の動き。バイクはスロットルを開けたり、
ブレーキをかけたりすると、この運動が起こる。その際の車体の動きをピッチング
モーションという。『 Weblio 辞書引用 』

しっかり慣性力が働く速度域では、あまり意識することもないと思いますが
低速の切り返しでは、これが理解できていないとバンクさせられなかったり
フロントがフワフワしてハンドルが切れ込むなんてことが起こるのではないでしょうか。

水平器

前後荷重配分を具体的に知るには一般的にはフロントフォークにタイラップ
を巻くなどのストロークセンサーがありますが、これはフルストロークに対して
どのくらい余力があるか、を知る術になるかと思います。

これにシリコングリスなどを塗布することで、より繊細な情報を得ることもできる
ようですが素人には判断が難しいのです。

そこで携帯をナビ替わりに使っているのなら、もしかしてとアプリを検索すると
水平器があります。こちらの無料アプリはキャリブレができるので適当に固定
した状態でキャリブレすると、その位置を基準に水平度を測ることができます。

試しに試走してみますとアクセルOFF時における前傾は5°ほどで通常レベル
のブレーキで10°フルブレーキングで20°ほどでした。

これを現在の基準としてサスのプリロード、ダンパー、オイル液面などで荷重配分
を変えたときの姿勢変化量を知ることができます。

個人的にフロントヘビーを好む傾向がありますが、ピッチングモーションを積極的に
誘発させようとするならニュートラルなほうが懐が深いようです。
ここから沈み込み量と速度でナチュラルステアリングを探ってみようと思います。

2017.11.26 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |