FC2ブログ
スペンサー

あくまで個人的な見解です。


まずはセルフステア都市伝説を崩さないといけないんですが解釈の

違いであっておそらくセルフステアを使って曲げるという部分は一緒

なんだと思います。


ある動画で旋回中に 『 肘抜き 』 というイン側の肘をポンと抜いて

脱力してしまう動画がありましたがハンドルがカクッと切れ込んで

バイクが起き上がってしまいます。


イン側の肘で突っぱねているからだ!という意見が大半かと思い

ますがフロントから荷重が抜けたらハンドルが切れ込みバイクが

起きる、これこそがセルフステアの本質ではないでしょうか。


手放し旋回動画もありますが、あれはフルロック状態でハンドルが

切れ込めないセルフステアを殺している状態とも言えます。


フレディ流、ここからが本題です。

フロントブレーキを引き摺らないという説は本人主催のスクールで

もコーナーに減速を持ち込むな!と述べているので事実なのでしょう。


フルブレーキを開放する瞬間にバンクさせるとフロントから荷重が瞬間

的に抜けますのでセルフステアを目一杯引き出せます。


舵角の付いたフロントは一気に沈み込みますがアクセルでフルボトム

しないように加減していたのではないでしょうか。


フロントから荷重を抜くとセルフステアが引き出され、フロント荷重だと

セルフステアを阻害してバンク角が深まる。


前者がフレディ流で後者が肘擦りになると思うのですが、、。


画像のようにアクセルを開けても似たことが起こりますね、こういう

あまり見ないような光景が車のハンドルのようにハンドルを切って曲がる

と云われる由縁かも知れませんね。


この状態からアクセルを抜くだけで、そりゃ恐ろしく曲がるわなぁ(笑)

2020.07.01 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |