FC2ブログ
稽古場力士の心得塩ちゃんこ力士出入口
東京都足立区にある玉ノ井部屋で朝稽古を見学して参りました。親方のお言葉をお借りして私なりの感想を書いておきます。『下半身(足)から伝わる上半身(腕)の力、下半身がダメになると力が出なくなる』この言葉から「相田みつを」さんの『花を支える枝、枝を支える幹、幹を支える根、根はみえねんだな』を思い出しました。力士の足元には土俵があり、それは先代を始め親方あっての土俵であり、牽いては国技としての歴史があって存在する足元です。力自慢が腕力を振るっても足元への敬愛を怠るなら真の力を発揮できないのではないでしょうか。この場所では大切なものが「力士の心得」として脈々と受け継がれています。『相撲取りになるな、力士になれ!』まさに、このことを象徴している言葉だと思いました。

2009.05.03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cores.blog44.fc2.com/tb.php/872-1aea1fd0